<   2018年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【駐車場について】

  当店の駐車場のご利用は、

  「各テーブルごとに1台のみ」とさせて頂いております。

  路上駐車ができないのはもちろんなのですが、
  公共の駐車場もない地域(住宅街)のため、
  ご不便をおかけ致しますが、ご協力の程、よろしくお願いします。


【12月のお休み】

  17日(月)お休み 

  24日(月)25日(火)お休み

  31日(月)お休み

  年末は例年通り 12月30日(日)まで営業します。
  年始は 1月2日(水)より営業です。

  

【2019年 1月のお休み】

   1日(火)お休み ※2日から通常通り営業です!

   7日(月)8日(火)お休み

  14日(祝月)お休み

  21日(月)お休み

  28日(月)29日(火)お休み

 ※変更になる場合があります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ご予約は「お電話でのみ」お受けしております。

090-7312-1488

当日以外のご予約は、
10時〜11時、15時〜17時の間で、お受けしております。
※ご来店時やメールでのご予約はお受けしておりません。

こちらからの緊急のご連絡も上記のお電話番号から
お知らせする事がありますので、
ご予約いただいたお客様は電話番号のご登録をお願いします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Facebook
Instagram
 
 

[PR]
by gcpt | 2018-12-31 23:59 | お知らせ

やっぱり鴨が好き!

なんだか急に冷える様になりましたね。

毎朝、あともう少し〜、もう少し〜...と、お布団から出たくないビョーキがでてしまって大変!出たら出たであのツラかったことなんてサッパリしたもんなんですけど、出るまでがねぇ、つらいったらねぇ〜〜〜。(クドクド)

しかも、先日、早朝岐阜へ向かったらマイナス1度でした。今期初の氷点下に顔がピリピリ、手はかじかむしで...。体が早くなれてしまえば良いんですけど、今年は何だか体の馴染みが遅い様な気がしてます。うーーーん、辛いっ!!


そんなこんなのこのトコロ。グっと冷え込んだせいか、天然鴨が好調です。軽鴨に続き、渡りの青首鴨(真鴨)も入荷が多くなりました。

f0054977_14425063.jpg

毎年定番の仕立てですが、鴨を丸ごと楽しんで頂きたいので、胸肉はしっとり炭火焼きにして、固い部位の手羽とモモはコンフィにしてます。もちろん、レバーなどをお野菜と一緒に炊いたソースも添えてます。このソースと胸肉を一緒に頂く一体感がすごーく美味しいんです。(大鴨は1皿が半身に、中鴨や体の小さな鴨は1羽でのご提供になります)

f0054977_14425109.jpg

小鴨は手羽やモモも一緒に炭火焼きにしてサラダと一緒にさっぱりと。

あ、小鴨といっても鴨の子どもじゃないですよ!小鴨という種類の鴨なんです。小さいから味が薄そうに思ってしまうかもしれないですが、鴨の中では1番凝縮したイメージです。

今、天然のクレソンが入荷しているのでお肉と一緒にお出ししてます。栽培のクレソンと違って、クレソンらしさがしっかり感じられるのがいいですよね〜。色も鮮やかで見た目にもキレイです!

f0054977_14424980.jpg


お話は鴨に戻って...。

猟期中の天然鴨には2タイプあります。「網」で採る鴨と、「鉄砲」を使う鴨。これはどっちが良いというよりは、どっちにも良いところがあります。

網はお米をまいて鴨達を寄せるため、お肉としても個体差が少なく安定感があり、脂の乗りも良くてまろやかに感じます。初めて食べる方はぜひこちらを!

鉄砲(散弾銃やエアガン)を使う場合は、餌付けをしてない分、ストレートなイメージです。身の味わいもクリアで、個体差もはっきりと感じられます。鴨が好き!という方は、ぜひこちらを。

それに加えて、軽鴨、青首鴨(真鴨)、葦鴨、小鴨と、鴨の種類からくる味わいが違ってくるので、それが面白いんですよね!その時の出会いを楽しむ....みたいな感じでしょうか。

f0054977_14424960.jpg

猟師さんがしっかり頑張ってくれている事もあって(いつもありがとうございます!!)、今現在、軽鴨、青首鴨(真鴨)、小鴨、尾長鴨と、ひと通り揃った感じです。みなさんのお好みに合わせて選んで頂けそうです。

f0054977_14425064.jpg

今期初の葦鴨(ヨシガモと読みます。↑)もいたりと、なかなか楽しいラインナップになってます。葦鴨、私は1番好きな鴨だったりします。鴨の中でも味わいがピュアなんです。内蔵もピカピカなことが多くて、生き物としての健全さみたいなものを感じる事もあります。しかも(写真だと分かりづらいのですが)雄の毛の色が独特で可愛らしいのも魅力なんですよ!


赤身のお肉はしっかり体を温めてくれるので、この時期の鴨は嬉しい存在です。天然の鴨達の日々の生活から成る良質な脂も魅力のひとつ。脂は思考を維持するのにとても大切な存在なんです。脂だけに良質である事が絶対条件。(粗悪な脂は消化不良&胸焼けしちゃいますもんねー)これを体に取り入れる事が元気でいる事へ繋がる気もします。鉄分も多いですし、ビタミンB群も豊富なので、疲労回復にもなりますね。良い事ばっかり〜っ!

こんどーさんが捌いた鴨たちをしっかり把握してくれているので、お好みに合わせてお出しできると思います。ぜひぜひ、ご相談くださいね!

...って、こんなん書いていたら、あーーーー、鴨食べたーい!!ってなっちゃいますね(笑)。鴨に合う美味しいワインたちもいっぱいご用意してますので、ぜひぜひ、一緒に楽しんであげてくださーーーい。





[PR]
by gcpt | 2018-12-14 15:58 | お料理(食材)のコト
f0054977_14425000.jpg

山形から天然の銀杏が入荷しました!天然の銀杏は小粒なのですが、苦みが無く、甘みにも感じる旨味があるのが特徴です。毎年、この時期に届きます。

f0054977_14425045.jpg

到着が猟期始めの時期と重なるのと、小粒なので剥くのが本当に大変なんですが、この美味しさには変えられないですからね〜〜〜。今年もみんなで8キロ、頑張りましたっ!!

f0054977_19410245.jpg

毎年、ニョッキに仕立ててましたが、今年はリゾットです。生ハムと銀杏がよく合います!ちなみにお酒も進みますっ!!(←ここ大事ですよねーっ!笑)

ホタテや海の食材とも相性がいいので、毎年ニョッキに仕立てていたのですが、今年は例年よりも銀杏の出来が少し良くない気がしてます。ただ、それだからと言って使わないという選択肢ではなく、それでも美味しく感じる方法を考えた結果がリゾットでした。生ハムにお手伝いしてもらって、銀杏の旨味はそのままに。

天然の食材は、その年ごと、その入荷ごとにいろいろあります。良い悪いだけじゃなく、こういう年だったもんねって、最後まで使う事を考えて仕事をしていかなくちゃねって、改めて思った出来事でした。(ちなみに今年の銀杏は夏が暑すぎた事に原因がある様です)



そして、今年はイノシシも岐阜県で発生した豚コレラの影響を受け、禁猟になっている箇所(岐阜県南部辺り)が多々あります。(豚コレラは豚・イノシシのみに感染するウイルスなので人間に感染する事はありません)

今の所(12月10日現在)、豚コレラ発生の場所から遠く離れた高山(岐阜県北部)は禁猟ではなく、頂いたイノシシにも問題は無いのでお料理として提供していますが、なんとなーく岐阜県南部だけでなく、全体が自粛モードに入って行くようにも感じてます。

f0054977_08354365.jpg

今期のイノシシの入荷はこれが最後だったのかなぁ...という予感。残念ですけど、事が収束しないと養豚を仕事とする人たちへ被害が拡大してしまいますから、その策としての自粛は仕方のないことですものね。

f0054977_08354301.jpg

今期はしっかりと我慢して、来期をワクワクしながら迎えたい。今は、ただただ、事の収束と平穏な日々に戻る事を祈るのみです。

という訳で、今期はイノシシの入荷が少なめなので、ディナーのメインのお肉料理としてのみのご提供です。高山のイノシシ、入荷分は身もしっかり健やかな味がありますし、脂の口溶けもとても良い状態ですので、ぜひぜひお楽しみくださいね!


天然であるということは、本当にいろいろありますね。台風や豪雨などの自然災害にも思いっきり振り回されますしね。今回の様な事にもなるわけですし。それでも山はいつしかその山の良い様に戻って行きますし、山の様子を変えながらも生き物達も強く生きていくでしょうし、残る為に強く生きるといいますか。

天然の食材を扱うようになって、良い意味でも悪い意味でも、いろんなことを思うようになった気がしてます。


無くなってしまうなら、無くなってしまえば良いんや。そんなもん、どうしようもあらせん。それが自然やからな。



師匠の言葉が頭をグルグル。

今ある物を大切に。海も山も必要な分だけ、大切に、有り難く頂きたいですね!





[PR]
by gcpt | 2018-12-10 12:30 | お料理(食材)のコト
今年も下関からシラカワ(白甘鯛)が届きました!

秋から冬が旬と言われている甘鯛(白・赤・黄)の中でもイチバンの高級魚。身の味わいもしっかりしてますが、皮も美味しいのがシラカワの特徴です。それもあって、いつもですと甘鯛は鱗を立てて焼き上げるのですが、シラカワは鱗を立てずに皮面からしっかりソテーしてお出ししてます。

f0054977_16163801.jpg

お魚も、産地が一緒でも時期や食べているのが違えば違う味わいになる事が多々あります。(当然と言えば当然なんですが、思っているよりも、そう感じてない事が多いなぁ...と思うこの頃....)

このシラカワもそんなお魚。入荷の度に、これはこんな味だね〜って話すのも楽しいです。

f0054977_08320790.jpg

蕪のピューレや生雲丹のソースとの相性も良くて、味わいがしっかりしてるからか食べ応えがあります。ちょっと濃いめの、マセレーションした白ワインなんか、すごーーーく良いだろうなぁ.....と、妄想が止まりませんね(笑)。

f0054977_14425185.jpg

そして、先日届いた太刀魚もすごーく良かったです!フリットでお出ししてますが、外はサクと中はフワフワ。この太刀魚のフリットで天丼が食べたくなります....(笑)。

f0054977_16270243.jpg

北海道からはマツカワガレイ。三河から届くホシガレイに似たお魚です。珍しく活けで届きました!活けでマツカワガレイが届くのは、この中部圏ではなかなかに珍しいみたいですよ。白身の美味しいお魚なので、この1週間、チョイチョイっとカルパッチョでお出ししてました。


猟期が始まって、お肉で盛り上がっているこの11月と12月。実はお魚の入荷も多いんですよね。こんな風に入荷があると、お肉食べようか、お魚食べようか、ものすごーーーく悩みますよねぇ〜〜〜。胃袋のスペアがいっぱいあれば良いのにーーーーーっ!と、思っちゃうのでした(笑)。

ボチボチ、インフルエンザの話も聞くようになりましたね。年末、みなさんお忙しいと思いますが、くれぐれも体調には気をつけてお過ごしくださいね!!





[PR]
by gcpt | 2018-12-09 16:39 | お料理(食材)のコト

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt