<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

常滑のさかい農園さんからイチジク、今年も始まってます。やっぱり美味しい〜〜〜♪

梅雨時ぐらいからかなぁ...。ハウスものをいろんな所でチラチラっと見かけるようになるとやっぱり無花果が気になって気になって仕方ないですが、それを8月まで我慢するのが毎年恒例になってしまいました(笑)。

f0054977_16393101.jpg


今年もスタートはまずサラダから。

ふわふわの生ハムと酒井さんのイチジクと自家製のリコッタチーズと一緒に頂くと、ものすっごい一体感を感じるんですよねぇ。

f0054977_16393133.jpg

サッパリとしたお野菜の中にキリっとした味わいが広がるのも楽しい1皿です。夏から初秋にかけて、毎年とても人気のメニューでもあります。

イチジクの皮を剥かずにお出ししているのは、皮の所にイチジクの良い香りが詰まっているから。この良い香りを一緒に楽しまないなんて、それは残念なコトになっちゃいますから、しっかりと付けたまま、お出ししてます!(^^)

f0054977_16393285.jpg

そしてドルチェではタルトに仕立ててお出ししてます。フレッシュのイチジクを乗せるタイプではなくイチジクを皮ごと焼くタイプのタルトはそれだけでも香り良く頂けますが、今年はイチジクの香り高いジェラートを添えてお出ししてます。これは1度頂くとクセになります♪

今はサマーレッド(もう終盤かなぁ)、バナーネ、桝井ドーフィンが主流です。その後、9月に始まるイスキアブラックという種もすごく美味しいイチジクで、待ち遠しい〜。


f0054977_16393299.jpg

今年はお問い合わせの多かったマルメラータ(ジャム)も販売してます。(お待たせしました〜っ!!)

ローズマリーとクラタペッパーさんの黒胡椒の青い香りがイチジクとも共通していて、一体感を出しているのと、クルミがアクセントになって美味しく仕上がりましたよ。

パンの上にたっぷりバターと一緒に乗せて頂く幸せったら〜〜♪ホッコリとしたあんこのような感じもあって、なんだかホっとする味わいなんです。

f0054977_16393156.jpg

レジの横で1瓶600円(税抜)で販売中です。お気軽にお声をかけてくださいね〜。

実はこのジャム、まだちゃんと告知できてないにも関わらず売れてしまってまして(笑)、本当にすいません!来週中にはしっかりと告知できるようにしなくちゃ....(汗)。

あ、ジャムだけお買い求めいただくのも全然大丈夫です。営業時間外でもお店にいますから、気になる方は寄ってくださいね!




という訳で、今年も始まった酒井さんのイチジクは、ここから10月ぐらいまでお楽しみいただけます。どうぞよろしくおねがいしまーす!!









[PR]
by gcpt | 2018-08-26 17:24 | お料理(食材)のコト

コイノハナシ。

少し前ですが、岐阜の天然真鯉が入荷しました!(←そう、コイはコイでも「鯉」のハナシっていう....)

丸々と太った真鯉は、もう見た目がマグロや鮭のようで(↓下の写真が真鯉です)、まずその様子にビビりまくり!(滝汗)しっかりと脂も乗っていて、こんなの見た事無い〜〜〜(笑)。自然界というのは何が起こるか分からなくって、本当に恐ろしいです...。

f0054977_11313633.jpg

鯉といえば洗いぐらいしか思いつかなかったのですが、それよりも何よりも、この真鯉、なんか様子が違う。色も、身の大きさも、身の厚さも、雰囲気も!


鯉って、この下の写真(↓)のヤツですよねぇ。(※この写真はイメージです)

f0054977_21353024.jpg


そんな真鯉を前に、どーしたもんかなぁ〜と悩んでいたのですが、イタリアでは淡水魚を丸焼きにしてパンに挟んだり、オイル漬けにしたりするようで、ん?オイル漬け?


「あー、オイル漬け、美味しそー!!」(←もうすっかり頭の中はツナサンドのイメージですw)


と、鯉のオイル漬けを作りまして、クロスティーニにして前菜の1品に。真鯉ですけど『自家製ツナ』ってことで!( ´ ▽ ` ) これならすぐに食べ切らなくても保存も出来て、最後までちゃんと使えるのも嬉しい〜♪

f0054977_11313887.jpg

こんな感じでドライトマトと一緒にクロスティーニに。臭みがない鯉だったので、どんな仕立てにしても美味しいですね〜!

現在では天然の鯉を捕まえる人もそんなにいる訳ではなく、この夏の時期には誰も獲りません。(正直、他のお魚の方が面白いですしねー)獲ると言えば、冬の鴨の網猟の「ついで」に捕まえるぐらい...。天然の真鯉はなかなかお目にかかれる食材ではなくなっているのですよね。

昔は鯉はお腹が痛い時のお薬だったようで、お腹イタイ〜ってなると「コレでも食っとけ!」と言うのが鯉だったそう。(師匠・談)「薬用魚」「療養魚」なんて言われて栄養価の高い食材としても昔は親しまれていたんです。確かにウチの父も鯉を食べにいくぞ!というのは「美味しい料理を...」というイメージではなく「滋養強壮」のイメージで欲していたなぁ...と思い出したりしてました。(子どもの頃、両親と岐阜へ鯉を食べによく行ってました。)


そんなこんなな真鯉。またいつか、こんな鯉に出会えるだろうか?....なんて思いつつ、本当に良い経験をさせて頂きました!コイサンド、美味しかったです〜♪

食材も出会い、タイミングで随分と違ってくるんだと思いますが、毎回毎回、いろんなことがありすぎて、時々消化不良を起こしちゃったりもするのですが、それでもとても刺激的で、もっともっと美味しくしたいという気持ちが強くなりますね。もし次回、またこんな真鯉に遭遇する事があれば、今回よりももう少し、鯉に振り回される事無く(笑)、料理としても美味しくなっているといいなぁ〜。

という訳で、もう終わってしまった食材ですが、コイノハナシでした〜〜〜。







[PR]
by gcpt | 2018-08-21 17:25

今朝は涼しいですね!

8月も後半戦。お盆中はたくさんの方にお越し頂いて、本当にありがとうございました。私たちも昨日は1日臨時のお休みを頂き、営業日にはできない仕事をしつつ、少しゆっくりと過ごせました。

そんなこんなの今朝は肌寒いぐらいに涼しく、過ごしやすいです。また少し暑くなるみたいですけど、こういう日が少しずつ増えてくるのかなぁ?と思うと、ちょっとだけ気持ちが和らぎますね〜。

f0054977_11313727.jpg

少し前ですが、キレイなアカジコウ(イグチ科のキノコ)が入荷して撮った写真です。なんとなーく配色がサツマイモみたいで容姿も好きなキノコです。イグチ科なので、ポルチーニとかの仲間の美味しいキノコなんですよ〜。

f0054977_11313720.jpg

そんな夏のキノコのパスタも残り僅かとなりました。天然の食材はある時はあるけど、無い時は無い。至ってシンプルなものなのですが、その「ある」が1年に1度だったりするので、これがすごく緊張するのです。

そんな中でも、前の年までに気付いた事を活かしつつ料理にしているので、蒲伏前進の様ではありますが、少しずつは美味しくなっているのではないかと思います。また来年かぁ...と思うと寂しい様な気もしますが、今年もまたいくつかの気づきがあったので、今年感じた事を活かす為にも来年も出会えるといいなぁと思う心地よい達成感を感じます。

天然の食材を扱うようになり、ここが昔と比べてイチバン変わった所かもしれません。何度も無いチャンスをどう次に繋げるか、やっぱり見て感じて考えるしか無いですものね〜。

天然キノコ自体は秋キノコへ移行して行きます。秋キノコは夏キノコと違って、スープやメインのお料理の添え物になります。去年は壊滅的だった秋の天然キノコ、今年は晩秋まで楽しく過ごせると良いのですが...。ジビエが始まった頃のお肉との相性もいいので、この辺りも楽しみですね〜〜〜。

f0054977_11313763.jpg

天然ウナギもよく出てます。前回は前菜の炭火焼きだったので、今回はパスタの画像です。ウナギと同じ三河の地蛸(タコ)の旨味がウナギと合わさって、何とも言えない美味しさになります。三河の海を丸ごと食べる!みたいな感覚で、三河の海の懐の深さを感じます!

そうそう今年は蛸(タコ)も漁獲量が激減していて不調なんです。更には、この暑さで海水の温度が上昇してお魚も疲弊しているようですし、海も地上もそこに生きる者たちは、なんだか疲れ切ってますね...。それでも自然のサイクルは淡々と過ぎて行くのですから、自然は本当に大きい!と感じつつ、そこに生きる者たちの弱さと無力さも痛感してしまいます。

と、ちょっぴり暗くなっちゃいましたが。

ここから秋にかけて、また楽しみな季節になりますし、今年はどんな秋になるかなぁ?と想いを馳せると、疲れた〜〜なんて言ってられないですね!夏を惜しみつつ、秋への準備をしないとなぁ〜〜〜と思うこの頃です。

さて、今日も頑張りますかっ!( ´ ▽ ` )ノ












[PR]
by gcpt | 2018-08-17 08:49 | お料理(食材)のコト
ジャガイモのニョッキ、久しぶりに再開です!

今回のニョッキの相方は足寄の石田さんの仔羊をスパイスとパプリカで煮込んだグーラッシュ。もちもちニョッキに仔羊の煮込みがよく合います!仕上げにはトマトも入ってますが、基本はパブリカとスパイスで煮込んだソースです。色合いも食欲をそそりますが、何と言っても香りが良い!(画像じゃ伝わらないのが残念っ!!)仔羊の煮込みがニョッキを包み込んで、あぁ、ビールやワインが飲みたくなります〜〜〜。

f0054977_11313827.jpg

羊は白ワインがおすすめなので、キリキリっと冷えた白なんてすごーく良いかも♪こう毎日毎日暑いと、冷たーい飲み物と、こういう雰囲気のお料理を欲するなぁ...と、しみじみ思っちゃいますねぇ。

f0054977_11313732.jpg

そして!

こちらは、石田さんから届いた羊の爽やかクリーミィなリコッタチーズ。この画像は試食した時のものなのですが、お客様にはトマトや他のお野菜、カモミールのジュレやバジルのグラニテを組み合わせてお出ししてました。桃はビネガーでマリネしてあるので、スッキリサッパリ、そして優しいクリーミィさのあるサラダになりました。(※ 終了しました)


早く涼しくなってほしいなぁ...と思いつつも、暦の上では明日が立秋なので秋が始まります。「暑中見舞い」が「残暑見舞い」になるだけで少しはホッとしたりするので、ある意味、頭の中は単純ですね(笑)。

ひとまずは、この厳しい暑さを乗り切って、無事に美味しい秋を迎えたいですね〜〜〜。体自体はこの暑さに慣れてきた気もするので、後もう少し、がんばりましょう!!





[PR]
by gcpt | 2018-08-06 19:11 | お料理(食材)のコト

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt