岩手へ。(3)

仔羊を見た後、濱戸さんの案内で沿岸を見に行きました。

濱戸さんの説明を受けつつ、
陸前高田、大船渡、釜石へ。

実際、目で見ていても、それは現実にならない。
受け入れることができない。

何と言うか、全てが想像以上なのです。


家があった場所に基礎だけが残り、
もう、そこには草が生え、
家があったのかどうかも、分からなくなりつつある。

痛々しく、船がドカンと居座り、
山の様に積み上げられた瓦礫。

タクシーで来ている方が跡地を見つめていたり、
そんな中、営業を再開している箇所もあり、混在している。

どうしよう?どうしたらいい?
そう思うも、何も出来ない。ただ、祈るばかり。


あの光景。
テレビで繰り返し流れていた津波の風景が、
本当に起こっていた街。

一生忘れることはないと思います。

復興。
そこに終わりなんて無いですね。



ただ分かったのは、
もし、自分たちに何かあっても、
今、自分たちが思うように祈ってくれる人がいるってこと。
それが分かっただけでも、頑張れる気がすると感じたこと。

濱戸さんを介して、
いろんなことを感じた旅になりました。



写真を撮るなんて、できませんでした。
あまりに悲しすぎて。

自分に置き換える事もやめました。
その悲しみは、想像すらできないから。

本当にがんばらなくてはいけないぞ!って、思いました。
どうする訳でもないですけど、一生懸命生きなくちゃって。



今度は沿岸を旅をしたいです。
釜石で食べたゴハンが本当に美味しかったから。

きれいな海がある街を忘れません。
by gcpt | 2011-09-29 14:15 | 生産者さん訪問

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt