たんげくんが...

興味深いリンクを貼っていました。

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ntok0083/index.html


何でもですが、モノを作るということは、本当に素晴らしい事です。
しかも、農業は作ったモノが「人の口の中に入り、体を作る」のですから、
それは、ものすごく壮大な職業だと感じます。

そんな農業に関わる農協さん。
誰の為に、何の為にあるのか、
その存在する意味が、すごく微妙になってますね。

潤うことばかりが優先になって、
本業の、日本で暮らす人たちに知ってもらわなくてはいけないと思われる現状が
置き去りになっている感が拭えません。

今の飲食店は、
生産者さんと直接、取引する傾向が強くなってます。
それはなぜか。
一部の方をのぞき、「値段」じゃないんです。

「新鮮」そして「おいしい」からなんです。

農家さんが市場へ食材を持って行き、
市場が一度引き受け、そこから仲介業者をはさんで届けられ、
スーパーに並び、お客さんが買う。
そして冷蔵庫の中で出番をまち、食卓に上る。

生産者さんが直接、私たちへ運んでくださる方が、
それはもう、比べ物にならないぐらい早いのです。

新鮮なお野菜・お肉・お魚は、本当に美味しいですから、
その味をみんなに体感してもらいたい...。

ただ、不便なこともあるのは事実。
お店を運営して行くにあたって、それだけではどうしようもないことも事実。
だからこそ、農協さんには頑張ってもらわなくてはいけないのですよ。

いろんなことを「ひとつ」「ひとつ」解決して行けたら、いいのに...。

がんばりましょう!丹下くん!!
[PR]
by gcpt | 2009-06-30 06:36 | 日々の出来事

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt