楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

タグ:ワイン ( 10 ) タグの人気記事

アリアンナ、再び。

アリアンナ・オッキピンティ。

何の根拠もなく、ほんとーに何となーーーくだったのですが、シッカーニョとイル・フラッパートは、美味しくなるまでにちょっぴり時間もかかるしなぁ、お料理に合わせるのも難しいなぁ...と思っていたこともあり、ここ最近、ご無沙汰だったワインなんです。自分では「あっ!」と思った時に、必ずと言っていいほど飲んでましたが、私自身の想像力が足りなく、なんとなく他のワインに手が伸びてしまう...。そんな感じで時が過ぎてました。

ただ、ウチのお店以外で頂くと絶対的に美味しい!って思っていたんです。だから逆に、ウチのお料理とは合わないのかなぁ...なんて勝手に思ったりして。私ったら、怠けていた訳ですよ。あー、ダメ人間。

という訳で、この2012年のシッカーニョとイル・プラッパートに徹底的に向き合ってみました。シェフに無理いって、あれやこれや、合わせてみたりしてね。その結果...。

いやぁ、楽しいったらないねー。あぁ、もっと早くにやれば良かった。なんてバカなんだろう、私。激しく後悔したのはいうまでもなく。アリアンナ姐さん、やっぱり凄いっす!と、ここ数日間、毎日、少しずつ姐さんのワインに口を付けてますが、のびるのびーる。ただ伸びるだけではなく、しなやかに美しく伸びて行くんです。

昨日、湯原さんにそのことをお話したら「縦に味わいが伸びましたよね〜」って。そっか、縦か、縦だったのか!そーなの、ほんと、その通りなんです。いわれるまで、なんて表現していいか、分かりませんでした。情けないぐらい表現力の乏しい自分...。(汗)

f0054977_19424767.jpg


さて、まずシッカーニョですが、これはネロ・ダヴォラというブドウを使っているからか、鹿肉との相性がとてもいいですね。(ウーヴァ・タントゥムの時にも感じてました)しかも今はまだ爽やかなイメージの鹿肉なので、その青さとシッカーニョの青さがとても良いです!ローストしたお肉には、そのお肉の繊維と繊維の間にワインがすぅーーーっと入り込んでいく様なイメージです。

さらには、今、オススメのパスタで詰め物パスタの「トルテッリ」をご用意しているのですが、その蝦夷鹿のラグーソースともよく合います。強くなりがちなラグーを上手に収めてくれる様なそんなイメージで食べ飽きずにサクサクお食事が進みます。こんなに鹿肉をまとめあげられるだなんて、ビックリしてました。

f0054977_19431027.jpg


そして、イル・フラッパート。こちらはフラッパートというブドウを使ってます。このフラッパート、とっても可憐な少女のイメージですが、そこはアリアンナ節が炸裂している訳で、ただただ可憐な訳じゃなく、芯の通った強さを秘める様な...ね。とっても魅力的なんです。少し青さの残る味わいということもあって、トマトのパスタとの相性が良く感じました。3人でいろいろ話し合った結果、ニンニクがちょっときいていて、トマトが入っていて、今ならタコなんかいいんじゃないかな〜ってことで作ってもらったパスタが、本当によく合いました。フラッパートが、ふわっ、ふわっ!と、より花咲くイメージでした。

この2つのワイン、グラスでもお出ししてますので、お気軽にお声をかけてくださいね!あ、そうそう。ステンレスタンクシリーズのSP68、ロッソとビアンコもあります。ロッソはよりカジュアルに、ビアンコはより爽やかなハーブティのように召し上がって頂けますよ!お料理に合わせて、ぜひぜひ、楽しんで頂きたいデス。

もっともっと、柔軟に、ワインと接しなくちゃなーと、自分にとって戒めとなった出来事でした。さて、今度はアレだな、アレ....と、頭の中はまた、ワインのことでいっぱいになっていくのでした〜。
[PR]
by gcpt | 2015-10-02 09:03 | ワインのコト
f0054977_18354328.jpg


少し前の出来事ですが...。

いつも可愛がって頂いてるTさんから残りは飲んで〜と頂いたロアーニャのバルバレスコ。圧倒的な存在感と深く深く根を張る様な味わい。あぁ、ワインだなぁ〜〜〜〜〜と、じわじわと体に染み渡り、ジワジワと脳内に絡み付く様に記憶される。それでもまだ早さを感じ、「おいこら!眠いのに起こすんじゃないよ!」とワインに怒られたっぽく、スタートはちょっぴり寝起きの悪さがあったような。

前に開けたの、いつだっけな〜?と記憶を辿るも全然分からなくって、こんな時に便利なのがこのブログ。(笑)検索したら出て来た、出て来た〜。

http://gcpt.exblog.jp/10565571/

2009年だって。(滝汗)あらら、なんとまぁ、月日の経つ事の早い事ったらね〜....。

こういうの、いいなぁぁぁ〜。やっぱりワイン飲んでるぅ〜っ!って思う。圧倒的に攻撃的な酸を感じながらも、時々見せるピュアでキュートでフレッシュな果実感。あ〜、やめられませんっ。

Tさん、ありがとうございました!頂いたワインは3人でキッチリ勉強させて頂きました。こうなるとまた、次なるワインを開けちゃいたくなっちゃうなぁぁぁ〜。
[PR]
by gcpt | 2015-10-01 18:37 | ワインのコト

いいお天気ですね!

一昨日の夜は夜空がとっても明るくて、
月の明かりで影が出来るほどでした。
そして、昨日の満月はとってもきれいでしたね~。
久しぶりに満月ワインバーにお邪魔して楽しいお酒を頂いて来ました。

お昼間は長野へお出かけしていたので、
空がとても青く、山々のグリーンがキレイに映っていて、
とっても気持ちの良い1日でした。

9月も今週で終わり、10月へ。
初秋から秋本番ですねー。

しかーーーし!!連日、お腹がグーグー。
接客しながら、お腹が鳴っているのが聞こえてないか、
かなり不安な感じです.......。(汗)

はははは......。(滝汗)


さて。
ブログの更新がなかなかできず、
すっかりご無沙汰してしまってましたが(す、すいませんーっ!)、
そんな中、ジワジワ、メニューも変わってます。

f0054977_904048.jpg


今年、なかなか入荷の無かったふっくらした鱧(ハモ)。
「ふっくら」待ちだったこともあり、
なかなか美味しそうな鱧に出会うことができませんでしたが、
ここへ来て、ふっくらした鱧が三河から届き、
炭火焼きでお出ししてます。(やったー!)

数年前からお出しし始めた鱧ですが、
最近やっと骨切りも上手になってきたようで、
大きめの鱧も怖くなくなって来た様です!( ̄▽ ̄)
やっぱり大きめの鱧は食べ応えがありますね~~~。


f0054977_934387.jpg


そして、カルボナーラソースを手打ちパスタのキタッラで!
ガシガシっとパスタを食べるイメージの強いキタッラですので、
ハラペコさんにもしっかり食べ応えがありますよ〜〜〜。

今回のキタッラは、先日お話ししたタケシくんの豚さんのバラ肉を使ってます。
香草と一緒に塩漬けにした豚バラ肉はしっかりとした味わいですが、
これを自家製のドライトマトでサッパリ仕上げ。
意外とおつまみして白ワインが進んじゃうんですよねぇ〜。

f0054977_14124264.jpg



最近、チョコチョコっとグラスでもお出ししている
ジョヴァンニ・イアヌッチの「カンポ・ディ・マンドリエ 2013」。
これがまたキタッラや鱧に合うんですよー。( ̄▽ ̄)

まだ30歳というジョヴァンニが作るワインです。
作り手が若いということは、
まだまだこの先にワインを作ってくる可能性があると言う事で、
美味しいワインをまだまだ飲める!ということですから、
やっぱり、うれしーですねぇ〜〜〜。
ファランギーナというブドウを使っているのですが、
艶やかな黄色い果実のイメージを感じつつのバランスもよく、
キュっと引き締まった、とっても心地よい白ワインです。

ワインの作り手さんたちの高齢化も進んでいて、
この先、美味しいワインを作ってくれる「若い生産者さん」がいなくては、
私たちが年をとって美味しいワインを飲めなくなってしまう訳で。
それはとても悲しく、つらい....。

だからこそ、今、私たちがワインを楽しんで買い、
作り手さんにそれを資金にして頂いて、
さらにまた楽しく自由なワインを作ってもらえる様に、
日々、頑張らないと行けない訳なんです!!
だから美味しく頂きましょうっ!!!!!!


(ものすごーく力はいっちゃいました....w)


そんなこんなの秋晴れの今日は、
風も少し強めですけど、この青空は気持ちいいですね〜。
この気候で香茸も一気に乾燥してくれるので嬉しいです。(笑)

f0054977_15104168.jpg



この香茸は、今も少し使ってますが、
またこの後の寒い季節の為に仕込んでます。
何になるかは、まだナイショ!ですけどね〜。(^^)
[PR]
by gcpt | 2015-09-29 15:13 | 日々の出来事
暑い日が続いてますね。
今日は38℃とか何とかで、本当はあんまり考えたくないですが、

外に出るとイヤでも感じてしまうあの熱気ったら~!

...って、バテない方がおかしいぐらいですよねぇ....。
みなさんも、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。


さて!そんな時は鹿ですよ、シ~~~カ~~~!!

f0054977_1830062.jpg

(※これはコースでお出ししている時の写真です。)

北海道から蝦夷鹿のウチモモが入荷して来ました。
夏の鹿はさっぱりとしていて、どこか爽やかです。
ゆっくりゆっくり、しっと~りとローストしてますので、
こんな時期でもサクサクっと食べれてしまうお肉です。

暑いけど、お盆前でどどーん(!)と仕事はあるワケですから、
そんな時こそ鹿肉を食べて、しっかり栄養を補給して、
次の日に備えたいですね~。

そして、お肉の上にドーーーンと乗ってるのはオオモミタケ。
マツタケと同じキジメジ科なので、
同じ様な香りがあり食感もシャキシャキのキノコ。
良い香りで美味しいです!

鹿ちゃんと一緒に召し上がって頂きたいワインは、
ウーヴァ・タントゥムの「アルゲントゥム」。
蝦夷鹿と同じ様な草の香りと、さっぱりとした印象のシチリアの赤ワインです。
シラーとネロ・ダーヴォラを使ってますが、
旨味もあって、あらら、気がついたら無くなっちゃったー!って感じの
サクサクっとしたワインです。ボトルもかわいい!( ̄▽ ̄)

f0054977_18301710.jpg


輸入元のトレジャー フロム ネイチャーのブログにカワイイ記事があったので、
貼付けておきたいと思います!

http://ameblo.jp/tfn-wine-ekusuko/entry-12031073577.html

ブログを見ていると、なんとも仲良しな2人の写真が出て来たり、
かわいいワンちゃんに、美女まで!

そんなところも、とっても楽しいワインです!!( ´ ▽ ` )

お肉とワインで、しっかり暑さを乗り切りたいですね〜。
今日は私も栄養補給に励みたいと思いますっ!!
[PR]
by gcpt | 2015-07-31 18:32 | 日々の出来事
すっかり暑く....なんて書こうとしたら、
空が曇ってるせいか今朝は若干の肌寒さがありますね。
だからと言ってこのまま涼しい訳じゃなく、
どうやら日中には30℃越えするみたいで(ビクビク)、
この梅雨時期の暑さは湿気を伴うので、なんとも体にはハードです。

そんな感じなので、仕事の終わりに飲むワインは、
冷えてる方が美味しかったりします。
優し目のロゼや赤をちょっぴり冷やして頂くと、
ものすっごく爽やかなんですよね。

前に入荷していたサンタマリアのロザート2012。
そう、アレですよ、アレ!
久人式黄金比とか書いてある、アレ。

f0054977_8484361.jpg


入荷当時も喉越しよかったけど、
どこか開ける気になかなかならなくって(根拠はないですけどね)
奥にしまい込んでおりました。
それでも、最近、どう変化したんだろう?と思い、
ずっと手元(=すぐにあけられる場所)においていたのですが、
なーんかタイミングを逃す事、数ヶ月...。(春先から置いていたのでw)
若干、セラーの中でも忘れかけていたのですが、
一昨日、暑いからなぁ〜...冷やしちゃおっかなぁ〜....っと思い、冷蔵庫へ。

夜の営業で開けました!
あらー、美味しい♡

若干、微発泡が残り、甘味もすこーしありましたが、
冷やしておいたせいもあるのですが味もずいぶんとまとまって、
余韻の軽い渋みが心地いいのなんのってー。

しゃちょー、天才!
これを捨てるなんて事を阻止してくれて、ありがとぉぉぉ〜!

(詳細はhttp://vinaiota.exblog.jp/20771394/

となったのは言うまでもなく。(笑)
いやぁ、ほんと、ステキなワインです!( ´ ▽ ` )

まだ、若干、在庫がありますからね。
今年の暑い夏をサポートしてくれそうなので、
チビチビとグラスワインとして、お出しできたらなぁ...と思っております。
グっとお腹が減る、とっても素敵なワインです。

そうそう。
よく、赤ワインも冷やしていいんですか?という質問を頂きますが、
暑い日は冷やしたって、いーと思います。
氷を入れて飲んだって、いーと思います。
その方がおいしいと思えば、それがお気に入りになりますものね。
この時期は白ワインのソーダ割なんてのも、飲み進みますしね。

寒い冬だって、
暖房の効いている場所は乾燥しますから、
ちょっと冷やし気味でスタートしたり、
飲み進んだ室温のワインに氷をいれてみたり、
変化をつけて飲んだりしてます。

あ、お家で氷入りのワインを飲むときは、
マグカップの方がおススメです。
冷やすと、どうしても香りの数が少なくなるのですが、
大きめのマグカップの口が鼻までキッチリ覆ってくれるので、
ワイングラスよりも多くの香りをキャッチできる気がするのです。
(ものすごーく個人的な見解ですけどw)
お家で大きなワイングラスを使うのも、気が引けますしねー。
(私の場合、大きなワイングラスを家飲みで使うと、
 確実に割る自信がありますっ!w)
結露してもマグカップなら気にならないですし〜。


お酒はとっても自由な飲み物ですから、
みなさんのお気に入りを見つけて、
楽しんで頂きたいなーって思いマス。


さ、今日も仕事終わりの1杯の為に、がんばりまーーーーす!!
[PR]
by gcpt | 2015-07-03 09:06 | ワインのコト
f0054977_853013.jpg

お客さんの要望で、久々の再会したモンテマーグロの2010年。
ダニエーレ・ピッチニンの白ワイン。

ダニエーレくんについてはしゃちょうのブログを読んだ方が良いですよね。(^^)
http://vinaiota.exblog.jp/17029155/
http://vinaiota.exblog.jp/23360727/

リリース直後はチョコチョコと使っていたのだけど、
半分は時間をかけてお出ししたいな〜って思っていて、
しまい込んでました。(笑)

レモン水の様なフレッシュ感が抜けて、
蜜っぽい艶やかな味わいが出てました。
厚着をやめて、少し軽やかになる春の様に、
ちょっぴり華やかに感じたんですよね〜。

久々のクラス会で再会したら、
あの時の幼いイメージ(フレッシュ感)というよりは、
なんだか少し大人になってて、
あれ?彼女にそんな艶っぽさ、あったっけ?ってドキっとするみたいな、ね。

お客さんにお出ししないとイケナかったので、
少しだけ最初の部分をお裾分け頂いたのだけど、
逆にそれが良くなかった!

最後の方の濁った部分、飲んでみたいなぁ〜と
お客さんのグラスをジィィ〜〜〜っと見てしまった事は
心の奥にしまっておきます....。(笑)

1本、ちゃんと飲みたいなーと思ってしまいました。
あ、でもね、私、大人ですからね!
数も少なくなって来たので自分用に開けるのはヤメておきます。( ̄▽ ̄)

春はワインが動くイメージがあるので、
ここから暑くなって、しっぽり寒くなるまでの成長が楽しみで仕方ない。

ウチのワインたちは、どんな風に変化して行くのかなー?

と、ここ最近、大人になる我が子を細い目で見ちゃう様な、
センチメンタルな気持ちでワイン部屋を片付けてます。(笑)

早くしないと暑くなっちゃうぞーと焦る気持ちとは裏腹に、
見つけたワインにイチイチ想いを馳せてしまう悪い癖が、
作業効率を激しく低下させています...。

あー、早く終わらせないと!
焦るなぁ....。
[PR]
by gcpt | 2015-04-03 08:49 | ワインのコト
f0054977_13342866.jpg

宮城県の川崎町蔵王の麓の牧場で、
豚を育てている剛くんから豚さんが届きました!
剛くんのところの豚さんたちは、
自由に土掘りをしたり、ひなたぼっこしたりと、
大地を駆け回る日々を過ごしています。

そんな剛くんの豚さん。
ゴッチャポントでは、すっかり「タケシ豚」で
お馴染みになってしまったのですが(笑)、
今回は肩ロース。
2回ほど使わせて頂いた感じから、
今回は焼きで使うのと、脂でラルドを作る予定です。

タケシ豚は、焼いた時にお肉から出る肉汁が
とてもピュアでキレイなんです。
肉汁に雑味を感じるお肉もあるのですが、
このタケシ豚には感じないので、
そこからもお肉自体の、個体の強さを感じます。
前回のロースは、お肉が全然動かなかったこともあり、
(動かなかった=お肉が解れるのが進まなかった)
かなり寝かせてから使い出しました。

今回の肩ロースもとても楽しみです。
現在は肉身がピッシリしてるタケシ豚。
これだけピュアなら、身だけでなく、
脂も美味しそうに感じるので、とてもいいラルドが出来そうです。( ´ ▽ ` )

そして、こんな美味しそうな豚さんが来たので、
ワインも〜なんて思っていたら、
最近、エ・ヴィーノさんのところから
ヴィットーリオ・グラツィアーノという生産者の泡が届きました。
エミリア・ロマーニャ州モデナ近郊の生産者さんです。

f0054977_1348329.jpg


全ての作業をたった一人で畑仕事、ワイン醸造、ボトリングまでこなし、
醸造においても培養酵母や温度管理を行わず、木樽での醗酵、
オリ引きや瓶詰めも重力以外の負担をかけないという徹底ぶり。

味わいも力を感じるのですが、実にサックサク飲み進みます!
白泡、ロゼ泡、赤泡の3種類を作っていて、
どのワインもその力強さを感じながら、飲み心地も良いという
なんともイイ感じなんです!
あ、気付いたら無くなっちゃう〜ってタイプですね〜。(笑)

という訳で、タケシ豚にもよーく合いそうです。( ̄▽ ̄)

こういう事を考えてるの、本当に楽しいですね!
ラルドが出来たら、パンと一緒でもお手軽に美味しそうだし、
お魚と一緒に食べても美味しそうだな〜っ!


と言う訳で、
タケシ豚は只今、ロースの部分をお出ししてます。
年明けぐらいには肩ロースもお肉が解れてくると思いますので、
お出しできるのではないかと思います。


ぜひぜひ、ヴィットーリオ・グラツィアーノ共々、
よろしくお願いします!( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
by gcpt | 2014-12-17 16:53 | 日々の出来事
f0054977_8213923.jpg


久しぶりに開けたカゼ リーヴァ・デル・チリエージョの2009。
とーっても美味しかったぁ!

「アルベルト・アングイッソラってさぁ、まだ若いんだよね。
 コレから先も彼のワインが飲めるの、幸せだなぁ〜」

なーんて話しつつ、3人でゴクゴク。(笑)
エミリア・ロマーニャの作り手だからなのか、
ちょっとしっかりしたお料理が食べたくなりますね。

今、濱戸さんの仔羊が来ているので、ぜひ合わせてみたい!
2年ぐらい前かな?リヴェッラ・セラフィーノのバルバレスコと
濱戸さんの仔羊が美味しかったから、
あんな感じのイメージだなぁ〜。(絶賛、妄想中)


イタリアのピノネロの、とーっても薄っぺらなイメージだったのを、
一気にひっくり返してくれたのも彼のワイン。
初めて飲んだ2004のカゼ リーヴァ・デル・チリエージョ、
今でも覚えてる。おいしかったなー。

あ!
ピノネロのイメージをひっくり返してくれたなんて書いておいて何だけど、
品種よりも土地よりも、やっぱり「人」なんだよね。

このワインがどんな場所でブドウで作られているのか知らなくても、
もしこの味わいなら、好きになってるはずだものね。

しゃちょうのブログを読み返してみて、
2006から2009にヴィンテージが飛んだ理由を再確認。

http://vinaiota.exblog.jp/17065975/


「まだポテンシャルの大半が眠ったままのような、
 閉じているワインを売ることに積極的になれなかった」

だなーんて!素敵〜っ、アルベルト!!

作ったワインをお金に換えれば、
そりゃもー、ある種フツーとされるような循環になる訳だけど、
美味しさをちゃんと伝えることに重点をおいてるアルベルト。

今できることを、今できる最大限がんばる!ってさ、
やっぱりなかなかできないことなんだよね。
先を描き、そこに到達するイメージが少なからず見えないと、
まず不安だし、そのイメージができたからといって、
人ってなかなかそこへ到達する様に、
自分を厳しい状況へと追いやる事は難しいもの。
やっぱりラクに...って、どこか思ってしまうものだしね。

雑にワインを扱おうなんて微塵も思ってないけどさ、
こういう気持ちを知ると、
「アルベルトがそうならわたしも!」と、
より大切に使おうって思える。

個々の気持ちひとつで、グルグルと、さらにいい循環になれば、
やっぱりその方がいいな。

カゼを飲みながら、そんなことを思ったのでした〜。(^^)

ワインを飲むって楽しいですね!
[PR]
by gcpt | 2014-08-10 08:38 | ワインのコト
f0054977_16472031.jpg


梅雨入りしましたね〜。
気がつけばもう6月で、この6月が終わると7月。
ということは、今年ももうすぐ折り返し地点と言う事ですね。

毎回の事ながら、時間が経つのは早いですし、
年々、加速して行ってる気がします。

そういえば!
ここ最近、冷蔵庫の調子が悪くなったり、
ジェラートを作る機械の調子が悪くなったり、ガッタガタ。
15年も経つと人も年をとりますが、お店も年をとっている様です。
仕方ないですけどねー。あぁ、切ないです。
と、愚痴も多くなりますね。(笑)

f0054977_16575728.jpg


ダニエーレ・ピッチニンのモンテマーグロ2010。
ドゥレッラというちょっぴり酸味の強いブドウを使ったワインです。

抜栓して最初のうちはラムネのような、
少し爽やかなニュアンスがあるのですが、
数日間放置していくうちに、
だんだん黄色い果実味が増して来て、味がどんどん出て来ます。
最後の方の黄金等の様な雰囲気になると、
ヨシヨシ、来たね、来たねーってなります(笑)。

その時々の味わいが可愛らしくって、
こんな風になったの?あれ、こんなに?なーんて、
とーーーーーっても楽しいワインなんですよ〜。(^^)

さっぱりとしたこのワインを飲むと、
青空がきれいな夏が待ち遠しくなります。
あ、猛暑ももれなく付いて来ますが、(笑)
やっぱり「夏」って聞くだけで開放的な気分になりますからねー!

食材も暑い季節に食べたくなる様な物が増えて来ました。
暑い夏を元気に過ごす為に、今のうちにしっかり体力をつけておきたいですね。

今月はW杯もありますし!

お店の老朽化を思い出すとドンヨリしちゃいますが、(笑)
楽しい事を考えながら、元気に行きたいと思いますっ!!
[PR]
by gcpt | 2014-06-04 17:08 | 日々の出来事
久しぶりに開けたススカールが、とっても美味しくなってました。
フランク・コーネリッセンのワインは、その時々の表情が楽しみ。
今はとてもボジティブな顔つきで迎えてくれるので、
飲んでいても嬉しくなりますね!

f0054977_17155639.jpg


「4」なので2011年だったかな。
半年前にはまだお酢っぽさが残ってましたが、
尖った味わいはキレイに液体に溶け込んで、優し〜いイメージです。

f0054977_17162479.jpg


少し前にラモレスカも開けたのですが、
ラモレスカも、以前、開けた時より美味しくなっていたなぁ。

ススカールに戻って。
この優しい美味しさが、春の訪れを喜んでいるかの様に感じました。
す〜っと体に溶け込んでいきます。

ワインも元はブドウで、植物ですものね。
春はやっぱり生命力に満る季節ですから、
嬉しいのかな〜?なんて、思ったりしながら飲んでました。
生きてるワインは楽しいです。(^^)


そして、今日は穀雨ですね。二十四節気の6番目。
穀雨は「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉みたいなので、
今日の雨はまさにソレですね!(^^)

春の雨がやむと、すぐそこには夏かぁ〜。
夏はビールも美味しいからなぁ〜。

あーっ、何かと誘惑の多い季節がやってきちゃいますねーっ!(困)

(困)って書きつつ、ワクワクが隠せませんねーっ!!(笑)
[PR]
by gcpt | 2014-04-20 17:32 | ワインのコト