楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

タグ:ダヴィデ・スピッラレ ( 2 ) タグの人気記事

今日はしっかりと雨な1日でした。
ザーザーっと、やっと梅雨らしいような降り続く雨で、
なんだかホッとするような所もあるぐらいに、
今年の5月6月は雨が少なく感じますね〜。

さて。

茨城から仔鳩が届いてます。
フレッシュ感のある味わいの仔鳩ちゃん。
お野菜と一緒にお召し上がり頂けます。

f0054977_22374463.jpg


半身、1羽でのご提供になるので、
部位ごとにローストしたり、炭で炙ったりと、
いろいろ楽しめるのも嬉しい1皿ですねー。( ̄▽ ̄)

もう随分前になるのですが、
あるレストランで初めて国産の仔鳩を食べた時の、衝撃ったら!
とてもキレイな味で爽やかに感じるのに、どこかしっかりとしていました。
一緒に頂いたワインのことも鮮明に覚えているのですが、
本当に美味しくって楽しい夜だったのです。

あー、懐かしいなぁ〜。
あの頃を境に、いろいろ変わって。
考え方とか、生き方とか、刺激を受けまくっていた時でした。

という訳で、こんな雨の日はしっぽりとワインを傾けながら、
思い出にふけるのも良いですね〜。

f0054977_22411633.jpg


今日はダヴィデくんのロッソ・ジャローニを頂いておりますが、
ダヴィデくんも満足の出来という2013年は、
それ以前よりも優しく仕上がっている気がします。

何とも心地よくって、飲み進むワインです。
しかも抜栓からの息が長く続いている気がしてます。
いやぁ、美味しい!( ̄▽ ̄)

1度目のヴィナイオッティマーナで会ったときよりも、
2度目のヴィナイオッティマーナで会った時の方がカッコよく見えて、
3度目もあるのかな?なんて期待しちゃう、
そんな男性って、なかなか素敵じゃない?

とか思っちゃったりするワケで。(妄想中)

若いダヴィデくんが、まだまだワインを作ってくれるのかと思うと、
どーにもこーにも肩入れしちゃう訳ですよ。
だって、美味しいワインを死ぬまで飲んでたいじゃないですかー。
死ぬまで飲むには作ってもらわないといけないんですよね〜。(^^)

と、妄想と思い出にふける雨の夜もいいですね〜。
さあ、明日のために、もうひと飲みしますっ!( ̄ー ̄)ゞ
[PR]
by gcpt | 2015-06-26 23:06 | 日々の出来事

ワインのはなし。

時々、感じるのですが、
ワインにも「肩の力が抜ける」というのがある様に思う事があります。

ずっと緊張していたのか、
肩に力がジリジリと入っている様に感じていたワインが、
ふわっと優しく、時に力強く、
そして、体に染み込んでくる様な味わいになってくるような。

「あれ?こんなに優しかったっけ?」

「あれ?こんなに人懐っこかったかしら?」

「あれ?意外と逞しいのね!」

なーんて感じでしょうか?

それが、彼や彼女、家族や友人だとして、
ずっと一緒にいたのに、ずっと気付いてあげられなかったけれど、
ふとした瞬間に、その優しさに触れて、感動する様な、
あるいは、その逞しさに触れて、より好きになる様な。

熟成なんて言うと堅苦しいけど、
肩の力が抜けるっていうと、ちょっと近い感じになりませんか?

(え?そっちの方が分かりにくい?w)

f0054977_23304345.jpg
ダニエーレ・ピッチニンのロッソ2009年です。

最初の頃は今よりもずっと軽いようなイメージで、
ちょっと他に無い様な香りを醸していたりして、
誰にでも優しい様なフリをして、でも本当の心の中を上手に表現できずにいるような。
そういう意味では、このワインのコトをちょっとトゲトゲするなぁ〜って思ってました。

それが今じゃ、しっとりと、でも若干の微々発泡ぐらいの泡を伴って、
以前よりも力強く、包み込んでくれるような、
そして体に馴染む様に心地よく感じる赤ワインになっていました。

優しさと力強さと逞しさが混在する、
カミッラちゃんと一緒にいるダニエーレくんのイメージ、ぴったり!


f0054977_23453028.jpg

ムレチニックのシャルドネ 2005。
これも、もともと大好きなワインでしたが、それが最近...。

「あれ?この果実感なになに?あなた、こんなに人懐っこかった?」

と言わんばかりに、表面にぱ〜っと果実っぽさを感じる様になりました。
皮に包まれていた中から、「やあ!」って出て来た様な感じです。

(たくさん買っておいてよかった♡)

f0054977_23523572.jpg

そして最後は、マリオーサのロッソ。これは2010年。
随分前に買っていたワインなのですが、
最初の頃に感じていた、ただただ強い部分が削げ落ちて、
やさしーい雰囲気が出て来て。

「そっか、本当は優しかったんだね!」

って感じでしょうか。(笑)
おいしいけど、ちょっぴり当たりが強くて飲むのに疲れるなぁ...って、
少し思っていた時期もあったのですが、
今は、時が経ち、心からおいしいなぁ〜って思う表情になってます。
あ、しかも、このワイン、鴨との相性もすごーく良いですっ。


まだ他にもイロイロ思ったワインがあったのですが、
このまま書き続けたら、どんでもなく長くなりそうなので、
この辺でヤメておきます。(笑)

何にしてもですが、肩の力を抜くって大切ですね!

こういう変化を感じながらワインに接していると、
どんどん深みにはまって行ってしまいます。(笑)
時間とともに楽しむという、とっても贅沢な経験を、
ここ最近、いっぱいさせてもらってような気がする.......。


このコたちと一緒に仕事ができるのは、
本当にしあわせなコトだなー!






[PR]
by gcpt | 2013-12-14 00:21 | ワイン(お酒)のコト