タグ:タケシくん ( 2 ) タグの人気記事

すっかり秋ですね〜。

今朝も肌寒いぐらいでしたね。
愛知県の9月のこの時期は厳しい残暑に毎年バテバテなのですが、
今朝は毛布にグルグルに包まってました。
逆に体の調子がついて行ってないように感じてます。

食材もすっかり秋めいてきてます。
今年は全体的にやっぱり早く早く、いろんな食材が出て来ますね。

pomme de terre(ポム・ド・テール)さんから届く野菜達も
敏感に秋を感じ取っていて、その反応を見ているだけで、
野菜達も一生懸命生きてるんだなぁ~...とジワジワっと来てしまいます。

そして。
涼しくなると一気に食欲が増しますよね。
お魚はもちろんなのですが、お肉達も個性的な個体が入荷してます。

Fattoria kawasakiのタケシくんから届く豚さんは、
今回、経産の大きな豚さんが届きました。

f0054977_1220297.jpg


お肉の断面は赤身が強くて、牛肉と見間違うほどです。
さらにはこの経産の豚さんの脂には、柔らかさを感じました。

ワインでもそうなのですが、
若いワインはアルコールと果実味が分離した印象を受けます。
味わいも尖っていて、くっきりハッキリ!といったイメージでしょうか。
それに比べ、熟したワインはアルコールと果実味が一体化した印象です。
味わいに丸みを帯びて奥深く感じる...。

成熟した生体の脂は身の部分との馴染みが良いように感じます。
逆に若い生体の脂はしっかりと脂が分離しているので、
逆にその個性が際立って感じるのかもしれません。

お肉って何故か出産したら...みたいなところがありますが、
そんなことはありません。
逆に飼育日数が増えると個体が大きくなり、
肉身の部分はしっかりと味わいがのっているので、
その個体個体の個性を感じられるようになります。

経産でも、子豚でも、一生懸命に生きている事には変わりないので、
そんなところも感じて頂けると嬉しいです!


天然キノコはアミタケが入荷して来ました。
ヌメリのあるキノコたちが入ってくる様になったので、
パスタでの提供はそろそろ終わりになりそうです。

f0054977_12202913.jpg



秋キノコはスープの予定ですが、まだ若干の調整中だったりして。
ちょっとだけ時間を頂いてからの、ご提供になりそうです。

また少しずつ、紹介していきますね!
[PR]
by gcpt | 2015-09-05 12:21 | 食材の入荷情報
f0054977_13342866.jpg

宮城県の川崎町蔵王の麓の牧場で、
豚を育てている剛くんから豚さんが届きました!
剛くんのところの豚さんたちは、
自由に土掘りをしたり、ひなたぼっこしたりと、
大地を駆け回る日々を過ごしています。

そんな剛くんの豚さん。
ゴッチャポントでは、すっかり「タケシ豚」で
お馴染みになってしまったのですが(笑)、
今回は肩ロース。
2回ほど使わせて頂いた感じから、
今回は焼きで使うのと、脂でラルドを作る予定です。

タケシ豚は、焼いた時にお肉から出る肉汁が
とてもピュアでキレイなんです。
肉汁に雑味を感じるお肉もあるのですが、
このタケシ豚には感じないので、
そこからもお肉自体の、個体の強さを感じます。
前回のロースは、お肉が全然動かなかったこともあり、
(動かなかった=お肉が解れるのが進まなかった)
かなり寝かせてから使い出しました。

今回の肩ロースもとても楽しみです。
現在は肉身がピッシリしてるタケシ豚。
これだけピュアなら、身だけでなく、
脂も美味しそうに感じるので、とてもいいラルドが出来そうです。( ´ ▽ ` )

そして、こんな美味しそうな豚さんが来たので、
ワインも〜なんて思っていたら、
最近、エ・ヴィーノさんのところから
ヴィットーリオ・グラツィアーノという生産者の泡が届きました。
エミリア・ロマーニャ州モデナ近郊の生産者さんです。

f0054977_1348329.jpg


全ての作業をたった一人で畑仕事、ワイン醸造、ボトリングまでこなし、
醸造においても培養酵母や温度管理を行わず、木樽での醗酵、
オリ引きや瓶詰めも重力以外の負担をかけないという徹底ぶり。

味わいも力を感じるのですが、実にサックサク飲み進みます!
白泡、ロゼ泡、赤泡の3種類を作っていて、
どのワインもその力強さを感じながら、飲み心地も良いという
なんともイイ感じなんです!
あ、気付いたら無くなっちゃう〜ってタイプですね〜。(笑)

という訳で、タケシ豚にもよーく合いそうです。( ̄▽ ̄)

こういう事を考えてるの、本当に楽しいですね!
ラルドが出来たら、パンと一緒でもお手軽に美味しそうだし、
お魚と一緒に食べても美味しそうだな〜っ!


と言う訳で、
タケシ豚は只今、ロースの部分をお出ししてます。
年明けぐらいには肩ロースもお肉が解れてくると思いますので、
お出しできるのではないかと思います。


ぜひぜひ、ヴィットーリオ・グラツィアーノ共々、
よろしくお願いします!( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
by gcpt | 2014-12-17 16:53 | 食材の入荷情報

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt