楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt
少し前のことになりますが、5年振りに岩手に行って来ました。2泊3日のほとんどをお天気良く過ごせて、とても気持ちのいい旅でした。そして、その1日目に毎年お世話になっている羊農家さんのトコロへお伺いして来ました。岩手県の葛巻(くずまき)で羊を育てている濱戸(はまと)さんの農場へは2度目、5年振りの訪問です。

f0054977_16482895.jpg

(↑ 濱戸さん家の仔羊ちゃんです。かわいい〜♡よーく見ると鼻の下に線がありますよね。羊ちゃんたちはこの線を境にモシャモシャと左右別々な動きが出来るらしいです。知らんかったー!)

濱戸さんには、今回の旅でどうしても聞きたい事がありました。

「濱戸さんの羊たちは、どうしてあんなに美味しいお肉になるのですか?」

でもこんな質問をしてしまうぐらいに、濱戸さんの羊を美味しく感じてしまう私たち。最初は、どうしてだろうね〜なんて笑っていた濱戸さんですが、1日をお付き合いくださる中で、とても分かりやすくお話しして下さいました。

f0054977_1649853.jpg

(↑ 手前は1度目の刈り込みをした採草地。この日の前日に刈った様です。これをくるくる巻く機械がすごーく面白いんですよ〜!)

かつては羊たちを放牧していた、今は採草地になっている場所で「この1ヘクタールにどれぐらいの生き物がいると思う?」なーんて濱戸さんからの質問に、もー、ときめくのなんのって〜!大好きな土と土の中の話に、テンションあがりまくりでした(笑)。

f0054977_17252647.jpg

(↑ ゴハンをもらって、わしゃーっ!と群がる羊たち。食べたいばっかり....笑)

地中の植物の根っこと微生物と小動物がお互いに共生して(食べたり食べられたり、お互いを奪い合いながら)この葛巻の土を作り上げて行く。牧草たちも自分たちの主張を繰り返しながら成長し、さらにはその牧草を食べて羊たちが育つ。そうして「葛巻の羊」になっていくのです。種なんて関係なく、この葛巻という地で力強く生きられることが大切だと...。

そんな、濱戸さんの羊ですが、今年は8月、9月、10月に1頭ずつの入荷が予定されています。去年はたくさんお問い合わせいただいたのですが、お出しできずにいましたので、去年の分もとっても楽しみになっちゃってマスよね(私たちも!笑)。お問い合わせいただいたみなさま、今年は大丈夫だと思いますので、ぜひぜひ、ご連絡くださいね!(お料理としてお出しできる様になったら、またブログでもお知らせしますね〜♪)

f0054977_17513575.jpg

(↑ 青空がすごーくキレイでした!!)

土の中での営みは、人間や動物の体の中で起こる様なことと同じだったりして、実はとっても面白いのです。土が人間と同じではなく、人間が土に似ているといった方が正しいかもしれないですね。知れば知るほどに、すべては土に生かされてると感じます。そんなお話も、これから少しずつできたらなぁ〜と思ってます。
[PR]
# by gcpt | 2016-07-13 17:53 | 生産者さん訪問

知床のメヌキ

いつもお世話になっているお魚屋さんが、最近、北海道の知床からもお魚を仕入れる様になりまして、必然的に、ゴッチャポント的にもなんだかおもしろ〜いことになってます(笑)。

f0054977_18203444.jpg

この写真は、すごーく美味しい2.9キロのメヌキ鯛ちゃん。お魚自体にしっかりと味が乗っていて、さらには身の張りっぷりが違います。本来は煮付けに合いそうな実質ですが、焼きでも美味しくイケちゃうんです。カマの部分を炭で焼いて頂きましたが、ヤバーい♡美味しかったです〜。コレだけの旨味を持ったお魚なので、美味しい白ワインをガッツリ頂きながらモグモグしたいなぁ....と(笑)。

ガングランジェや、ラ・ビアンカーラのワインが合いそうだなぁ〜。ジョヴァンニ・イアンヌッチとかも良さそう!ひゃー、妄想が止まりませーん!!(←いつものことですけどね!w)




[PR]
# by gcpt | 2016-07-08 18:24 | 日々の出来事
気がつけば7月も半ば。この夏は暑くなりそうですね。
昨日も、お昼間に車に乗り込もうとして、その暑さにビビってました...。

今日は今日で曇っているのに湿度が高く、ジメジメしてて、
空気がもわわわーんと膨張してるかの様で、なんか押しつぶされそうな、
そっか、まだ梅雨明けしてないんだ....と遠い目をしてしまいました(笑)。

ビールとか、泡モノが飲みたくなっちゃうなぁ....。
(今日も、もうすでに、頭の中、ビールでいっぱいですけどね)

さー、そんな7月ですが、
少し前から始まっています、毎年恒例の鮎リゾットです!

f0054977_20413816.jpg


焼きリゾットの下は冬瓜のすり流しです。
鮎の内臓を使ったリエットと鮎の頭を素揚げして添えてます。
これがねー、おつまみみたいで美味し〜のですよぅ〜〜〜。
ワイン、進みます!( ̄▽ ̄)

そして、じんわり人気なのがコレ!

f0054977_2122837.jpg


イカスミのシューの中にはフワフワ生ハムとお野菜、
さらにはリコッタチーズか、もしくはジャカイモのサラダを挟んでます。
(注 ※中身はその日によって変わります)

その他にも美味しいお魚たちや、お肉もいっぱい届いてます。
入荷のスピードの付いて行けずにいますが、
少しずつでも、ご紹介できる様に頑張りまーす!!
 
 
[PR]
# by gcpt | 2016-07-08 17:27 | 日々の出来事
先週の月曜日、
いちじくでお世話になっている常滑の酒井さんの畑にお邪魔して来ました。
雨続きの週だったのですが、何とか曇りで、雨が降らなくってよかった〜〜〜!!

f0054977_15233643.jpg


いつも5月頃にお伺いしていたせいか、青々としたイチジクを見るのが新鮮!
ワッサワッサと葉っぱを広げて大きくなろうとする勢いに、
この時期の植物ならではの力強さを感じたりしてました。

f0054977_15232398.jpg


藁を厚めにしっかり敷いてあり、下草たちもワサワサっと。
暑ーい暑ーい夏の保水の為に...と話してくれる酒井さんと良子さん。
「(草も何にも無い)砂漠のような土の上より
 (イチジクの木たちが)元気な気がするんだよね〜」って。
いつも畑にいる酒井さん達が言うのだから、きっとそうなんですよね。

ちょっぴり話は脱線しちゃいますが。
どんな言葉を並べるよりも、
その木や、その生き物たちが「元気」であることのほうが、
何倍も説得力があると思うのです。

目が虚ろなコたちを見ても、
生かされてるだけのコたちを見ても、
ヘンな言い方だけと、トキメキがないんです。
ドキドキしないというか。

なーんて言ってますけれど、
私としては何か確信があるって訳じゃないんですけれどね。
あの直感的に感じる「生きてる!」って雰囲気に遭遇すると、
一気にトキメイて、ドキドキワクワクが止まらなくなっちゃうんです(笑)。


さて、話は戻って。

f0054977_15235960.jpg


いつもドルチェで使う事の多いイスキアブラックの木。
青空がグーーーンと高くなる秋頃に美味しくなります。
イチジクとしては遅い時期の品種になるんだと思うのですが、
イスキアブラックだけで作るタルト、美味しーいんですよぅ〜〜〜。

f0054977_15234843.jpg


こちらは白イチジク(白というよりグリーン)のバナーネ。
表皮が赤くならない品種で、夏果も秋果もできる品種とのこと。
ところどころに夏果がなってました。
そして、よく見ると枝の所にバナーネのちっちゃーいコが!
この子達は秋果ちゃんたちです。よーく見るといっぱいなってました。
大きくなれうよぅ〜〜〜。

f0054977_152471.jpg


そしてこれはキウイの畑。
棚仕立てなので、下草たちの保湿っぷりは半端無く、
暑ーい日だったのですが、とっても気持ちのいい涼しさでした。
まだまだかったーーーいキウイの実なので、
食べれるのは随分と先なのですが、
この暑さに、なんだか美味しそうに見えちゃってました(笑)。


今年も酒井さんからイチジクを送って頂く予定です。
8月ぐらいから早い品種の爽やかな味わいのイチジクたちが届きます。
早い時期はサラダでお出しする事が多いのですが、
冷やしてビネガーでマリネするだけでしっかり美味しくなるので、
酒井さんのイチジクは、本当に手間いらずな優等生です(笑)。

秋にかけては、味がしまって、グングンと凝縮した美味しさになります。
この辺りのイチジクを使ったドルチェは、毎年、とても好評なのです。
その勢いに、うちのこんどーさんが仕込みに追われるぐらい(笑)。

今季もとっても楽しみですが、
そうそう、イチジクの時期=台風の時期でもあるので、毎年、それがとても心配なのです。
という訳で、今からてるてる坊主を作って備えたいと思いまーす!

酒井さん、良子さん、今年もどうぞ、よろしくお願いします!!
[PR]
# by gcpt | 2016-06-27 15:33 | 生産者さん訪問

梅雨ですね〜〜〜。

よく雨が降りますね。芒種から夏至の間と言えば梅雨真っ盛り!...な時なので、晴れてばかりもイケナイ時期なんですが、灰色の空はドンヨリと感じちゃうので雨の日はやっぱり憂鬱です。ただ、この先の「真夏の太陽がジリジリする=厨房が灼熱」という図式を想像してしまうので、ひゃ〜〜〜ってなりますけどね(笑)。それでもドンヨリよりはいいかなぁ〜〜〜。

と、ちょっぴりダークな気持ちになりやすいこんな時期にいつも元気をくれるのがトウモロコシ!ここから夏の終わりまで、甘みたっぷりで心も癒してくれる夏の定番ですよね。

f0054977_859992.jpg

今、ディナーでは冷たいスープでお出ししてます。スープに浮かべている氷の部分(グラニテ)はカモミールで風味付けをしてます。サクサクしながら冷やっと頂くと、ガッツリとトウモロコシを感じて頂けると思います。

f0054977_8574427.jpg

ランチではリゾットで。フワフワっとすった生ハムとの相性がバッチリなんです。毎年、お問い合わせが多いメニューでもあります。

ジメジメして体もだるおも〜い時期ですが、美味しい食事とおいしいお酒で、梅雨を乗り切ろうと思いマス!さ、今日も仕事の終わりの1杯にむかって、がんばろー!!(←結局それかいw)
[PR]
# by gcpt | 2016-06-17 09:20 | 日々の出来事
明日 6月6日(月)から 9日(木)のランチタイムまでをお休みさせて頂きます。9日(木)は、ディナーのみの営業となります。この期間にご来店をご予定されていた皆さま、ご迷惑をおかけ致します。

f0054977_13205686.jpg



今回の連休を使って岩手に行って来ます。写真は数年前に行った岩手の濱戸さんの農場。なーんにも無いでしょ?って濱戸さんは笑っていたのですが、ここには全部がある!って思った、とっても素敵な農場でした。

ゴッチャポントでお出ししている羊は、岩手の濱戸さんから送って頂いてます。数年前、ある方にご紹介頂いて濱戸さんに出会うことになりました。正直なところ、あの時に出会ったのが濱戸さんだったことで、知らないことだらけだった私たちはたくさんの勉強をしなくてはならない状況になりました。1つ1つ積み重ねなければ前進できないことばかり。気はものすごく焦るのですが、全然進まない自分たち自身にイライラを募らせたり...。あの頃に感じていた気持ちを思い出すと、今でもモヤっとします。そういう苦ーい経験とでも言いますか、こういうことって誰にでもありますよね(笑)。

今だ知らないことだらけの私たちですけどね。でも丁寧に1つ1つ積み重ねれば、今以上に仕事が楽しくなるって思える様になった事が、あの頃からのイチバンの成長の様に思います。

今回は短角牛でお世話になっている方にもお会いできそうで、また少しだけ大人になって帰って来れるといいなぁ〜(笑)。

連休期間中のご予約ですが、お店の電話はすべて携帯電話に転送します。ただ、今回の旅は車での移動が多そうなので、運転中など、電話に出れない事もあるかと思います。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ、よろしくお願いします!!
[PR]
# by gcpt | 2016-06-05 14:26 | お知らせ

三河の新タコ!

秋から春に半分ぐらい移行したのかなぁ?先週から今週にかけて、運動会の所も多かったみたいですね。GW後ぐらいから、近くの小学校から運動会の練習の音が風に乗って聞こえて来たりしてて、始まったなぁ〜って思ったりしていました。そんな運動会も終わって、すぐそこに梅雨ですね〜...。

この時期、ジメっとしたり、カラっとしたりを繰り返してると、どよーんと体が重たくって。実は「暑ーい!」よりも「寒ーい!」よりも、この時期の「どよーん」が1年でイチバンつらく感じます。もう少しして、しっかり暑くなれば、体も慣れてくるのですけどね〜。あともう少しの辛抱かなぁ....と思いつつ、年々、体が慣れるまでに時間がかかってる気が.......(滝汗)。
 
そんなどよーんな時期に元気をくれるのが「三河の新蛸(タコ)」です!

f0054977_13493003.jpg

さっと炭火で炙って頂くと、柔らかくって美味しいんですよね〜。もともと三河湾に浮かぶ日間賀島のタコって、この辺りではとっても有名でなんです。(ちなみにフグも有名だったりします)ウチの母もお友達と日間賀島に一緒に行くのを、毎年の楽しみにしていたりします。
 
そんな新蛸、ビールがね、進むったらね〜!ぐわーーーって飲んで、ぷはーーーってなってねぇ(い、い、いかん...、よだれが.... )。ワインも、もちろん美味しいですよ!しっかり白も美味しいし、軽い赤とかでもいいなぁ....。

軽い赤ワインと言えば、なーんかね、どよーんな季節は軽めの赤が美味しく感じます。

最近、グラスでお出ししていたピガデ 2011 がとっても好評でした。2、3本、立て続けに使っていたのですが、お出ししたほとんどの方が「おかわり♡」と言ってくれるから嬉しくって、まるで自分のことの様に「でしょ〜〜〜?」って言ってしまうっていう...(単細胞ッス!笑)。

f0054977_14483033.jpg

パーネヴィーノのラベルはいつも可愛らしいイメージなんですけど、ピカデはカッコイイのですよ〜。このピカデ、トマトソースの酸味が利いたパスタとかね、すごーく美味しく感じます。

あ、でも冷やし気味にしたしっかり赤も、じわっと染み込んでいく感じがヤミツキになりますね!濃いのにすっきりな感じと言いますか、食欲のない時に体を刺激してくれて、食欲を増してくれます。

f0054977_14503345.jpg

ボルガッタのドルチェットを冷やし気味とか、しっかりしてるけど飲み口も良くって、もーすごくスイスイって感じでね。いいーーんですよぅ。お肉と、いいーーんですよぅ〜〜〜。最近、入荷した蝦夷豚のグリルなんかと一緒に頂いたらスタミナ尽きそうな感じです!(`◇´)ゞ

そんなこんなで。
さっきから、なんだか雨が降りそうな風が吹いて来てます。夜は雨なのかなぁ?明日の午前中は雨みたいですものね。お天気だったら出かけようかと思っていたけど、仕事しろ!ってことかなぁ....(問い目)。

なーんて沈んでいても始まらないので、仕事に戻りまーす。今日の後半戦を頑張った後に、ちょっぴり楽しみなお酒を用意しているので、そのためにも、がんばりまーす!!( ´ ▽ ` )ノ





[PR]
# by gcpt | 2016-05-29 15:18 | 日々の出来事

鬼かさご。

f0054977_07024887.jpg


三河から届いた鬼かさごです。お魚の個体差にもよりますが、焼くだけだとどうしても淡白になるイメージがあって、更にはいいお出汁が出るコトもあり、おウチだと断然「煮付け」が多い様にも思います。軽めに、お醤油とみりんで煮付けると本当に美味しいですよね〜。(昔はよく居酒屋さんで食べた気がします。お酒が進むんですよね〜!笑)

そんな鬼かさご。

このところ、骨を焼いて出汁をとっておいて、フレッシュトマトと一緒にソースにしてお出ししてるのですが、これがおいしーーーんです!

鬼かさごとを丸ごと食べてる様な厚みと密度のある味わいになります。さらには、骨からとったお出汁のソースにすこーし「とろみ」がつくので、プリっとした身に良く絡んで、これまた美味しさを倍増してくれるのですよ。

あぁ、なんて素晴らしいっ!

本当に無駄の無い感じで、とても感動的です。骨から出るお出汁がこれだけ美味しいと、煮付けてもやっぱり美味しいはずですね。(結局、そこへ戻るっていう...笑)


f0054977_07223137.jpg

そして先日の「島サザエ」は、こんな感じでパスタにしました。島サザエのミネラリィな感じと苦みと、山菜の香りが春を感じさせてくれます。美味しそうだったなぁ〜....(うっとり♡)。好き嫌いが分かれますが、肝も一緒に添えました。(私は肝もしっかり食べる派です...って、だれも聞いてないってw)


そろそろタケノコも終わってくる時期だったり、丹下くんがひとりマルシェの告知をしていたり(5月1日からですよ〜)、もうすっかり、すぐそこに5月ですね。

そして、今週末からはGW。この時期、とっても過ごしやすい気候でお出かけの方も多いと思いますが、交通情報を聞いていると渋滞も多くなるみたいですし、くれぐれもお気をつけてお出かけくださいね!!




[PR]
# by gcpt | 2016-04-26 07:35 | 日々の出来事
f0054977_16452752.jpg


昨日は全然、お魚の入荷が無かったのだけど、今日はワンサカ!今季初の島栄螺(しまさざえ)も、三河の佐久島から届きました〜。もっと大きな栄螺もあったみたいですが、今回は蒸して柔らかくしてから、パスタに使う予定らしいので、粒ぞろいで頂いて来たらしいです。

でもほんとはね、つぼ焼にしたい...。梶田さんのお醤油たらして、つぼ焼きにしたいよぉぉぉ〜〜〜!!

という声は、毎度の事ながら、シェフには届かない様です....(涙)。こんなサザエ、ワイン飲みながら野外で食べたら、美味しいに決まってるよね〜〜〜っ。はぁ〜〜〜(ため息)。



[PR]
# by gcpt | 2016-04-24 16:56 | 日々の出来事

行者にんにくDAY。

f0054977_18065405.jpg

お昼前から降り出した雨がよく降ってますね。


こんな日は内職するにかぎるな〜と思っていた所へ、長野の行者にんにくが届きました。葉っぱの汚れをとるため1枚ずつ拭いて醤油漬けに。この醤油漬けにした醤油もなんだかんだと使い道が盛りだくさんなのも嬉しいです。


雨、早く止まないかなぁ〜とは思いつつも、雨上がりの畑や花壇の青々とした雰囲気がとても気持ちよかったりもしますよね。濡れるのはヤだけどね、ガマン、ガマン!



どうやって作るの?と質問があったので追記デス。


煮きったお酒と醤油を1:2ぐらいで、生姜のスライスを入れてます。みりん入りは甘みが増して食べやすくなる気がします。ウチはしっかり目の日本酒と梶田さんのお醤油濃い口だけのバージョンと、三河みりんを使ったバージョン、2種類作りました。この醤油漬けは調味料的に使うので、自然な風味でコクがあるのも嬉しいですね。


行者にんにくは赤い部分をはがして、キレイに拭いて、生のまま5センチぐらいでザクザク切って漬込むだけですよ〜。すごーく簡単ですよぅ♡




[PR]
# by gcpt | 2016-04-21 18:09 | 日々の出来事