<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小さい頃見ていたのは、たのきん全力投球だったのかなぁ。
あの頃の伊代ちゃん、カワイかったですよねー。
そのむかーし、教室の後ろで真似して遊んでました。(笑)
横をふんわり流す髪型、真似したりね〜。あぁ、なつかしいなぁ〜.....

という訳で!(←切り返しヘタクソすぎですねw)

昨日、27日にゴッチャポントは16歳になりました。
なんだかんだと17年目をスタートさせることができましたが、
それにホっとするような気持ちもありつつも、
まだまだな自分達に焦る様な気持ちもあったりして、
実はとっても複雑な感じなんです。

自分達だけ営業できるはずも無く、
こんな私たちを内側からも外側からも支えてくださる
みなさんがいてくれるからこそです。

本当にほんとーーーに、ありがとうございます!!!

ってことは、今年の夏は高校1年生の夏!( ̄▽ ̄)
ちょっと大人の階段登っちゃった...って感じの
とっても刺激的な時期ですね。(笑)
多感なお年頃のゴッチャポントですが、
中の人はほどほどにヨレヨレっとしてるので、
かなーりのマイペースな感じではありますがまた1年、
今よりもほんの少しだけでも前進できる様にがんばりたいと思います。

また1年、どうかよろしくお願いします!!

f0054977_19541835.jpg

右下にシェフ。モサモサ頭で空を見上げてました。
秋を感じる様な高い空が気持ちよかったです!

[PR]
by gcpt | 2015-08-28 19:56 | 日々の出来事
f0054977_15371587.jpg


天然キノこであるアカヤマドリをシンプルに楽しんで頂くパスタです。
手打ちパスタのタリアテッレで。
炒めたりバターの香りとの相性がいいのでとっても美味しいですよ!

今年は雨が少なく心配されてました夏キノコですが、
少しずつ入荷してます。
今は長野と岩手からのアカヤマドリが入荷してます。
夏キノコの代名詞ともいうべきアカヤマドリは、
イタリアではポルチーニ茸、
フランスではセップ茸といわれているものと同種類のキノコ。

f0054977_1554689.jpg


産直市場なんかでは「高級品!」とか書かれてるのを見かけます。
大きいと黄色が強くって、
炒めるとカレーの様な色になったりします。
それがなんだか食欲をそそるのですよ。
カレー色、恐るべし!( ̄▽ ̄)

f0054977_15553311.jpg


大きいのは30センチぐらいになるんだとか。
シェフが持ってるのも、普通に持ったら折れちゃっいまして。
はははははー。(汗)

........というワケでの逆サマです。(滝汗)

こちらはタマゴタケたち。

f0054977_1625057.jpg


タマゴタケはイタリアだとオーボリって言われてます。
この根元についてる白い殻からひょっこり現れるのが玉子の様で、
見た目もとってもかわい〜のです。

f0054977_1661189.jpg


すこーしだけヌメリのあるキノコです。
お肉やお魚の添え物として一緒に召し上がって頂いてます。

この他にはオオモミダケやチタケ、
アイタケとアカジコウというキノコも入荷してます。
どれもこの夏のキノコたち。

ただ、このコたちも8月で終わります。
9月には秋キノコが出て来きます。
香り高い天然マイタケとか、マツタケとか、
ヌメリのあるハナイグチとかアミタケとか。

あー、待ち遠しいですねぇ〜!

天然キノコの良さは香りや味わいもありますが、
自然豊かな山々の土が育ててくれるので、
土の中の生物多様な栄養素を、
土を直接食べられない人間が少しだけ分けてもらえるという、
そういった意味でも大切な存在です。
大切に頂きたいですね!
[PR]
by gcpt | 2015-08-10 16:19 | 日々の出来事
ジビエのお肉達や天然鮮魚達、
天然キノコや山菜を扱っていると、
あれ?っと思う事があります。

一部を除くのですが、
通常の飼育や栽培の物では感じ得ない力強さと言うか、
幼稚な表現で本当に分かりにくいかもしれないのですが、
山に生きるモノ達を食べたときの体がカ〜〜〜ッと熱くなる感覚とか、
海に生きるモノ達の力強さとか、生命のたくましさとか、
キノコを食べた翌日のデトックスぶりとか、
山菜を食べたときの頭がクリアになる、目が覚める様な感じとか。
いつもの食事では感じる事が少ない、あの感覚。
逆に市販の出来合いの食事をした時に感じる、
あのザラつく感じやベタつく感じは全くなく、
体がスッキリとしていく感じと、
体が自然に...というよりも
自動的にバランスをとっていっているような感じ。

お店にいると、
これって本当に食べれるの?とか、
クセがあるから絶対無理!とか、
そういうお話がツキモノです。

ならば反対に、
日々、日常的に口にいれている食べ物が安全か?っていうと、
自分達が知らないところでいろんな操作が行われていて、
それについて十分な告知がされている訳でもなく、
深く考えてない事も多いのではないかなぁ?と思う事もあります。
ちょっと考えるとおかしな事がいっぱいあるのに、なかなか気付かない。

食材が持つ栄養価の低下が深刻になって来ている現状を知らずにいる方も多く、
カロリーは高いのに栄養がないということは、
食べても食べても本当の意味で満たされることはないということになると、
体を使って食事をするのに、それはなんだか残念だと感じます...。

生きてる!って感じられるような食事をすることが
一部の人間だけになるというのも何だか寂しいな...って思うというか。
ただ知らないだけというなら、ぜひ知って、
今よりもホンのすこーしだけでも興味も持ってくれたなら
嬉しいなと思うというか。

私は健康オタクでもなですし、長生きしたい訳じゃないです。
人間という生物が生きると言う事がとても大変なことも、
今までの人間の辿った道を振り返ればすぐに分かるし、
それならば、生きている間をできるだけ有意義に生きたいと思っているだけで...。
生を受けたときから死ぬ事が分かっているのに、
病気をしていたら時間がもったいないし、
気を病んでいたら目の前に楽しい事が起こっても素直に楽しめないし。

カーゼ・コリーニのロレンツォさんの話は、
仕方ないという言葉で片付けてしまいがちな矛盾なコトが無く、
私にとってとても心地よいものなんです。

http://lorenzocorino.blogspot.it/search/label/versione%20giapponese

何度も何度も読み返すのですが、その度に新鮮に感じてます。

だからもっと楽しく生きる為に、
美味しい食事をしたいって思う。
美味しいお酒を飲みたいって思う。

難しいけど、本当はとても単純。
単純だからこそ、難しい。

そんなお話でした。
[PR]
by gcpt | 2015-08-10 15:24 | ひとりゴト

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログはヨメがゆるゆるで更新してます。


by gcpt