「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は、2014年の最終日。
大晦日ですね。

昨日の営業で2014年を締めくくらせて頂きました。
本当に本当に、ありがとうございました!

今年1年、
たくさんの我がままを通して行ったにも関わらず、
たくさんのお客様にご来店いただいて、
たくさんたくさん励まして頂いて、
なんと言っていいか分からないほどに、感謝しか無いです。

みなさんにそれぞれの1年があった様に、
私たちにも1年がありました。
良い事も悪い事も、
嬉しいことも悲しい事も悔しい事も楽しい事も、
全て含めての1年。

多くのことを経験させてもらった半面、
さらに自分達の足りない事をいっぱい感じ、
次へどう進むかを考える。
時々、絶望的な気持ちになる事もありますが、
やっぱり、この先に自分達が知る事があると知る事は、
とても楽しい事だと思う1年でもありました。


f0054977_2230632.jpg


今は、清々しい気持ちです。この写真の様に清々しい感じです。(笑)
何度も折れそうになりながらも、この1年、やり切れたんですから。

2015年もこんな私たちですが、お付き合い頂けると嬉しく思います。
(見捨てないでね...とも言いますがw)
素敵なお客様でいっぱいになるようなお店をめざし、
ゴッチャポントという空間と共に食事を楽しんで頂ける様に、
がんばって行く気満々な3人です。

どうか、よろしくお願いします!!!

そして最後に、もう1度。

ありがとうございましたー!!!
[PR]
by gcpt | 2014-12-31 22:53 | 日々の出来事
あー、目の下のクマじゃないですからね。(時期的にもw)
熊のクマです!

先日から、長野の下伊那から届いたツキノワグマのラグーソースを、
手打ちパスタでお出ししてます。

f0054977_1627359.jpg


月の輪熊。
そう聞くと、ものすっごくクセのあるお肉を想像される方が多いのですが、
実はとてもキレイなお肉なんです。
赤身の部分は、ただただ健やかな味わいで、
脂は融点がとても低くサラサラしていて口の中ですーっと無くなります。

そして、何故かものすっごく大根と合うんですよねー。
なんだろ?もうその絶妙っぷりったらないんです。(笑)

先日、お店にお越し下さったお客様が熊が実家から送られて来ると仰っていたので、
その調理法を聞いていたのですが、やっぱり大根がイチバンだと!
うわ〜、やっぱり〜!?なんて感じで、
その時のお話も、とても楽しかったです。

今では可愛いイメージのクマですが、
熊の生態を知るととても怖いなーって思ったりして。
でも、昔の人たちはそれと共存して来た訳で、
マタギと呼ばれる方達のいる村は熊を仕留めればお祭りになって。
熊肉には身体を温める効果があり滋養効果が高いとくれば、
寒い冬の贅沢なお肉だったんだなーと思う訳です。

実はわたし、少し前まで中華料理で熊の手が使われるぐらいしか
熊の知識は無かったのですが、知れば知るほどに奥が深く深く深く....。
知る事が面白い!というよりは、
心して食さなければ!と想う気持ちが強くなりました。

何はともあれ、やっぱり熊はとても美味しいお肉です。
ぜひ、いろんな方に食してもらいたい!ということで、
今年はパスタでご用意させて頂きました。

来季からはメインでもお出しできたらいいのにな....と思いつつ、
だから、もっともっとシェフには勉強してもらわないと!!

そうそう。熊と合うワイン。
いろいろ試したのですが、マッサヴェッキアでした。

f0054977_178656.jpg


なんだろー。
熊が、内側からわき上がる様な力のある味わいだから、
マッサヴェッキアの様なワインに合うのかな?

あの熊の力強さと「共にある」ってイメージでしょうか。
寄り添うって感じじゃなく、
どちらもお互いを尊重している感じでどちらもが凛としているんですよね...。

なんだかとっても不思議でした。
そうなる運命!って思うぐらいでしたから。
なんだか、すごいなぁー....と、圧倒されました。

ちなみに合わせたのは、ラ・クエルチョーラです。
(2005も2008も、どちらも良さがありました!)


さて。
今年もあと僅かですね。
体調が悪いってお話も良く聞くので、
寒い日が続きますが、温かくしてお過ごしくださいねー!
[PR]
by gcpt | 2014-12-24 17:04 | 食材の入荷情報
f0054977_13342866.jpg

宮城県の川崎町蔵王の麓の牧場で、
豚を育てている剛くんから豚さんが届きました!
剛くんのところの豚さんたちは、
自由に土掘りをしたり、ひなたぼっこしたりと、
大地を駆け回る日々を過ごしています。

そんな剛くんの豚さん。
ゴッチャポントでは、すっかり「タケシ豚」で
お馴染みになってしまったのですが(笑)、
今回は肩ロース。
2回ほど使わせて頂いた感じから、
今回は焼きで使うのと、脂でラルドを作る予定です。

タケシ豚は、焼いた時にお肉から出る肉汁が
とてもピュアでキレイなんです。
肉汁に雑味を感じるお肉もあるのですが、
このタケシ豚には感じないので、
そこからもお肉自体の、個体の強さを感じます。
前回のロースは、お肉が全然動かなかったこともあり、
(動かなかった=お肉が解れるのが進まなかった)
かなり寝かせてから使い出しました。

今回の肩ロースもとても楽しみです。
現在は肉身がピッシリしてるタケシ豚。
これだけピュアなら、身だけでなく、
脂も美味しそうに感じるので、とてもいいラルドが出来そうです。( ´ ▽ ` )

そして、こんな美味しそうな豚さんが来たので、
ワインも〜なんて思っていたら、
最近、エ・ヴィーノさんのところから
ヴィットーリオ・グラツィアーノという生産者の泡が届きました。
エミリア・ロマーニャ州モデナ近郊の生産者さんです。

f0054977_1348329.jpg


全ての作業をたった一人で畑仕事、ワイン醸造、ボトリングまでこなし、
醸造においても培養酵母や温度管理を行わず、木樽での醗酵、
オリ引きや瓶詰めも重力以外の負担をかけないという徹底ぶり。

味わいも力を感じるのですが、実にサックサク飲み進みます!
白泡、ロゼ泡、赤泡の3種類を作っていて、
どのワインもその力強さを感じながら、飲み心地も良いという
なんともイイ感じなんです!
あ、気付いたら無くなっちゃう〜ってタイプですね〜。(笑)

という訳で、タケシ豚にもよーく合いそうです。( ̄▽ ̄)

こういう事を考えてるの、本当に楽しいですね!
ラルドが出来たら、パンと一緒でもお手軽に美味しそうだし、
お魚と一緒に食べても美味しそうだな〜っ!


と言う訳で、
タケシ豚は只今、ロースの部分をお出ししてます。
年明けぐらいには肩ロースもお肉が解れてくると思いますので、
お出しできるのではないかと思います。


ぜひぜひ、ヴィットーリオ・グラツィアーノ共々、
よろしくお願いします!( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
by gcpt | 2014-12-17 16:53 | 食材の入荷情報
f0054977_15474934.jpg


今朝、ラジオを聞いていると、
今の時期のうなぎのことを季節外れのうなぎと紹介されていて、
3人でおいおい〜っ!と。(笑)

うなぎやハモは水が冷たくなって、
体に脂を抱く寒くなって来た頃が美味しいですね。
この時期のうなぎやハモを見ると、夏のうなぎやハモは、
やっぱり身が痩せているんだなぁ〜って改めて思います。

12月の初めの頃だったかな。
いつものお魚屋さんから三河の天然うなぎを分けて頂きました。
もの凄く身が厚く脂もきれいで、
どこまでいっても養殖とは違って、本当に美味しかった。
こういう食材を、本当に美味しい時に少しだけ頂けたら、
心からしあわせな気持ちになるね〜なんて、お客さんとも話してました。

ちなみに、このうなぎにものすっごく合うワインは、
ラディコンのピノグリージョと、(←最近はもう定番ですねw)
カステッラーダのロッソでした。

f0054977_162972.jpg

ピノグリージョ(2011)がちょっぴり大人な雰囲気になったせいか、
内側からうなぎに合う感じ、じわじわ同化していくようなイメージでした。

f0054977_1623586.jpg

カステッラーダのロッソとは、
うなぎがワインで包まれる様に合う感じでした。

どちらにしても、フリウリやヴェネトのワインと三河の食材は、
とても相性がいいですね。(^^)

ちなみに、私たちが食べたのはしっぽの方なので、
いい場所を召し上がったお客様達はどんな風に感じていたのかなぁ?
ものすっごく気になるーっ!!(よ、よだれ)

というわけで、
年末ということもあり、あぁ、来年も食べれるといいな!と、
目を細めながら、心ではアツーーーく思ったのでした〜。(笑)
[PR]
by gcpt | 2014-12-17 16:20 | ひとりゴト
夏から準備をしていたヴィナイオッティマーナ名古屋が終わり、
そのままフェスティヴァンも終わったので、
なんだか若干の燃え尽きた感もそこそこに、
たまった仕事をこなしてます、が!

....................溜めすぎました。お、終わらない.........(汗)

ははは、ははははー。(滝汗)


それはいいとして!
なんだかんだと日々の営業も忙しくさせて頂いていたので、
12月という実感もないまま、今を迎えてしまってますが、
食材も気がつけば冬を感じるものが多くて、
そっかぁ、冬だもんね〜なんて、改めて思ったりしてます。

f0054977_2161118.jpg
今日は伊那から届いた月輪熊の煮込みをシェフと近藤さんが仕込んでいました。
(左上はまかない大根!w)
グツグツ〜っといい香りです!

私はというと、
煮込みから漂う香りが、いい香りすぎてたまらんっ!と、
頭の中は滋賀で頂いた熊鍋でいっぱいになって、
あぁ、最後におうどん入れたり、雑炊にしたり、
熊の脂は美味しいお出汁が出ていいよなぁ〜♡と、
妄想が尽きなさすぎて、これまた仕事にならないデス、ハイ。(困)

ちなみに、ツキノワグマの煮込みはパスタでご用意する予定です。
今週末、来週には登場予定ですので、お楽しみに〜。(^^)

ワインは何が合うんだろう?まだ会わせてないので、ドキドキ。
ラディコンとか、美味しそうな気がするんだけどなー。ドキドキ。


そして、熊だけでなく、鴨もいっぱい入荷してます。

f0054977_22255952.jpg
これは鹿児島の出水から届いたコガモ。
身が小さいので炭火で焼いてます。
細かい骨ならバリバリっとイケちゃいます!
美味しいですよ〜。

f0054977_22211312.jpg
千葉の真鴨は千ロースはゆっくりローストで、
手羽と腿はコンフィにしてます。
2種類の調理法はなんだか得した気分になるんですよね。(←ビンボウ症w)

あとは、カルガモも来てますよ〜。(`◇´)ゞ

夏の終わりから秋にかけての天然キノコも終わって、
なんだか寂しいな〜なんて思っている間もなく、お肉がワンサカ!
なんだかテンション上がりますねー!!!

そうそう、天然キノコといえば、
ちょっとだけナメタケがあったので、スープにしてもらいました。
f0054977_08560073.jpg

キノコのスープ、シュレールと合うのねー!!
ベースが鶏のお出汁だからかなぁ?とも思ったのですが、
天然キノコにある渋みみたいなものと、
シュレールの味わいが一致する感じがあるんですよね。
そして、ワインのフルーティさがキノコにもあるんです。

ワインとキノコに同じ味があるなんて、なんて楽しいんだ!と、
フガフガしながら話してました(笑)。

岐阜や長野の方では結構、雪が降っていたみたいで、
ウチの車のタイヤもスタッドレスに変える時期になったので、
体を温かくして、この年末を乗り切りたいと思いますっ!!

みなさんも体調管理が難しい時期なので、
お風邪等ひかないように、くれぐれも気をつけてくださいね!




[PR]
by gcpt | 2014-12-06 01:13 | 食材の入荷情報

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログはヨメがゆるゆるで更新してます。


by gcpt