楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鮎ですね〜。

f0054977_08275497.jpg
夏ですね。祭りですねっ。花火ですねーっ。
この連休はいろいろお祭りも多いのかなぁ?
飲食店なんて仕事をしていると、お祭りとは全く無縁なんですけど、
やっぱり夏ですからねー。気になります。(笑)

そして、今年も鮎ですね〜。毎年恒例、鮎の焼きリゾット!
毎回、楽しみにしてくださる方がいる、季節の定番メニューでもありマス。
(実は7月初めからお出ししてます)

今回は、鮎の内臓のリエットの他に、
香草でマリネしたキュウリをリゾットの上に乗せてます。
これがまたサッパリします。


最近、和良川と馬瀬川の天然鮎をたべる機会がありました。
鮎を川指定で食べると、その個性が感じられて楽しいですね。

大きさによっても全然イメージが変わって来る鮎。
せっかく、岐阜の近くに住んでるんだもの、
もっと楽しまなくちゃもったいないな〜っと思ったりしてます。

某やきとり屋さんの方も、
釣りに行ってるみたいですしねー。(まだ届いてないぞーっ!w)


ワインはやっぱり麦茶色してるのがいいな!
白ブドウの果皮の感じが液体に溶け込んでいるような、
余韻に感じる渋みが、ちょっぴり熟した甘味に変換しているイメージのワインが、
とっても良く合います。
この間の馬瀬川の鮎の苦みは、
ヴォドピーヴェッツのヴィトフスカが良く合いました。
あのものすごく合う感じは、
ワインを作っているパオロにも体感して欲しいぐらい!
でもこの時期、日本に来る事はできないだろうし。
うーーーん....。

それにしても、おいしかったなぁ〜。(遠い目)



あ、かなり脱線してる...。

しかも自分の所のお料理の話は3行しか無い。

あはははー......。(汗)




稚鮎から始まって、若鮎、子持ち鮎、落ち鮎へ。
天然鮎の一生は短いですが、こんなにも楽しませてくれる。

季節を感じながら、感謝して頂きたいですね〜。(^^)



[PR]
by gcpt | 2014-07-20 08:58 | 日々の出来事

ほおずき!

f0054977_08524302.jpg

丹下くんが作ってくれす食用ホオズキ。
袋の部分をはずすと、と〜ってもキレイです。
袋をはずす地味な作業中もこの香りに癒されます。(笑)
味もマンゴーやライチのような感じのフルーティさがあり、
余韻のレモンの酸にも似たニュアンスがキリっと引き締めてくれます。

このホオズキ。
今日からおすすめのパスタで、
長崎の味菜自然村から届いたブタさんのラグーソースのアクセントに
使うことになってます。
フルーティさが甘味を引き立ててくれ、
この酸が煮込みソースをキリっと引き締めてくれるのですよね〜。
なんとも万能なお野菜です!

このホオズキを使ったマルメラータ(ジャム)の販売も、
もうあと少しだけになりました。
いっぱい買って頂き、ありがとうございます!

f0054977_09012666.jpg


こんなワインも入って来てます。
このワインについては、また今度、ゆっくりと話したいっ!
話したい事、書きたい事が満載のワインです。(笑)

ちなみの同じ作り手さんの2008年のワインもすごく美味しくなってます!
(どちらもグラスワインとしてお出ししてますよ〜)

ジメジメした蒸し暑い雨の日でも、少しだけ冷やし気味にして、
クイ〜って飲んじゃって欲しいなぁ〜。
暑くなりかけているこの時期の、
ちょっぴり疲れた体に染み込む事、間違い無し!デスっ。



[PR]
by gcpt | 2014-07-05 09:06 | 日々の出来事