楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GWが終わり、若干、放心状態です。(笑)
連休中日を除くと、とても忙しくさせて頂きました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

今年はヒマだと思っていたんです。
消費税だって上がったし、そりゃヒマになるでしょ?って。
だから目一杯、お仕事にして、お休みを少なくしてみたのですが、
嬉しい誤算....ですねー。あはははー....(汗)

GWを振り返り、入荷した食材達。(※備忘録)←しつこい!w

f0054977_873187.jpg


三河からあがった甘鯛。
そもそも、三河で甘鯛があがるなんて思ってもみませんでした。
しかも、すごーく大きくて、身もしっかり!
ソテーした時のウロコがパリパリで美味しそうでした〜。

甘鯛ラヴァーなお客様にお出しできて、
本当によかったなぁ〜!(^^)


f0054977_8105227.jpg


そして、シャコ!
今回のGWのイチバンの成果は、これじゃないかしら?
生のシャコを自分達でキレイに下処理できる様になりましたー。
もうこれで、シャコが大量に入荷してもコワくないっ!!(^^)
ホワイトアスパラのパンナコッタと一緒にお出ししてました。

シャコを買いたいけど剥くのがね〜って仰る方、
ぜひ、お声かけてくださいっ。
馴れちゃえば、すごーく簡単です!(^^)


f0054977_8152213.jpg


後は、何と言ってもアサリかなー。
渥美半島のアサリがとても美味しかったー!

深夜の賄いで食べたパスタも美味しかったなぁ....。

f0054977_815040.jpg


ちなみにこれ、丹下くんのトマトを使ってますが、
とっても絡みがよくて美味しかったです。

f0054977_817043.jpg


美濃のお友達(Hさん、ありがとー!!)が送ってくれた、
たらの芽とコシアブラ。
た〜っぷりお皿を彩ってくれました。

特にコシアブラはとても好きな山菜。
香りがとても良いのです!

幸せな時間でした〜。

【業務連絡】
Hさん、この間は全然お話しできなくてゴメンナサイー!
いつでも連絡ください〜。(^^)


f0054977_820417.jpg


そして、トラフグ(天然!)。
もうここまで来ると、お魚じゃないですね。
お肉です!

しっかりとした歯ごたえの前半と、
ねっとりとした旨味の増幅する後半と、
本当に面白い食材です。

身をカルパッチョに、その他の部位を煮こごりにしてますが、
お魚も捨てる所、無いですよねー。
(あ、毒のある部分は別ですよ!)

みんな一緒だなぁ〜って、つくづく思います。


f0054977_8283938.jpg


そして最後が、タケシくんの放牧豚。
宮城から届いた豚肉です。
コレについては、またゆっくりと書こう。
まだまだ若いタケシくんの豚さん、美味しかったな。

次回の入荷は9月になる様ですね。
大変だとは思うけど、本当にがんばって欲しい!


本当にごちそうさまでした!!!
大好きなお客様達と過ごした、毎日の様に楽しいGWでした。

さて、来年はどうなるだろう?
ウチの店が潰れてなければのハナシですけどね!(笑)

という訳で。

ウチが潰れない様に、みなさん、よろしくお願いしますっ。

↑他力本願でスイマセン!はははー。(汗)
[PR]
by gcpt | 2014-05-10 08:37 | 日々の出来事

Panezzaのパン

茨城で角谷さんという方がパンを焼いていらっしゃいます。

f0054977_8582671.jpg

「Panezza(パネッツァ」
http://panezza.jp/

HPのタイトルの後に

「茨城県、筑波山麓の古民家を改造し、薪窯でパンを焼いてます。
 ローマ郊外、ジェンツァーノのパンを基にしてます。
 酵母は小麦粉と水のみを混ぜて自然発酵させてます。
 イタリア料理に良く合うので、
 イタリアンを作るときはイタリアパンをどうですか?」

と、書いてあります。
イタリア料理にも、もちろん合うのですが、
素材感のあるお料理なら、なんだってピッタリ来る気がします。
一緒に食卓に並ぶ素材達から見たら、空気の様な存在のパン、
いなくなると不安になっちゃうパン。(彼女・彼氏みたいなもの!?笑)
「素材にそっと寄り添うパン」と言ったイメージでしょうか〜。

イタリア料理は素材感のあるお料理が多いので、当然と言えば当然かな!(^^)


角谷さんとは、
茨城にあるワインのインポーターさんにいらっしゃる時にお話させらもらい、
愛知県にゆかりがあるという話から、仲良くさせて頂いています。

お話ししていても、いつも元気でとっても楽しい角谷さん。
某所では「ヒゲパンマン」なんて、呼ばれてます。(笑)
そんな角谷さんが焼くパンですから、
とにかく陽気で、良い意味で素朴で、気取らず、
食べていて体に落ちて行く感じが心地よく、
すーーーっと馴染む様に入っていきます。

柔らかふんわり口どけが良い、という形容詞とは真逆にいて、
口をいっぱい動かして、ガジガシ噛んでたべるバン。
それでいて、体にすーーーっと入ってて行く感覚。
イヤな感じがなんにもない、うーん、なんて言ったら良いのかしら?
とにかく、すーーーっとです。

だから毎日食べたくなる!

お野菜との相性もよく、少しの食材にある塩で味わいが増幅します。
パン自体は水分量が少ないのでオリーブオイルや
乳製品のとの相性もよいです。
野菜とハム、野菜とチーズを挟んだだけで、
おいしいサンドイッチが出来ちゃう。
ただ挟むだけでいいーんです。究極のファストフード。(笑)
忙しい仕事の合間に、このサンドイッチをパクっと食べれば、
おいし〜って気持ちで満たされ、幸せになって、仕事が頑張れちゃう。
食べた後の体の軽さもすごく心地よいです。

大きなパンなので、
日が経つにつれて味わいが徐々に変わっていきますが、
美味しいのには変わりないので、
結局今回は、1週間近くなんだかんだと食べ方を変えつつ、
毎日食べていました。
なのに飽きないです、ほんと、ビックリするぐらい飽きない(笑)。
お米ラヴァーなウチのシェフとこんどーさんも、
毎日、バックバク食べてました。ゴハン〜って言わずに(笑)。

パンもワインもお野菜もお肉もお魚も同じ。みんな生きてますね〜。(^^)
生きてるから美味しいし、
生きていてくれるから最後までしっかり使える。
無駄にする事がないんですよね。
そこがみんな、一緒なんです。

季節によって味わいも変化し、それをパンで表現してくれる角谷さん。
角谷さんの分身の様なPanezzaのパン、
気になる方はお取り寄せもできますので、ぜひ、試してみて下さいっ。

ちなみに、ワインとパンがあれば、
もー、いっくらでも入っていきます。

お休みの日にダラダラとPanezzaのパンと一緒に飲んでたいなー。
(絶賛、妄想中)


さて、今日もお仕事、がんばりますっ!!
(現実に戻る様に言い聞かせてマスっ!)
[PR]
by gcpt | 2014-05-04 09:26 | ひとりゴト