<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0054977_08583050.jpg

今、お世話になっている魚屋さんの方は、
養殖の魚は極力避けたいと言います。
確かに海が荒れている時は全然、お魚がなく、
漁に出てる時はステキなお魚が並んでいます。
一般のお客さんも買うお店なので、
丁寧にした処理されたお魚が並んでいたりして、
主婦目線でも楽しいお魚屋さんなのです。

ではなぜ天然を扱いたいと感じてらっしゃるのか。

「本来、自然に育ててもらったものを
 必要なだけ食べているならば、
 それがボクはイチバンいいことだと思うから」

と、シェフにお話してくださったらしく、
その言葉にズキュン♡と来てしまったみたいで、
シェフも毎日、お魚屋さんに通ってます。(笑)


今まで食べていたお魚はなんだったんだろうね?
なんてことも、しばしば。
お魚も届きたてのフレッシュ感を感じたり、
熟成をかけてあげることでおいしさが増したり、
やっぱり奥が深いし、それが楽しい。

私たちは陸地にいるから海は別の様に感じるんだけど、
結局は海も陸地も繋がっているんだなーって、
お魚を扱っていると思います。

ジビエっていうと特別な物の様に感じますが、
海の中のお魚は、ただただジビエでしなかく、
「漁」をしてくれる漁師さんたちがいるから食すことができます。
海の中のものはその上の空気中にあるすべてと共存し、
成り立っている。命がグルグル回っているのです。

ひとつひとつのお魚に敬意を表ししっかりと食べきる事が大切だなぁ。
それには、おいしくしっかりと料理に仕上げる事が大切だなぁ。

そんな当たり前の事を、改めて決意させてくれる
情熱家のお魚屋さんが私たちに届けてくれるお魚を、
ぜひ召し上がって頂きたいですし、
美味しいお魚を育ててくれる自然を大切に感じていたいと、
なんだか強く思う日々です。






[PR]
by gcpt | 2014-01-10 09:16 | 自然に育ててもらったもの
f0054977_08084117.jpg
坂越(さこし)の牡蠣がおいしーのなんのって。

牡蠣というと、どうしても忘年会シーズンによく食べるので、 
この時期、なんとなく飽きちゃってる感もあるのですが、 
年末からスタートした手打ちパスタのキタッリーノ。

タコのラグーソースがベースになっているのですが、 
それとぷりっぷりの坂越の牡蠣と、
メニューではズワイガニのカニ身をのせてますが、 
旨味たっぷりな感じです。

牡蠣のお料理は寒い間、続けると思います。(らしいです!)
ぜひぜひ、お付き合いくださーい。(^^)

ワインは、中性的な魅力のある白ワインが合う気がします。
生の牡蠣だと、ジダリッヒとか、岡本さんのシャルドネとかもおいしそー。
火を通してあれば、もう少ししっかりしていてもいいかも。
ムレチニックとか、ヴォドピーヴェッツとか。
あぁ、妄想は続きますね〜。




[PR]
by gcpt | 2014-01-09 08:19 | 日々の出来事
あっという間に2013年が過ぎ去り、
さっそうと目の前に現れたのが2014年。

子供たちと一緒にガキ使を見終わった私に、2014年がひとこと。

「おまえ、このままじゃあっちゅー間だぞ?」と。

はいはい、分かってますって。



...............改めまして。

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。(ペコリ)

新年のご挨拶をしつつも、
実はゴッチャポントの営業は始まってます。

昨日、今日と食材が若干お肉よりでしたが、
明日は月曜日なのでお休みで、
明後日からはお魚も入って来ると思います。

あ、ワインは売るほどありますので、ご安心を〜♪

f0054977_16210626.jpg

さっき、このイル・ブオンヴィチーノのラベルを見ながら、
人をたくさん感じられる年になったらいいなーって思ってました。
握手っていろんなタイミングで行われるけど、
どれも前向きな感情のもとに交わされる約束みたいなタイミングだなぁ〜って。
「前向き」な、ね〜。


さて、今日の夜の営業も、
お正月に食べ過ぎた分を消化すべく、がんばりまーす。

こんな3人ですが、 今年もどうかよろしくおねがいしまーーーーす!

※ 年賀状をくださったみなさまへの業務連絡 ※
いろーんな都合により、今回は年賀状が書けませんでした。
これから少しずつお返事を兼ねながら書く予定でいますので、
どうか気長〜に待っててくださいね。
よろしくおねがいしまーす!



[PR]
by gcpt | 2014-01-05 17:10 | 日々の出来事

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログはヨメがゆるゆるで更新してます。


by gcpt