楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Remember

f0054977_953585.jpg

アリス・ウォータースの料理原則がつらつらと書かれている中で、

「食べ物は尊いということを忘れずに」

と、最後を締めくくっている。

「いただきます」

これも感謝の意味のこもった言葉。
食材である生き物(動物も植物も)の命を絶ち、
それらの命を貰い受けた(食した)人間が、
自分の命を維持し生存することの感謝を表す言葉。

すべてに命があると頭では分かっていても、
なかなか心底からそれを思う事は難しいですね。
特に植物にそれを感じるのは、声を発しない分、
さらに難しい様に思います。

「ごちそうさまでした」

これも馳走(奔走)して、食材を集め、
もてなしてくれたことへの感謝の言葉。

今、私たちがお店でお出ししている食材は、
たくさんの方の手を通って、私たちの元へ届きます。

例えば、飼われているコのお肉ならば、
そのコが食べるものを育てる方、そのご家族、一緒に働く方達、
それを与え、そのコを育てる方、そのご家族、一緒に働く方達、
それをさばき、食肉にしてくれる方、そのご家族、一緒に働く方達、
それをウチへ運んでくれる方、そのご家族、一緒に働く方達....
と、無限に人を介している訳です。

すべてに感謝をし、食べられる事の幸せを感じ、食べる事を考えたい。
食べる事が反射的な行動にならないように。

昨日、この本を貸してくださった方とじっくりお話をしました。
その方の思う事と、自分達の思う事と、
そのどれもが夢の様な話に聞こえるかもしれないけど、
よくよく考えて、きっと夢の様な話...じゃないと思うから、
それを伝えられる様に私も頑張らないと。

そんなことを思いながら、
ちょっとモヤモヤしていた気持ちが、晴れて来た様に感じました。

私たちがひとまず目標に出来るのが30年後という、新たな目標ができました。
あとはどうやってそこへ向かうか、考えたいと思います。

何かをがんばることができるのは、とっても幸せな事ですね!
[PR]
by gcpt | 2013-08-20 09:22 | ひとりゴト
しみじみ、美味しいなーと思ったシリーズ第2弾!
(奇跡的に更新できてマス)

f0054977_21394265.jpg


グリニョリーノ・ダスティ 2011/トリンケーロ

グリニョリーノって何じゃ?ってぐらい、
メジャーとは言えないこの品種。

メジャーじゃないだけで売れないからと、
どんどん引き抜かれている品種でもあるそうです。しかも、栽培も難しい。
作るのも難しいのに売れないんじゃ、仕方ないか〜って思ってしまいそうですが、
でもね、美味しいんです。
このトリンケーロのグリニョリーノ。

2009年もいっぱい使い、楽しかったワイン。
2011年が入って来ましたー。

色は淡いですけど、そんなの関係なくって、逆にキレイだと思う色調。
スパイシーながらもバランスよく、
余韻もしっかりしているので、お肉、食べたくなるわぁ〜って思います。

そう、このグリニョリーノ。
天候にも恵まれた2011年が、また素敵なんです。
開けたては、何となく大人しく感じるので、
前菜なんかにも合わせやすく、
赤から始めるのがお好きな方には、この時期的にも本当におすすめです。

冷やし気味でも全然美味しいですもの。
もちろん、温度が上がって来るといっぱい香りが出て来て楽しい。
温度が上がってくるのと同時に、時間も経過してるワケで、
グリニョリーノの人見知りな感じもほぐれ、
どんどん、素顔が見えて来ると、これがまー、素敵ですなんですよぅ〜。

食事に寄り添ってくれる、万能なこのグリニョリーノ。
ぜひ、お楽しみ頂きたいです。

今のウチのメニューからだと、馬のお肉とか、美味しそうだなぁ〜。
鳩とかと合わせでも良さそう。

考えるだけ楽しいですねー。(^^)

またもや、ヨ、ヨダレがぁぁぁ〜。
[PR]
by gcpt | 2013-08-09 21:44 | ワインのコト
ここ最近、お客様にお出ししてるワインで、
しみじみ、美味しいなーと思ったシリーズ第1弾。

先日、新しいヴィンテージの2011年が入って来て、
あ、そういえば、前のヴィンテージの2010年はどうなっているんだ?と
開けてみたアルヴァスは、とーっても可愛らしくなってました。(^^)

ちなみに2011年はまだ飲んでません。
早く飲みたいけど、どうしようかなぁ?と悩み中です。

f0054977_196993.jpg


パーネヴィーノ/アルヴァス 2010

サルディーニャのパーネ・ヴィーノ。
アルヴァスは、白ワインと赤ワインの中間の様な、本当に便利なワイン!
赤か白か迷っちゃうーって時に、ぴったりハマること間違いないっ。
この時期の、食欲な〜い!って雰囲気でも、
飲み始めるとスルスル〜っと入っていってしまいます。

色は麦茶の様な紅茶の様な、艶やかな色合いで、
香りも豊かで、味わいも軽くなく、濃くなく、心地いい感じです。

輸入元のヴィナイオータさんのコメントに、
とってもかわいいコトが書いてあって。
マルヴァジア主体で土着品種がイロイロ入ったアルヴァスについて、
パーネ・ヴィーノのジャンフランコが語ったものらしいのですが。


ただでさえ沢山の品種が一緒くたになるわけで、
 人だってそういう状況って大変じゃん?
 だから、できるだけ彼らに精神的ショックを与えないために、
 生まれ育った環境に近い温度や光量で
 醗酵を始めてあげたらいいかなぁと思って


(下記に詳しい輸入元コメントを載せてますので、ご興味のある方はぜひ!)


私がブドウなら、間違いなくジャンフランコのことを
「お父さん!」と呼ぶでしょうねー。(笑)
こんな風に想ってもらえてるなんて、
「待ってて、美味しくなるから!」と、やる気になります!(単純...)

ジャンフランコはきっと、ブドウにとって
最高の環境を作ってあげるのが仕事だと思っていて、
彼らが一生懸命がんばることのサポートをする。
なんだか、会社の上司と部下の様な感じもありますね。

そんなジャンフランコの作るワインはどれも、
味わいも豊かで飲むのが楽しくなり、
飲み終わった後、本当に優しい気持ちになります。

「癒される〜!」まさにそんな感じです。


こんなワインを夏の終わりに傾けつつ、
秋の訪れを期待しつつ、飲み干せたら幸せでしょうね〜。


あぁ、ヨダレが....。



【輸入元コメントより】

使用されている品種の1つ、マルヴァジーア(Malvasia)の中を取ってAlvas。
同時にAlvasはサルデーニャ語で白を意味します。
沢山の品種が使われているので、
酵母、酵素、そしてバクテリアもいろいろな種類がいたほうが
醗酵が円滑に進むと考え、屋外、コルクの木の下で醗酵を始めます。
屋外で始めるのにはもうひとつ理由があるそうで

『ただでさえ沢山の品種が一緒くたになるわけで、
人だってそういう状況って大変じゃん?
だから、できるだけ彼らに精神的ショックを与えないために、
生まれ育った環境に近い温度や光量で醗酵を始めてあげたらいいかなぁと思って』

とのこと…。
そして醗酵の最中、醗酵槽ごと『風邪をひかせないよう』に、
徐々に温度帯の低い、光も空気(の循環)もない所
(まずはセラー入り口付近に、そして徐々に内部へと・・・)へと運び込み、
果皮ごとの発酵後、圧搾し、ダミジャーナで熟成、ボトリング。


[PR]
by gcpt | 2013-08-09 19:20 | ワインのコト
昨日はとっても爽やかな1日でした。
この地区特有の猛烈に蒸す様な夏の暑さから、
少しずつ爽やかな乾燥した空気は入って来て、
若干、過ごしやすくなりましたね〜。

そんな日に飲みたい白ワイン。
アリアンナ・オキピンティのSP68。
2012年の白が入って来ました。

2011年は香りが出るまでに時間が少しかかりましたが、
2012年はもういい感じにアロマティックな香りがあり、味わいもすっきり!
この爽やかな空気にぴったりの白ワインです。

アルバネッロというブドウが主体のこのワイン。
少し冷やし気味でも、ちゃんと香りが伴って、ものすごーく心地よいです。
いっぱい汗をかいた日に、グビー!っと飲みたいですね〜。

f0054977_823163.jpg



そして。
同じ様にこの時期に飲みたいなーって思うこのワイン。
ドメーヌ・タカヒコさんのナカイブラン・ケルナーです。
すっきりとした後味と、
アロマティックな香りとのいい意味でのギャップが楽しい白です。
前菜からパスタ、今の時期ならこのままメインのお料理も行けちゃうなぁー。
随分と味わいに落ち着きが出て来ました。
食欲がわかないなぁ〜って思っていても、この心地よい味わいに、
うっかり胃が刺激されちゃいます。(笑)

f0054977_8413513.jpg


8月も4日が過ぎ、もうすぐお盆。
それを過ぎると9月。
もうすぐそこに秋がいますね。

秋は美味しい季節。
今から体調管理をしっかりして、万全の体勢で秋を迎えたい! (`Д´)ゞ


という訳で、今日も疲労回復の為のビタミン補給!という口実のもと、
美味しい白ワインをガブガブしたいと思いますっ。
[PR]
by gcpt | 2013-08-04 08:48 | ワインのコト