楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ワインがあんまり好きじゃなかった頃、
随分と前のことになるのですが、
まだその頃はシェフがワインを買っていて、
私も言われるがままに、飲んでいました。

当時は「よく分からん!」とか「ビールの方が気軽でいいや」とか、
本気で美味しいという感覚が分からず、
時々、自分に合うワインがあると「これなら飲める」とか思っていました。

ちなみに、今のゴッチャポントのワイン達は、
この頃の私が偉そーに「これなら飲める」と思ったワインで構成されてマス。(笑)

知らないだけで「わからん!」とか「ワインは難しい」と、
かなりの偏見を持っていた自分を振り返ると、
それ(この場合、勝手に思ってしまっている難しさ)
さえなければワインはもっと愛されていい飲み物じゃないのか?
そんなことに気付いたのが、
自分が好きなワインをお店でお客様に勧める様になってから...だったような。

気分によってオレンジジュースやリンゴジュース、
もしくはジンジャーエールと選べるのに、
ワインは難しくなっちゃうなんてイヤだなぁ、もっと簡単でいいのにって。

具体的に言うと、
気分的にさっぱりしたいとか、
何も考えず飲みたいとか、
今日は飲んだるぞーって感じとか、
それだけできっと「飲みたいワイン」は選べているのだと思うのです。

それを察して選ぶのが私の仕事ですから、
ご注文時にはその気分を伝えて頂ければ、十分たのしめると思うのです。

時々、話の途中で、
「ワインって分からないから何でもいいよ」って言われるのですが、
その時は

「ではでは、ご気分としては、ゆるゆるっとしたいですか?
 それとも、ガッツリ飲んでる〜って感じがいいですか?」

ちょっぴりオーバーアクションな私をみて、
ここで笑顔になってさえ頂ければ、
お客さんの肩の力が抜ければ、それで十分なんです。

あとは、私が美味しいと思ってるワインをお出しするだけ。
ワインのうんちくなんて、後からいくらでも知ることができますから。
ゴッチャポントというお店に来て頂いて、
美味しいと感じる「心」を開いてもらうことが大切だなぁって思います。


ただ時々、とんでもないワインに出会う時があります。
その後の人生を変えちゃう様な。
その時には素直にそれに従えるだけの、
自分の中にある柔軟で潜在的な気持ちに対応したいものですね。

f0054977_972018.jpg



彼のワインもそのウチのひとつ。
ヴォドピーヴェッツのヴィトフスカは、
私にワインに対する考え方を、肯定も否定もしてくれて、
優しく導いてくれている様に思います。

なのにね、さり気ないんですよ、このワイン。
ただの「美味しい」ワインにもなれて、
ものすごく「感動を伴う」ワインにもなれる。

このワインのすごさって、そこにあると思うのです。

またこのヴォドピーヴェッツについて、
ゆっくり書きたいと思います。


今日はこの辺でおしまい!
[PR]
by gcpt | 2013-04-27 09:22 | ワインのコト
今年は私たちがなかなか丹下くんとあわせられず、
ゴッチャポントでのひとりマルシェが1回しかできなくって、
2月以降、お問い合わせいただいてもお答えできずに、
なんだか寂しかったのですが、(す、すいませんーっ!)
本家の「ひとりマルシェ」が始まる時期になったのかと思うと、
そっちの方が焦りますね...。ははは、はははははー。(焦)


丹下くんのブログに告知があったので、
ウチのブログでも、ご紹介でーす!!

http://tange-nasu.hatenablog.com/entry/2013/04/27/031626

ことしもたくさんの方に丹下くんのお野菜を体感して頂きたいです。

特に、茄子は手でもぐだけで、食卓の一品に!
ズッキーニはサラダでも美味しいし、
トマトもそのままガブーってツマミになっちゃうし、
主婦の味方、酒飲みの味方、丹下くんですっ。

よろしくお願いしますっ!!
[PR]
by gcpt | 2013-04-27 07:49 | お知らせ
f0054977_23382353.jpg


神津牧場から届いたジャージー牛。

濃いめのミルクがでる乳牛として有名ですが、
お肉もおいしいんですよ〜。
焼いた香ばしさとお肉らしい甘味がイイ〜感じです。

ジャージー牛の肉質は柔らかです。
焼いても水分が飛んでいかないようなので、とってもジューシー。

栄養素的なお話なら、
体に吸収されやすい「ヘム鉄」が豊富だったり、
「βカロテン」は免疫力を強化してくれたり...。

ま、でもそんな云々より、美味しいってことの方が大切ですね!(^^)

パルミジャーノチーズと、フレッシュのお野菜と一緒に、
タリアータ仕立てにしてます。
噛んでいると甘味も出て来て、おいしいなぁ〜って思うお肉です。

カミカミしながらお肉を食べていると、
うっかりワインが進んじゃいますね!


ぜひぜひ〜っ。(^^)
[PR]
by gcpt | 2013-04-25 23:49 | 日々の出来事