楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0054977_1914782.jpg


パーチナのキアンティ・コッリ・セネージは、
もともと好きなワインです。

前にもこんな記事を書いていたぐらいで。
http://gcpt.exblog.jp/14086882/

前ヴィンテージの2005は、
優しい雰囲気で、じわーーーっとくるような味わい。

でもこの2006、ちょっと違います。
結構、どーだーっ!!って感じの存在感がヒシヒシと伝わり、
じわーっと来る...っていうよりは、バチンっ!と来るような雰囲気。

サンジョヴェーゼの美味しさがたっぷり詰まった、
パッツンパッツンの水風船にそぉ〜っと針で穴を開けたら、
パーーーーンって弾けて、楽しぃーーーっ!
わーい、飲むぞーーーーー!!


......みたいな(笑)。
え?これじゃ、分からないですか?やっぱり。

とにかく、美味しいから、楽しくなっちゃいます。
ワイワイっと食事をしながら、美味しいね、楽しいね〜って感じ。

スイスイな軽めのワインもそんな風に感じる時があるんですけど、
こういう絶対的に美味しいワインに感じられると、
より幅が広がって嬉しくなる様な気がします。

気分によって、
「ローザ パーチナ」にするか「キアンティ・コッリ・セネージ」にするか、
なーんて、とっても贅沢な感じですね〜。

昨日も4種類ぐらいで飲み比べていたのですが、
つい手が伸びたのが、このパーチナでした。

当分の間、ウチのハウスワインになりそう......(笑)。


このパーチナの2人も、今回、来日しています。
ちゃんと美味しいですねって、ステーファノとジョヴァンナに伝えたいです。

しゃちょうの記事はこちら。
http://vinaiota.exblog.jp/17100977/
(こんな風に書いてあると、畑を見たくなっちゃいます!)
[PR]
by gcpt | 2011-11-25 19:05 | ワインのコト
真鴨がお出しできるようになりました〜。
こんな感じでーす。

f0054977_8401712.jpg


オスの方がキメが細かくしっとりなのですが、
今回は味わい深いメスでのご提供になります。
という訳で、しっと〜りを心がけて、シェフが焼いてくれます!(^^)

ちなみに、手羽先、手羽中はコンフィになってます〜。
ガシガシっとイケますっ!


昨日、私達も食べました、実は(笑)。
今まで何度か食べてはいますが、
今回の入荷は、猟師さんの下処理が、ものすごく行き届いたものということで、
味わいにどれぐらいの差があるのか、興味があったのです。

ジビエですから、もちろん、個体差はものすごくあるのですが、
やっぱり、猟師さんの下処理も、大きく影響します。

何事も勉強ですから!!



............って、食べたいばっかりじゃないですよ、念のため。(笑)


口に入れたとたん、味わいが広がり、
グッと噛むごとに、旨味とものすごくキレイな後味が響いてきます!

ヤバーーーーーーーい!!(^^)


と、言う訳で、イル・サントのノヴェチェントを合わせて、
ホックホクの近藤さんと私。
ここ最近のノヴェチェントも、ほんとーに美味しくなってきました〜。

ガシガシ食べて、ごちそうさまをした頃には、
満足感からか、めちゃめちゃ眠い(笑)。

昨日の片付けは、本当に眠かった.............zzz



というわけで、不定期での入荷になりますが、
今季もがんばりまーーーーす!


よろしくお願いしますっ。
[PR]
by gcpt | 2011-11-24 08:43 | 日々の出来事

真鴨が美味しそうです。

f0054977_8563386.jpg


真鴨がお出しできるようになりましたー。
気になる方は、ぜひ、お声をかけてくださいねっ。
[PR]
by gcpt | 2011-11-23 08:58 | 日々の出来事
以前の自分の文章を読んで、
一生懸命書いてたなぁ...と、ちょっぴり反省。

という訳で、頑張ります!


ちょうど、今日、更新された太田しゃちょうのブログ
ラ カステッラーダの記事でしたね。

f0054977_15581742.jpg


ラ カステッラーダはフリウリ、北イタリアの生産者です。
彼の話を聞くときは、みんなが口を揃えて「とっても真面目」って。(笑)
それってスゴいですよね〜。
ひとりぐらい、違うことを言う人がいても良いと思いますが、
ほんと、みんなが「真面目」って言います。

詳しくは、しゃちょうのブログを見て頂くとして。

ものすごく特徴的な個性がある訳じゃないんですけど、
ちゃんと落ち着ける場所のあるワインというか、

「あぁ、美味しいね、こんなの、久々飲んだね〜」

って、しみじみ言ってしまう(笑)。

今回のビアンコ・デッラ・カステッラーダ 2004も、そんなワイン。
しかも、グラスをついつい口に運んでしまう。
気がついたら「あれ?ないの?」ってボトルを逆さにしちゃう...みたいな(笑)。

このビアンコは、ツヤツヤしたイメージの味わいがありました。
それが、本当にキレイで、ずっと見ていたい様な黄色いイメージです。
黄色いのにガチャガチャしてるわけじゃなく、
じんわーり、じんわーり、穏やかに響いてくる様なポカポカな感じ。

なのに、存在感はあるんですよ。
ニーコの写真を見てみれば、一目瞭然な感じの。


このラ・カステッラーダのワイン。
今はグラスでもお出しできます。

ぜひぜひ、お試しいただきたいです!
[PR]
by gcpt | 2011-11-19 16:19 | ワインのコト

BBQ、たのしかったー!

月曜日にお店でBBQをしました。

ワインは、Wの若槻さんやウチのワイン屋さんでもある湯原さんにお願いして、
駐車場でウチのシェフととりこころの岩田くんや、
ダール・フルットの片岡くんにも手伝ってもらい、
バタバタでしたが、なんとか、皆さんには楽しんで頂けた.......かな。

そして、みなさん、差し入れ、ありがとうございましたーーーーー!
美味しいワインと料理があるだけで、
気分はアガりますし、楽しいですよね〜。

f0054977_8392986.jpg



......とか言いつつ。
まったく写真を撮るのを忘れてまして.....( ̄Д ̄;) ガーン


雰囲気は、丹下くんのブログでお願いします!!
こちらから、どうぞ〜。→http://d.hatena.ne.jp/tangefarm/20111114/p1

この日のお野菜は丹下くんとトマト農家の石原くんのメルカートも出動。
みなさんにもお野菜を買って頂きました。

ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

第1回ということもあって、至らない点も多かったと思いますが、
第2回は、もう少し、手際が良くなっていると思いますので、
また、ぜひ、みなさん、ご一緒してくださいねっ!!!


それと。

みんなが将来を語ることができる方たちばかりで、本当に素敵だと思いました。
こうしよう、ああしよう!とか、こうしたらもっと良くなる!とか、
そんな話ができる方たちと知り合えたことが、もう幸せな事なんだって。

厳しい事もいっぱいありすぎて、折れそうになる事もあるけど、
場所は違うけど、みんながんばってる!って思うと、
私もがんばろう...なんて、思えてしまうから、不思議ですね(笑)。

ワイワイしながらのみんなの笑顔を見ていると、
よかったなぁ〜って思います。



さーて、年末に向けて、
かなり踏ん張らないとイケナイ時期に差し掛かってきました。
この楽しかった思い出を胸に、11月12月を乗り切ろうと思います!!
[PR]
by gcpt | 2011-11-19 08:36 | 日々の出来事
北海道から「蝦夷豚」と「蝦夷鹿」が入荷してます〜。

f0054977_16323859.jpg


蝦夷豚(↑画像は蝦夷豚です)は身がしっかりと赤く、
まるで牛の赤身みたい。脂は甘く、しっかりお肉の味わいもあります。
フレッシュなお野菜と一緒にお召し上がり頂きます。
ジューシーなしっかり目の赤ワインと合わせたいですね〜。

蝦夷鹿は、いつもみたいな感じです。(←丸投げなコメント...笑)
いやー、ほんと、冬の定番になってきてますよね〜。
リンゴのピューレとお野菜を添えてのご用意になります。



あーっ、ワイン飲みターーーーーーイ!!




あとは、真鴨が入荷しました。
もうちょっとしたらお出しできそうですね〜。

とにかく、こういったお肉は早い者勝ちですからねっ♪
[PR]
by gcpt | 2011-11-18 16:34 | 日々の出来事

お問い合わせが....

結構、ありまして。
現状の報告だけでも...と。

....って、クリスマスディナーなのですが。


(決まったのかー?)←常連さん達の声

す、すいません。
実は、まだ、何にも決まってません。
も、も、も、も、も、もちろん、予算も。


(今年もかー?)←常連さん達の声

あ、毎年のことですね....。
毎年、12月半ばにぐらいにしか決まらなくて、
って、ははは、はははははー。


最後の最後まで、食材の調達にメドがたつまで、
オッケーなんて出せないんですよね、ウチのシェフ。
これから12月まで、悶々とするんですよ、きっと。

ゲッソリしてる彼をみたら、
温かい目で見守って上げてください。

あ、ガンバレとか言っちゃ駄目ですよ!
オロロロロ〜.....ってなりますから。

そぉ〜〜〜〜っと。


と、こんな状態なのに、ウチのお客様達は「だいじょうぶでーす」と、
予約をされてます。

本当にありがとうございます!!


ちなみに、今のところ、やっぱり24日がいちばん人気です。
当然ですねー。


という訳で。

12月23日から25日まで、クリスマスディナーのみの営業になります。

22日(木)はランチ・ディナー共にお休み
26日(月)ディナーのみの営業 ランチはお休み

年内は、30日(金)ランチまでの営業

と、させて頂きます。


あと。
年末もですね、人数の多いご予約が入ってきているので、
お受けできない日もチョコチョコ、出てます。

まずは、お問い合わせくださいねー!
[PR]
by gcpt | 2011-11-13 07:49 | 日々の出来事

丹下くんの春菊を使って

f0054977_875795.jpg


丹下くんの春菊を使って、サルサベルデを作りました。
今回は、甘鯛と一緒にメインで。
スライスした松茸がフワ〜っと香って、いい感じです。
シャンピニオンのペーストとの相性もすごく良くってビックリでした。

秋も深まって....っていうほど、寒くないのも気になりますが、
それでも、ちょっとずつ、寒くなってきましたね。

それもあってか、
牛ほほ肉の煮込みとか、トリッパとギアラのモツ煮込みとか、
『〜煮込み』がよく出てます。

ワインもいろいろ入荷してます。
しかも、グラスでもバシっと開けてます!

ぜひぜひ、お立ち寄りください♪
[PR]
by gcpt | 2011-11-11 08:11 | 日々の出来事
連続投稿ですが(笑)。

鎌倉が面白そうなんですよー!
http://www.vinaiota.com/event/events/events.htm

何と言うか、「会いに行く!」って感じが、良いじゃないですか〜。
3組の生産者さん達がいるお店を、お客さんが回るんです。

どこいく?次は?って。
きっとテンション上がって、しかも酔っぱらって、
次に行くお店が分からなくなるかも!(←そんな飲むの!?笑)

詳細が上がっているので、ぜひぜひ、見てみてくださーい!
[PR]
by gcpt | 2011-11-09 09:08 | お知らせ
ヴィナイオッティマーナ HP
http://www.vinaiota.com/event/index.htm

最初は見るところが少なかったHPも、
ドンドン記事がアップされて、楽しくなってきましたね〜。

各会場の詳細も、徐々に決まってきてますし、
イベントへ参加するお店も増えて、それぞれにリンクが貼ってあったり、
ちゃんと予習していくと、楽しさ倍増しそうです!

そんな中、生産者さんのリンクが少ないので、
オータしゃしょうのブログから、紹介したいと思いマース。

造り手紹介 その1 
ラ・ビアンカーラ(アンジョリーノ マウレ) 

造り手紹介 その2
ダヴィデ スピッラレ

造り手紹介 その3 
ダニエーレ ピッチニン

造り手紹介 その4 
ダニエーレ ポルティナーリ

造り手紹介 その5 
カーサ コステ ピアーネ

造り手紹介 その6 
ヴィッラ ベッリーニ

造り手紹介 その7 
アルベルト アングイッソラ

と、今はこの7生産者さんのお話が、
しゃちょうの話と画像と一緒に見ることができます。

残り8組ですねー。しゃっちょう〜♪ワクワク。(←軽くプレッシャー)



ラ・ビアンカーラのアンジョリーノ夫妻がそっくりって事とか、

ダヴィデくんはシャイボーイだとか、

ウチでも大爆発していたビアンコ・デイ・ムーニの
ダニエーレ・ピッチニンくんが、
ものすっごいカッコイイってこととか、
しかも、彼女までもがステキってこととか、

ダニエーレ ポルティナーリと話したいのに、
なぜか、アンジョリーノがしゃべりまくりとか、

カーサ・コステ・ピアーネは飲み口すごく爽やかで、
極上の辛口カ〇ピスソーダとも言われている(!?)とか、
ラッファエーレの髪型、かわいー!とか、

ヴィッラ ベッリーニのチェチーリアは、
可愛らしい女性だし、ワインもどっか芯の通った優しさがステキなのに、
めっちゃ男前な心の持ち主だとか、
会ってお話ししたら、きっと惚れるだろうな...とか、

アルベルトは、ダヴィデくんよりシャイなのか!?とか、
しかも、ワインのラインナップも楽しみすぎる!とか、


そーんなことを感じで頂ける内容かと!!!!!



......って、ワインにあんまり関係しない部分ばっかり?あれれ?



ま、いいや。


オータしゃしょうのブログは、
私を含め、素人目には難しい言葉もいっぱい出てくるんですけど、
どこか「人」を感じさせてくれる内容になっているのが面白くって、
みんなにも、読んでほしいな〜って思うのです。

ワインを通した向こう側にいる作り手さん達が、
どう考えて、どう悩んで、どう喜んでいるのか。
そして、ワインにどう反映されているのか。

そんなことを感じながら1本のワインと向き合うのも、
素敵な時間だと思うのです。

音楽を聴くように、
本を読むように、
いろんなことを感じられるワインがあるってことが、
幸せだなぁ〜と思うこの頃。



いやー、でもでも、イベント当日は、誰と写真を撮るか!とか、
ものすっごくポイントじゃないですか?
そのためにも、しっか〜り予習しましょうっ。



.......私ですか?
そりゃもー、決まってます。エヘヘ♪



まだまだ、更新される予定ですので、
みなさん、見逃さないように!!
[PR]
by gcpt | 2011-11-09 08:55 | お知らせ