<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

料理男子

f0054977_854069.jpg


「料理男子」なんて本があるんですね〜。
最近は、料理が上手な男性も増えてますものね。

お店でも、どうやって作るんですか?って、
男性から質問される事が、結構、頻繁にあります。


そんな「料理男子」の中に、ちょっと面白いワインの話が載ってます。

f0054977_8105279.jpg


beautempsの石井さんの記事。
数ページに渡っての石井さんワールド。

普段、よく思う事が書いてありました。
伝えたいなぁって思う事とかも、分かりやすく。

例えば、ヴィンテージなんて関係ない、とか。

よく、これはどういうヴィンテージ?
なんて話になりますが、
正直なことを言ってしまうと、本当に関係ない。

良い作り手さんは、しっかりとブドウと向き合っているから、
恵まれたヴィンテージはもちろんですけど、
恵まれなかったヴィンテージでも、ちゃんとワインを美味しく仕上げてくれます。

イタリアで言うと、2001年は素晴らしい年。
だけど、2011年という現在でも、
ワインが堅くて本領発揮できてないものも多々、見られます。
高価なワインに成ればなるほど、その傾向が強く、
長期熟成に向くようになっていることもあって開けるのがコワい。

一方、2002年はあんまり恵まれなかった年。
作り手さんはみんな、すごくすごーく苦労していたみたいだけど、
同じように1年、しっかり向き合ったブドウを無駄にしないように、
一生懸命、頑張ってくれるから、
早くから美味しく飲めるワインがたくさんありました。

よい作り手さんは、
ちゃんとその年をワインで表現することができるのですよね。

ってことは、毎年毎年、全く同じ味わいではないってこと。

ってことはですよ。
1回飲んだからって、その作り手さんを制覇した事には、
ならないってことです!

いやー、楽しすぎます(笑)。

しかも。
毎年毎年、作り手さんも成長します。
毎年楽しむ事によって、その成長も、ジワジワ伝わってくるんです。

大好きな作り手さんがいたら、その人がワインを作ってくれる限り、
毎年の楽しみができるってもんじゃないですかー。

丹下くんの茄子が、待ち遠しいのと同じ、
渡辺くん家の銀杏が、待ち遠しいのと同じ、
毎年仕込むカラスミが、待ち遠しいのと同じなんですよね。

そんな感じの事が、私の文章の様に暑苦しくなく、
さら〜っとサワヤカに読みやすく書いてあるのが、この記事です(笑)。


興味のある方は、ぜひ!
石井さんの情熱とともに、ワインを好きになってもらえると思います♪
[PR]
by gcpt | 2011-10-29 08:44 | ワインあれこれ

カラスミ〜。

f0054977_0555312.jpg


2週間前にこんなだったのが、

f0054977_0573157.jpg


こんなんになりましたー!

f0054977_102260.jpg


一昨年だったかな?
丹下くんのカブと一緒にカラスミをお出ししていて、
すごく好きでいてくれた方が、たまたま今日いらっしゃったので、
早速、お出ししました〜。

カブと食べると美味しいんですよね〜。

ウチのカラスミは赤ワインと合うことが多いように思います。
昨日の夜、カンティーナ・ジャルディーノの
レ・フォーレと頂いたら、もー、素敵♪
ちょっと、ジューシーな果実感のある赤の方が合わせやすいのかな?

今日は、トリンケーロのビアンコと。
茶色ワインなせいか、これまた、合うー!

とっても面白かったです。

カブのサラダは、メニューに載ってないので、
気になる方は、お声をかけてくださいね〜。
[PR]
by gcpt | 2011-10-29 01:06 | 日々の出来事

ヴィナイオッティマーナ

ヴィナイオッティマーナ 2011。
11月26日(土)〜12月3日(土)の1週間、
全国各地で行われるワインのイベントです。

自由でステキすぎるイタリアワインを輸入するヴィナイオータさん。
その生産者15組の来日が決まったのでーーーす!


えへへ、うれしい♪


だーいすきな、カーゼコリーニのロレンツォとかぁ、
だーいすきな、サッサイアを作ってるアンジョリーノとかぁ、
だーいすきな、シチリアのかわいいアリアンナとかぁ、

.........
.........
.........


もう、いい?(笑)


イタリアから日本へ、しかも1度にこんなにたくさん来てくれるなんて、
会えるし、飲めるという本当に夢の様なお話です。

私達は3日の東京会場で、
たっくさーーーーーん「好き!」を言って来ようと思ってます!!!

東京会場へ行かれる方は、ぜひ、お声かけてくださいね。
すばらしい巨匠たちの間で、ひっそり参加してますから(笑)。

詳しくは太田しゃちょうのブログを見てもらって、
私は私でイベントまで、私のド素人な感じの想いを書けたら良いなぁ...。


ヴィナイオッティマーナ HP
http://www.vinaiota.com/event/

オータしゃちょうの風雲録 Blog
http://vinaiota.exblog.jp/


よろしくお願いします!!
[PR]
by gcpt | 2011-10-23 09:07 | ヴィナイオッティマーナ

無花果ジャムでーす。

f0054977_1652191.jpg


酒井さん家のイチジクとローズマリーのマルメラータ。
(クルミ入り)

店内でこっそり販売開始してマス♪

ヨーグルトに入れてヨシ、
パンにぬってヨシ、
お肉に、チーズに、サラダに。

何でも来いっ!って感じです(笑)。

無花果って、アルカリ性の食品で、
消化を促進してくれたりするらしく、
酸性食品(お肉とかのタンパク質)の多い食卓を、
しっかりサポートしてくれるんですってー!

わたし、全然、知りませんでした。(^^;)

お酒を飲んだ後とかも2日酔いになりにくくしてくれるみたいで、
いやー、脱帽です(笑)。

おうち飲みの締めに、チーズとイチジクジャムなんて、
あぁ、素敵過ぎっ!

もともと、無花果って美味しいから好きなんですけど、
こんなにいろんな活躍どころがあるとは知りませんでした。

そんな無花果ジャム、ぜひぜひ♪


そうそう。
f0054977_16132292.jpg


この画像ですが、1年生の無花果です。
キウイみたいな形してて、不思議ですね。
酒井さんの1年目の樹から穫れたイチジクで、
1年生の樹には、この形の実が成るんですって。

1個だけ、入れてくれました。

美味しくないなんて書いてありますが、
本当は「若い」って表現のが合ってる感じでした♪


酒井さん、いつもありがとうございます!!
[PR]
by gcpt | 2011-10-21 16:16 | 日々の出来事
f0054977_052166.jpg


丹下くんの野菜が始まりました!
うれしーっ。カブカブっ。

丹下くんの蕪は、本当に甘くって美味しい。
だから毎年、楽しみで仕方ないのです。

生で食べて良し、煮込んで良し、焼いて良し。
何やっても美味しいっ。

他には、カラシ菜やワサビ菜も入荷してます。
バジルもーっ。(またバジルのフォカッチャが始まります〜)

美味しいものが入って来ると、それだけでテンションが上がりますね!
[PR]
by gcpt | 2011-10-21 00:08 | 日々の出来事
f0054977_9125470.jpg


広島県産 幻霜豚のグリル

幻霜豚は、しっと〜りして、あま〜く感じられます。
「霜」ってことは、サシですが、
サシがワサ〜っとクドく入っている訳じゃなく、
お肉が甘く感じられる程度のサシのバランスが良いのだと思われます。
(↑食べたイメージがこんな感じでした)

バランスのよいお肉って、パクパクいけますね。
お野菜と一緒に、しっかりビタミンを補給!
夏の疲れをしっかりとって、食欲の秋を満喫して、
寒ーい冬に備えなくっちゃ!



.......とか、食べたいばっかりじゃあ、ないです。ハイ。
[PR]
by gcpt | 2011-10-08 09:22 | 日々の出来事

銀杏のニョッキ

f0054977_18534410.jpg


渡辺くんの銀杏を使って、ニョッキを作りました。
ほんのりグリーンの銀杏がのぞく感じが、かわい〜。

オイルベースで椎茸とホタテとの相性もバッチリ。
召し上がって頂いたお客様には、喜んでもらってマス♪

ノーマルのニョッキもすごく人気がありますが、
こちらは季節のものという事で、秋を楽しんで頂ければ嬉しいです〜。


しっとりワインを片手に、ゆっく〜り食事なんてのも、
似合う季節になってきましたね!

おススメのワインもたっくさん、揃ってますので、
お気軽にお声をかけてくださいね〜。
[PR]
by gcpt | 2011-10-06 19:01 | 日々の出来事
ワインって、いつも同じ味じゃない。
少しずつ変わったり、大幅に変わったり。

生き物の成長する感覚を感じられる。
そんなところも魅力だったりして。

このワインもそうかなぁ、と。
カミッロ・ドナーティのマルヴァジア・フェルモ。
カミッロの場合のフェルモは、スティル(発泡していない)の意味を持ちます。

もともと、私はカミッロのフリッザンテ(発泡しているワイン)で
彼のワインと出会っていて、
その時は、ワインを開ける度に、その泡の強さがまちまちだったことに、
ものすごく悩まされました。

もちろん、私の経験不足だったからです。

今なら、迷わず、次のワインを開けて、
泡が弱ければ、白ワインとしておすすめしちゃう作戦に出ますけど(笑)。
美味しい泡は、美味しいスティルになる!って確信があります。

それもあって、
2年ぐらい前に買ったマルヴァジアはフェルモを選んでました。
当時はベルギービールのようなニュアンスにドライな味わいでした。
こんなワインも凄く素敵だなぁって思って、おすすめワインとして使ってました。

それを、1本だけとっておいて。

余談ですが...。

気になるワインって、1、2本だけ取って置いて、数年後に飲みます。
それをすることによって、ワインの成長を感じることができ、
より作り手さんのことを知ることができる様な気がするのですよね。
お料理もそうですね。
料理人も成長するので、同じ料理でも、少しずつ、変わって行きますもの。
それが「人」が作るということの、楽しみでもありますね!


f0054977_7452215.jpg


つい先日、なんとなーく気になって飲んだら、
ものすごくフルーティ&フローラルになっていて、フワッフワしたイメージに。
(↑の画像をみても、泡はないですよね?)

それと同じヴィンテージ・同じブドウのワインなはずが、
今回の日本入荷分は、シュワシュワ、ピッチピチのフレッシュちゃんなのです。
(↓の画像が今回入荷分のマルヴァジア)

フェルモはスティルワイン(発泡していないワイン)という事だったはずが、
ワインをそそぐと、シュワワワ〜って。

どうも、酵母が生きていて、
再発酵をしはじめちゃったご様子です(笑)。

f0054977_7461112.jpg


下からシュワシュワと泡の線が登ってきてます。
この画像で3日目ぐらいなので、
抜栓直後は、相当なシュワシュワ感があって、ステキですよ!


なんだか、感動しちゃいました。
酵母が生きてる...っていうか、ワインって生き物!って、
肌で感じられたっていうか。

いや〜、ヤラれました!

そんなカミッロから太田さんへの手紙部分。
とっても可愛いので、引用させて頂きます。

もうちょっと詳しく知りたい方は、ぜひ、太田さんのブログを。



太田さんのブログ
http://vinaiota.exblog.jp/16412054/

以下、カミッロの手紙です。
(太田さんのブログから引用)

チャオ 久人

ここ数年の間に、
僕が“生きているワイン”から学んだことといえば、
自然界においては2+2が常に4になるわけではないということで、
今回の話を聞いても特に驚くこともないし、
むしろ大いに感動しちゃったくらいだよ。

このことは、僕のワインがナチュラルで、
生きているということを1点の曇りもなく証明してくれているとも
言えるわけで、とてもとても嬉しいよ。

そんな話を聞かせてくれて本当にありがとう!

だけど、今回の出来事に関して科学的(化学的?)な説明を僕に期待しているとしたら、
がっかりさせることになっちゃうなぁ。
しばらく前から、(自然に対しての)自分の立ち位置や
アプローチの仕方を変えてしまっていて、
自然界にあるいくつかの“ミステリー”を理解しようとするのを諦めることにしたんだよね。
ブドウの樹が、大いなる寛大さと共に僕達に分け与えてくれる、
ミステリアスで心を捉えて放さないワインという飲み物を、
謙虚さと共にじっと見守り、感嘆し、いとおしみ、驚き、感動していたいんだ。

僕のようなちっぽけな存在にも、
この素晴らしい事象の一端を担わせてくれていることを神にも感謝!!

君のお客さんが、
自然なワインが持つ言葉に尽くせないほどの驚きの数々のほんの一部分だけでも、
喜びと共に体感しつつ、理解し、受け入れてくれることを祈っているよ。

                                カミッロ





ね!カミッロって、とても可愛らしい人だと感じませんか?
こんな素敵な方の作ったワインですもの。

やっぱり素敵に決まってますよね〜(笑)。
[PR]
by gcpt | 2011-10-04 07:55 | イタリアワイン

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログはヨメがゆるゆるで更新してます。


by gcpt