楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あ、暑いですね。
まだ6月だなんて、この先、どうなるのやら。
考えられないです...。

さてさて。
チャリティーTシャツの中間報告をしたいと思います。

5月末から1ヶ月間、「44枚」を販売させて頂き、
残り31枚となりました。

お買い上げいただきましたみなさま、
本当にありがとうございました!!

半分を越えたので、一度、目黒シェフへ、
24日付けで送金させて頂きました。


Tシャツ 44枚分 132,000円
   内 材料費  50,820円
----------------------------------------
目黒シェフへの送金分 81,180円


と、こんな感じになりました。
もちろん、材料費も岡本さんへ送金済みです。

残り31枚。
こちらも引き続き、販売していますので、
よろしくお願いします。

アルフィオーレ 目黒シェフのブログはこちら!

http://blog.livedoor.jp/al_fiore/

今は学校給食支援をされているようです。
子供たちの給食が十分でない...という記事を目にする度、
やっぱり心が痛みます。
育ち盛りの子供たちが、元気になってくれますように!

目黒シェフのお店も人手不足の様で、
だんだん暑くなると、アルフィオーレの方たちの健康も心配です。



そして、ちょっとだけ告知。

2月にお伺いした自由が丘のmondoさん。
定期的にボランティア活動をされているのですが、
今度の7月6日に、また炊き出しへ行かれるのだそうです。

そのときに、一緒に持って行ってくださるということで、
肌着と防虫剤を送らせて頂きました。

関連記事
http://miyakiya.exblog.jp/
http://ameblo.jp/mondofishingclub/entry-10933235566.html

まだまだ、厳しい状況の中、頑張っていらっしゃる方々の生活が、
ちょっとだけでも、改善されるといいな...と思うのですが、
この暑さの中では、それも難しいのかと。
着替えだけでも、少しだけでも...と思い、今回、協力させて頂いてます。

暑い中の炊き出しも大変だとは思いますが、
みんなに元気になってもらえるようなおいしい食事を、
宮木シェフ、田村さん、よろしくお願いします!
[PR]
by gcpt | 2011-06-28 23:58 | お知らせ

最近のオススメ2種。

最近、美味しいなぁ...って思うワインを2種。

f0054977_21545426.jpg


ダニエーレ・ピッチニン
 /ロッソ・デイ・ムーニ 2008 

半年前までピチピチだった発泡も、
ずいぶんと落ち着いて来ました。
確かに、リリース直後も発泡が心地よくっていいですけど、
時間が経つと、より柔か〜くなって来て、
たくさんのバラバラだったものがまとまって、
香りの広がりも良くなって来てる気がします。

あれ?これって、行き当たりばったりか?と思った事が、
ううん、違う!これスゲーっ!!って、確信になって行く感じです。

(あら?この言い回しじゃ、余計に難しくしてる?)

最初はセラーから出した温度から始めて、
だんだん常温に戻っていく感じ。
この時期の食事をゆっくり進めるのにはピッタリ来てる気がします。

カベルネとメルローのブレンドなので、
普段なら、あんまり飲まない組み合わせなのに、
カベルネの青っぽい所もなく、メルローの出ちゃってるような感じも無く、
ダニエーレくんのロッソは、心地よくって大好きなのですよね。

やっぱりワインは作り手さんだなぁ....と、
つくづく思うことのできるワインです。

このダニエーレくんの「モンテマーグロ」って白も、
凄く素敵なんですが、それは、また今度にしまーす。



も、ひとつ。

f0054977_21552965.jpg


モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ
 /コエノビウム 2007 

これも、現行は2008ヴィンテージになってるみたいですが、
この2007が、美味しいの(笑)。

前(いつだったかな?あやふや)に飲んだ時には、
ちょっぴり還元していて、味わいもボヤケている感じで。
それはそれで面白くて、美味しいと感じるんです。

でも、ここ最近、特に、香りも味わいも出て来てて、
ピシっとくる感じもあるのです。

昨日、生ハムやサラミを一緒に頂いたのですが、
もう、ガブガブいけちゃいますね。

........ってか、ちょっと飲み過ぎちゃうのでアブナイかも。


ワインの良い所のひとつに、
成長する過程を見ることができるってことがあります。
ちゃんとした生産者さんは、どんな気候であっても、
ちゃんと考えて、ワインを仕上げているはずだから、
今はちょっとだけマイナスなトコロもあるけど、
温かく見守ってみよう!って思える。

私自身、今の私だけで判断してほしくないって想う気持ちと、
重なっているかもしれないですね(笑)。

ワインの良い所を探して、そこを好きになる。
欠点だって、チャームポイントになったりして。

不完全から完全へ、ちょっとずつ成長する過程を見るのも、
楽しみの一つなんて、ワクワクしませんか?

そんな楽しみ方だって、いいですよね?
ワインは、自由なんですから。




と、思うこの頃。

私も一緒に成長しなくちゃ。



うーん、正直、それがイチバン焦る.....
[PR]
by gcpt | 2011-06-09 22:07 | ワイン(お酒)のコト

貝が続く....

最近、貝づいちゃってるますが。

まずは、トコブシ。

トコブシといえば、
よく、ウチの母がコロコロ〜っと煮込んでくれ、
日本酒が進んじゃって仕方なかったな...と。
私の中では「和」の要素が強かったのです。

そんなトコブシ、その肝のソースといっしょに食べると、
めちゃめちゃウんまいーっ。
なに、この肝のソースって〜!(笑)

f0054977_16571534.jpg



あと、ずっと上手にできなかったアワビ。
なんだか、コツを掴んだようで、
ようやく美味しくできるようになりました。
(あ、私じゃなく、シェフがですよ〜)

f0054977_16585499.jpg


ナスのスープに浮かべて。

ちょっとしたことだったんですけどね。
彼には長い道のりでした。
あとは、1皿に完成させるのみ。

あ、でも、ここからが長い時があるので要注意!!(笑)


私はというと、
これにピコを合わせて、ホックホクしてました。

f0054977_1761651.jpg


なぜか、貝類にラ・ビアンカーラのワインが良く合います。
サッサイアのマグナム、買っておいて良かったぁ!

「葡萄酒蔵ゆはら」へ、リンク貼ったりして(笑)
[PR]
by gcpt | 2011-06-06 17:15 | 日々の出来事
日本で作られているビールを2種、
扱うことにしました。

大好きなベアードビールと箕面ビール。

f0054977_12101615.jpg


箕面ブリュワリー
 /箕面ビール・ヴェイツェン

箕面ビールは、大阪の箕面市にあり、
3人の姉妹が切り盛りするブルワリーだそうです。

http://www.minoh-beer.jp/

美味しいよって頂いてから、
一目惚れというか、一飲惚れというか。
とにかく、優しくってフルーティで美味しいのです。

このヴァイツェン。
ノンフィルターで少し濁ってます。
小麦が使われているらしく、
クリーミィさ、バナナとか、そんな感じのフルーティさがあります。
爽やかな味わいが、これからの時期にピッタリなんです。

f0054977_12111590.jpg


ベアード・ブルーイング
 /ライジングサン・ペールエール

ライジングサンは、グレープフルーツっぽさやライチっぽい、
柑橘っぽさがあって、とってもフルーティ。
箕面ビールより、しっかりした印象です。
インパクト、あると思いますよ〜。


茨城に行った時に連れて行って頂いたバーで、
ベアードビールを飲んだのは、夕方からワイワイ飲んでいて、
あ〜楽しかったなぁって思っていた、夜もかなり更けた頃。

あと1軒だけ、連れて行きたい所があるということで、
連れて行ってもらったのですが、
正直、もう、飲めないよぅ〜なんて思ってました。

でも、お店について出してもらったビールが、
今までのビールの常識では考えられない味。
しかも、日本で作ってると!


あーっ!これ、おいし〜っ!!

と、結局、2杯、頂いたのでした(笑)。
ものすごく衝撃的で、帰って来てすぐにお取り寄せしたことは言うまでもなく、
チョイチョイ買っていたんですよね。

本当はもっとアイテムがあるので、他のも扱いたいのですが、
一度に増やしても...ということで、
このライジングサンを1種のみ。

本当はここの黒ビールとか、好きなんですよ〜(笑)

http://bairdbeer.com/ja/

そんなこんなで、
自分たちも好きだし、どうせ、いつもお取り寄せしてるなら、
お店のお客さんにも楽しんで頂こう!と言うことになりました。
食前に、1本をお二人で分けっことかも、おすすめかも。

日本もまだまだ、美味しい物がたくさんあるって感じたビールたち。
ぜひぜひ、ご堪能くださいませっ。
[PR]
by gcpt | 2011-06-06 12:19 | 日々の出来事