<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0054977_1411199.jpg


アルベルト・アングイッソラ
 /カゼ・リヴァ・デル・チリエージョ 2004 

エミリア・ロマーニャといえば、トスカーナの東側。
ロンバルディアやヴェネトの南にあたる中部イタリアです。

ボローニャが州都。
あ、パスタで「ボロネーゼ」とか言うじゃないですか。
あれは「食通の都」である北部のボローニャの裕福層が、
フランス料理の煮込み(ラグー)を真似て、
贅沢に作らせたのが起源とも言われるんだとか。(wikipediaより)
エミリア・ロマーニャは美味しい食材、多いですものね〜。

そんなエミリア・ロマーニャで作られているのがこのピノ・ネロ。
ピノ・ネロはフランス語でピノ・ノワールです。


ですが!!

アルベルト・アングイッソラのピノ・ネロは、
「ピノ・ノワールらしさ」はありません!(言い切っちゃった........笑)
ブラインドなら「何か違うけど、サンジョヴェーゼ」とか、言っちゃうかも。
「バルバレスコみたい」って意見もあったみたいです。

でも、どこか「赤系果実味」を感じつつ、ん〜と頭を抱える。
サンジョヴェーゼじゃないよなぁ.........と。

そうなんです!
すごくエミリア・ロマーニャらしさを感じるんです。
凝縮した果実感と、インクを思わすニュアンス、
はっきりはしているんですが、どこか柔らかな骨格........云々。
それらが、このピノ・ネロからもはっきりと感じるのです。

アングイッソラ自身、エミリア・ロマーニャの個性を、
しっかり感じてもらえるワインを作ることを目標にしていて、
そのヴィンテージを感じてもらいたいから、
ブドウ本来の力を高めるような作りをしています。

ピノ・ネロ(=ピノ・ノワール)ってそういう品種ですよね。
ヴィンテージや土地を感じることのできる品種。
ブドウが、直接、その土地を吸い上げたように感じる品種。
それぐらいにいろんな作用を受けやすいのだろうし、
適応すれば、ものすごい力になるのでしょう。

とにかく、このカゼ・リヴァ・デル・チリエージョは美味しいワインです。
グラスでもお出しできますので、ぜひぜひ、試してみてください!


もう少し北へ行けば、トレンティーノ・アルト・アディジェや、
ロンバルディアでもピノネロのワインが作られています。
こちらの方が、本来のピノっぽさを感じるワインに
仕上がっているように思います。

それはまた、後日。
[PR]
by gcpt | 2010-04-27 14:14 | イタリアワイン

空也のモナカ

f0054977_12141751.jpg


井上さんがお友達から頂いたらしく、みんなで頂きました!
なんというかね、とにかく上品なんですよ(笑)。
甘いのにクドさがない、すっきり感もあって、でも甘いです。
でもクドくない、でも甘い、ん〜、でもクドくないし.........

って、美味しくって(笑)。なんだか不思議ですね。
きっと甘さのバランスが絶妙なんでしょうね。

「空也(くうや)」というお店らしく、
食べログで見てみると、何だかすごく人気のあるモナカらしい!
もらってすぐ、食べたかっただろう井上さんの気持ちを考えると、
よく我慢したなぁ(笑)、エライっ!!

井上さん、井上さんのお友達さん、ごちそうさまでした!

中勢以さんから頂いたほうじ茶と一緒に、
(このほうじ茶も美味しいんですよ〜!)
ゆる〜い時間を過ごせました。和菓子って気持ちが和みますね。
[PR]
by gcpt | 2010-04-26 12:21

今年の.......

f0054977_15383023.jpg


春って、なんだか凄いパワーを持っていますよね〜。

植物の枯れた黄色や茶色から、薄い緑へ、
そして青々とした緑に変わって行く様も好きです。
ハーブやベリー達も、日に日にググっと伸び、成長していきますね。
そこに虫たちがやって来て、虫たちも生活を始めます。

4月は特に、人も新生活のスタートだったりもするので、
不安と期待にドキドキするような、切ないような、
瑞々しく、ピュアな気持ちになります。

春の、全ての循環を感じ、あぁ〜よかったなぁとポカポカする感じ。

すごく幸せを感じますよね。
寒い冬を越えた喜びみたいな。

私、そんなワインが好きです(笑)。
果実味が素直に感じられて、
春の新芽が成長するように、毎年、成長を感じられる作り手さん。
天候と共存しながらブドウを作り、
ブドウの気持ちを大切にして作られたワインが好きです。

f0054977_15365265.jpg


今年のBEAU PAYSAGEは、さてさて。
どうでしょうか?楽しみです。
[PR]
by gcpt | 2010-04-22 15:39 | 日々の出来事

菜の花

f0054977_7204299.jpg


いつもお世話になっているMさんと一緒に、
池下の「菜の花」さんへ食事に行きました。
お噂は聞いていて、とっても気になっていました。

どうしてもコッテリなイメージな中華ですが、
菜の花さんの広東料理は、とっても美味しく、しかも疲れない!
加藤さんの人柄の様に、優しい味がします。
優しいと言ってしまうと語弊があるように
聞こえてしまうかもしれないですが、
味が薄いってことじゃなく、素材感があるのです。
素材を大事に扱われるのでしょうね!
すごくステキです〜。

そして、席に着くと迎えてくれるのが、この箸袋。
加藤さん、すごく純粋な方なんだなぁ〜って思いました。
誰だって加藤さんとお話しすれば、
この言葉が素直に表現されたものだって感じるはずです!

Mさんに「シェフと同じ匂いがする」と、
加藤さんのお話を聞いていたのですが、そう!その通りです〜(笑)。
ウチのシェフもすごく純粋なんだと思います。
ただただ、美味しい料理を作って、喜んでもらいたい人ですから。

そんな訳で、
とっても楽しいお食事会となりました。

Mさん、お誘い、ありがとうございます!
(お土産のお団子も、とっても美味しかったデスっ)

加藤さん、本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした!!
[PR]
by gcpt | 2010-04-21 07:46 | 日々の出来事

トミーの珈琲講座

「トミー」こと、珈琲屋さんのとみさかくん。
ウチの場合、ホットは機械出しなのですが、アイスコーヒーは落としてます。
そんなこともあり、トミーは珈琲の入れ方を教えてくれるのですが、
先日、有機栽培の珈琲に興味があると言ったら、入れに来てくれました〜。

f0054977_9311165.jpg


いろいろな話を聞きつつ、入れた珈琲を頂きました。
使っているお店も増えて来て入るとの事。

f0054977_9325556.jpg


焙煎する機械の事やいろんな兼ね合いから、
有機栽培コーヒーと名乗るには、
ちょっとめんどくさい手続きがあるのだとか、
いろんなことを教えてもらいました。

面白いですね〜。また、ひとつ勉強になりました。
もう少しちゃんと勉強したら、また、紹介したいと思います。

トミー、ありがとう!!
[PR]
by gcpt | 2010-04-20 09:37 | 日々の出来事

パスタとリゾット 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2010年4月17日現在)

f0054977_8171631.jpg


・手打ちパスタ オレッキエッテ
   大正エビとそら豆のソースで

f0054977_8541234.jpg

(おまかせコースver.)

・桑名のタケノコと新海苔のリゾット 
   炙ったホタテ貝柱とともに

------------------------------------------------------------------------
オレッキエッテはオイルベースのものに良く合います。
先日、トマトソースで紹介したのですが、
それよりもオイルの方がオレッキエッテのモチモチ、プリっと感が、
上手く表現されるんですよね〜。不思議!

パスタの食感、大正えびの食感、そら豆の食感、
3つの違った食感がいいバランスで食べ飽きないんです。
オススメですっ!

この手のリゾット、すごく好きなんです、私(笑)。
以前、アサリとそら豆の時も思ったんですけど、
濃いめのチーズのリゾットもワインのお供としてすごく良いのですが,
この爽やかな時期、さっぱりしている白と、
こういうサラっとしたリゾットも良いですよね。

今だと、オススメのムーニやネックと一緒に....なんて、贅沢ぅ〜っ!
想像するだけで楽しすぎます(笑)。



なんて、ニヤニヤとしていたら、重大な事に気づきました。
よく考えたら、このメニューの前のパスタとリゾット、
更新し忘れてる......(ガ〜ン!)。

パスタが

「イタリアンパセリを練り込んだタリオリーニ
  スモークしたホタルイカとフランス産ホワイトアスパラのソース」

リゾットが

「春野菜のリゾット
  水牛のモッツァレラチーズとパルマ産生ハム添え」

でした。
あれれ?画像も残ってない!?

し、し、しまったぁ〜〜〜〜〜〜!!!
[PR]
by gcpt | 2010-04-17 08:33 | メニューあれこれ
f0054977_922598.jpg


コス/ピトス・ロッソ 2008

フラッパート 40% ネロ・ダヴォラ 60%
どちらもシチリアでは、おなじみのブドウですね。
ブラッパートは、キレイな酸が特徴的なブドウで、
ネロ・ダヴォラは、果実感と力強さを持ち合わせた、たくましいブドウです。

アンフォラという素焼きの壷を使って熟成するワインが、最近、増えてきました。
昔はこのアンフォラを使っていたのですが、
それが樽になり、タンクになりと、近代化されてきたワケです。
「素焼きの壷でっ!?」というよりは、
「あぁ、元に戻ったんだね〜」と言う感じでしょうか。

アンフォラは地中に埋めて使います。
ですので、温度管理はしないが30度を超えることはないのだとか。
このピトス・ロッソは、発酵・熟成、どちらもアンフォラのみ。
そしてノンフィルター。

力強くもあり、でも飲み心地は上品で軽やかな印象。
球体グラスで飲むと、さらに丸いイメージで、香りもすごく高まります。
果実感も確かに感じますが、どちらかというとハーブやスパイスな感じです。
ミネラル感もあり、紅茶のような慣れ親しんだ香りもどこか感じられます。
とにかく、するすると飲めて行くのですが、
飲み疲れず、ドンドン楽しくなるワイン(笑)。
酸が引き締めてくれますので、
お料理は、お肉が食べたくなります〜。

 僕らが興味を持っているのは、
 このヴィットリアのミネラル、土壌の力強さと
 自分達のキャラクターをワインで表現すること

と、この作り手は言います。
 
 樽などの外部からの要素を出来る限りなくし、
 ブドウの持つ力を引き出す事で、
 一見シンプルな中にも、深みを感じさせ、
 より研ぎ澄まされたワインを生み出すようになった

うん!たしかにっ。そんな感じです。

シチリアというと、ぽってり濃い目の赤ワイン....というイメージが強いですが、
最近は、本当に酸がキレイで、飲み進むワインが増えました。
コスも、そんな作り手の1人。
その土地のブドウを感じられ、キレイな飲み進むワインが好きな私たちには、
すごく嬉しい傾向です〜。

今は、グラスでもお出ししています。
気軽に楽しんで頂けると思いますので、ぜひ!
[PR]
by gcpt | 2010-04-09 09:26 | イタリアワイン
f0054977_1583516.jpg


クエンホフ ピーター・プリガー
 /スッドゥチロル・アイザックタレール シルヴァネール 2008

トレンティーノ・アルト・アディジェ州。
聞き慣れない州ですが、東側の北イタリアにあります。
すぐそこがオーストリアなこともあり、
「南チロル」なんて言われる事もあるこの地方。

代表する作り手は....

 バロン・ウィッドマン
 フランツ・ゴイヤール
 イニャツ・ニードリスト

そして、この「クエンホフ ピーター・プリガー」。

正直、北イタリアの白は好きですが、
日本に入ってくる量が、本当に少ないんですよね。
だから「美味しいワインはいつも売り切れ状態」。
そんな印象を受けます。

クエンホフも、聞いた事があるような、無いような....。
でもワインを飲んで、

「今まで何で知らなかったんだろう?」
「知ることができて、本当よかった!」

そんな風に思いました。
とにかく、おいしいのヒトコト。
グっとくる凝縮感はあるのに、次のひとくちが欲しくなる。
濃いめなのに優しい。
シルヴァネールという品種から来る酸が利いてるのからなのか、
すごい完成度のワインなのです。

とにかく飲んでみてください!と言ってた I さん。
ほんと、その通りでした。

考える事無く、空っぽになってゆく。
気持ちも体も楽しくなるワイン。

ただ、難点は「入手困難」なこと。

美味しいモノは、みなさん、本当によく知ってらっしゃいます(笑)。
[PR]
by gcpt | 2010-04-08 15:09 | イタリアワイン
f0054977_1774382.jpg


日曜日のおやつにスコーン。
ニンジンサラダを作る時に出る余ったニンジンを使ってマス。
1個でおなかいっぱい〜なんて思うのに、
つい、次に手が伸びちゃって、意外とススムのですよ、コレが!(笑)
とりこころの吉田さんに頂いたジャムで頂きました〜。

ごちそうさまでした!
[PR]
by gcpt | 2010-04-06 17:10 | 日々の出来事

楽しくなってきました!

f0054977_8412065.jpg


お店の前のベリーたちも、春を感じているようです。
シェフの楽しみでもあるこの子たち。
今年も楽しみですね〜。

f0054977_8442038.jpg


f0054977_8443637.jpg


f0054977_8445115.jpg
[PR]
by gcpt | 2010-04-06 08:45 | 日々の出来事

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt