楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

続々、入荷中でし!

f0054977_7345067.jpg


こ〜んなのやぁ、

<2010.2.2 追記>

モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ
 /コエノビウム・ルスティクム 2007

めちゃめちゃウンまいっ!
香りもよく、味わいとのまとまりがいいです。
茶ワイン好きにはたまらんばいっ。梅酒のニュアンス全快です。

ワインリストに載せる予定ですので、ご希望の方は是非!

f0054977_740935.jpg


あ〜んなのやぁ、

<2010.2.2 追記>

Beau Paysage
 /no name 2009

甲州はちょい甘味有り。残糖があるせいか、発泡してます。
でも、心地いい〜。
マスカットベリーAは、ちゃんと辛口に仕上がり、
尚かつ,ブドウのフレッシュ感がいいです。
今、ゴッチャポントのハウスワインとして活躍中。

f0054977_7333628.jpg


こ〜んなのまで!

<2010.2.2 追記>
サンタ・マリア
 /オルチア・ロッソ 2008

今年もヤバいです!
もう少し落ち着いたら、グラスでも出しますので、
ぜひ、お試しください。
詳しいことは、またまとめます〜。


少しずつテイスティングしております。
タイミングがよければ、グラスでもお出ししてます〜。

ふふふ....ふふふ....ふふふふふふふふ〜


(↑怖いって!)
[PR]
by gcpt | 2010-01-28 07:40 | ワイン(お酒)のコト
f0054977_6262116.jpg


朝、8時ごろに京都まで行かなくてはならず、
薄暗い中、6時50分の新幹線に3人で乗りました。

新幹線に乗ったとたん、
グ〜っと寝ちゃってたんですが(笑)、
シェフに起こされて、窓を見ると...。

太陽の光を浴びると、体が一気に起きる気がしますね〜。
いい1日になりそうな予感がしました!

京都でのことは、今週中に荷物が届くので、
その荷物と一緒に、また後日、レポートします。

しっかり勉強させて頂くことができたのが、本当に嬉しい1日となり、
さらにググっと、モチベーションもあがります。
[PR]
by gcpt | 2010-01-28 06:33 | 日々の出来事

リゾット 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2010年1月21日現在)

ずわい蟹とアスパラのシゾット
     蟹のスーゴの香りとともに

------------------------------------------------------------------------
まかないで作ってもらいました!

f0054977_23284671.jpg


バターの香りと、アスパラ・ズワイ蟹はよく合いますね〜。
スーゴがアクセントになり、とっても美味しかったです。
白ワインを一緒に飲んだのですが、これまた良く合いました。

ごちそうさまでした!
[PR]
by gcpt | 2010-01-21 23:43 | 日々の出来事
f0054977_9351754.jpg



岩手県花巻の石黒農場から届く
     ホロホロ鳥のアッロースト

------------------------------------------------------------------------
最近、定番になりつつあるホロホロ鳥。
送って頂くようになって、3年ぐらいでしょうか?
届くたびに、品質が上がっているように感じます。

今回もとっても状態が良く入荷してます。
炭で焼いても、ローストしても、
お肉の状態がいいと、何しても美味しいのが嬉しいです(笑)。
前回は炭火焼だったので、今回はローストでお出しする事に。

クレオパトとシーザーの仲を取り持ったのがホロホロ鳥だとか、
エジプト王朝歴代のファラオの強精・栄養食として用いられたとか、
いろんなことが伝えられている、このホロホロ鳥。

かなり警戒心が強く、臆病で、恐がりさんらしく、
鳴き声もスゴイんだとか。

知らない人が近づいたり、ビックリさせると、
自ら壁にぶつかったり、仲間同士で重なり合い圧死してしまったり、
考えられない行動に出るようです。

猪も、熊だって、すごく臆病だって言いますよね。
古くから、捕まえられる側にいたのでしょうから、
そうなって当たり前ですが...。

ライオンも満腹の時は、他の動物がいても知らんカオをするって言いますし、
動物は食べる以外のことで、他を襲う事はないのですから、
って、考えると、人間がイチバン怖い存在かも。


.................何はともあれ、
感謝して、楽しく、残さず食べる事が、イチバン大切ですね。
[PR]
by gcpt | 2010-01-18 10:25 | 日々の出来事

Sadaharu Aoki

久々、お取り寄せしてみました。
今回は「Sadaharu Aoki」です。

f0054977_1755136.jpg



画像はサダハルアオキの代表作「ボンボンショコラ(3個入)」です。
口溶けがヤバイ!すごく滑らか。

サダハルアオキのお菓子は、味がすごく明確なのも素敵です。
濃いワケじゃなく、ボヤけない明確さがあります。

その他に、

フロランタン・トランシュオランジュ詰め合わせ
ダコワーズ
マカロン

この4種類を購入しました。

本当にスゴイ!
どれを食べても裏切らないんですよね。
特にお気に入りが「フロランタン」。
なのに、写真を撮るの、忘れました...(笑)。

バターの香りがすごくいいサックサクの生地と、
ナッツとキャラメルが........


「いいィっ!」 


鉄平バージョンです。
(↑これ、分かる方、ジッピーですか?笑)


こういうお菓子は、たくさん食べるものじゃないから、
ちょっとホっとしたい時に、裏切らない安心感も必要だと感じます。

今度、東京へ行った時は、必ず、お店に行こう!
[PR]
by gcpt | 2010-01-16 17:10

パスタ 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2010年1月16日現在)


f0054977_9144778.jpg


・手打ちパスタのフェットチーネ
  郡上の森尾さんが捕った仔猪(いのしし)の煮込み ドライトマトの風味で

------------------------------------------------------------------------
いのししの煮込み、本当に美味しいです。
ゴボウが入っているのですが、ゴボウとも良いですね〜。

「猪はクセがあるから....」とよく聞きます。
でも、私は猪にクセはなく感じます。
それよりも、脂の旨味が美味しく、お肉に味がちゃんと感じられて、
「お肉を食べている実感がある」お肉だと思います。

よく考えたら、当然なんですよね。
猪は基本的に山林に生えている植物の地下茎、果実、タケノコなどを食べる、
草食に非常に偏った雑食性らしいのですから。
イベリコ豚のドングリは有名ですし、
ビゴール豚だって山の中のナッツ類や草を食べてます。

彼らは、自然の恵みを食し、その山で育つ。
しっかり、地産地消を実践してることになりますね(笑)。

昔は、「山鯨(やまくじら)」「薬喰い」などとよばれ、
滋養強壮の食材とされていたらしいですね。
それもあってか、
森尾さんのお肌はツッルツルだったらしいです(近藤さん・談)。
猪は山間部に生活する昔の人たちにとって、
貴重なタンパク源だったに違いないです。

そんな猪のラグー、いかかですか?
フェットチーネの食感とも、相性が抜群です!!
[PR]
by gcpt | 2010-01-16 09:17 | 日々の出来事

猪(いのしし)

載せようか迷ったけど、
やっぱり画像は苦手な方もいると思うので、
見たい方だけ「コチラ」をクリックしてください。

コチラ

入荷しました。
今季、2回目のイノシシちゃんです。

ちょっと食べてみました。ウンまいです!!
私個人の感想ですが、グっと旨味が出てくる感じがします。
やっぱり、この時期、いいですね。
こうやってお出しできたり、食べれるのは、贅沢だなぁと感じます。

でもでもでも〜っ!
やっぱり「お客さん」として1皿を平らげたい!!


........お客さんがうらやましいっ。
[PR]
by gcpt | 2010-01-11 15:08 | 日々の出来事
f0054977_23305882.jpg


エトナ・ロザート 1999
    /ラ・カラブレッタ

ロザートとは、イタリア語で「ロゼ」のことなのですが、
このロザート、ぜ〜んぜん、ロゼっぽくないんですよね。
完全「辛口」で、どちらかというと、キレイな赤ワイン的な感じです。

キレイで飲み心地が良く、10年の熟成を経て、まろっとしてます。
でも果実味を感じることができ、キレイな酸とともに体に染み渡ります。

飲んだ瞬間、
「あ〜、いいワイン!」と感じて頂けるのではないでしょうか?


私の大好きなブドウ「ネレッロ・マスカレーゼ種」。
ずいぶん昔から、シチリアのMascaliという街の近郊で栽培されてた、
とあります。

ネレッロ・マスカレーゼは、
シチリアのエトナDOCでの生産量の大半を占める品種。
品種の起源は不明ですが、
ピノ・ノワールの亜種と言われてたりもします。

エトナ山の麓で作られる事が多いようです。
標高350-1000mで栽培され、熟すのは非常に遅く、
アルコール度数は高めになり、酸味がしっかり残っています。
とにかくエレガントなワインになる事が多いようですね。

いつもこの品種のワインを飲んでいて思うのですが、
すごく心地よく、体に染み渡って行きます。
私自身、赤ワインを好きになるきっかけだったワインが、
この品種を使ったワインだっただけに、思い入れも強かったりするのですが、
客観的に見ても、いいワインが多いように思います。

ウチのリストにエトナのワインが多いのも、
こういったワケがあったりします。

ぜひ、お試しあれ〜。
[PR]
by gcpt | 2010-01-09 23:34 | ワイン(お酒)のコト
f0054977_9461223.jpg



あけましておめでとうございマス!
今年もよろしくお願いします。

はぁ〜。今年も明けちゃいましたね(笑)。

去年の今頃、
「今年はどんな年になるんだろう?」
なんて言ってたっけ。
結局、考える間もなく、過ぎてしまった気がします(笑)。


去年の目標だった「何でも食べる!」。
今年も引き続き、食べます!!

そして、今年は、さらに...

「作っている方に会いに行く」

これを目標にプラスしようと思ってます。
どれぐらい、行けるかは分からないですが、
なんとか、頑張ってみよう!と。


というわけで、
今年もお客さんに喜んでもらえるように、
みんなで頑張りますので.....

どうか、よろしくお願いします!
[PR]
by gcpt | 2010-01-05 09:55 | 日々の出来事