楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2009年8月30日現在)

・ ローズマリーを練り込んだ手打ちパスタ パッパルデッレ
    イタリアから届いたマッシモさんのパルマ豚を煮込みソースで
  
  パルマ豚は生ハムを作る豚肉だけあって「脂部分の旨味」の強く、
  煮込んでもそれは健在です。太いパッパリデッレから感じる
  ローズマリーの香りとの相性が、とてもよいパスタです!

f0054977_15131973.jpg


・イタリアから届いたフレッシュポルチーニ茸とホタテ貝柱のリゾット 

  今年もヤリますよ〜!(笑)
  本当に要望の多いフレッシュポルチーニ。

f0054977_15121016.jpg


  マリオっぽい(笑)。
[PR]
by gcpt | 2009-08-30 08:24 | 日々の出来事

前菜 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2009年8月30日現在)

f0054977_15161637.jpg


・ヤリイカのセミクルードとその日のお野菜 バーニャカウダソースをかけて
(ヤリイカは軽く炭で炙ってお出ししてます)

・フランス/ランド産マグレ鴨のローストの冷製
 無花果(いちじく)やゴルゴンゾーラチーズのムースとサラダ仕立てに

・豊浜産穴子(あなご)のフリット
[PR]
by gcpt | 2009-08-30 08:19 | 日々の出来事

祝・10年!!

10年前の今日、オープンしたゴッチャポント。
.......10年って、すごくないですか?(笑)

早いです。本当に本当に本当にっ、早かったです。
いろんな事がありました。嬉しい事もたくさんありました。

昨日の夜、このワインで乾杯しました。
今まで一緒に働いてくれたスタッフと、
今までゴッチャポントに付き合ってくださったお客様に感謝しつつ。

f0054977_1712135.jpg



今日からも、また、がんばります!
[PR]
by gcpt | 2009-08-27 17:09 | 日々の出来事
f0054977_23142710.jpg


今日、近藤さんが次回の手打ちパスタである
「ローズマリーを練り込んだパッパルデッレ」を作ってました。
ローズマリーの香りって、ホント、食欲をそそります。
これ、実は、「パルマ豚のラグー」と合わせるんですよ〜。
ん〜っ、美味しそう!!
[PR]
by gcpt | 2009-08-26 23:18 | 日々の出来事

LA MONTAGNE 2007/BEAU PAYSAGE

昨日は、本当に久々、緊張をした1日でした。
とある試験を受けたのですが...。

結果はともかく!(きっとダメだと思うけど....笑)
5月から、いつもより早く起きての勉強を始め、
途中、何度もくじけつつ(笑)、
でも、ずっと応援してくれていた家族・スタッフに感謝しつつ、
清々しい気持ちで、会場を後に出来ました。

みんな、ありがとね!!
来年こそ、ちゃんと受かるように、もっともっと、がんばるからっ!

なんで、その試験を受けようと思ったのか。
自分の為だけになら、こんな大変な勉強はしないです(笑)。
私がそれを目指すことによって、
お客さんに安心してもらえるかもしれないと思ったから。
(現に、お客さんにはよく聞かれます)

自分の分からないことを勉強することは、
結構、楽しかったりもします。
今回、必死で勉強して、いろんなことを知ることができて、
これからの接客に役に立つかもしれないですもの!

これからも「勉強し続ける」という姿勢は、同じように続けたいと思います。

f0054977_7475560.jpg


この方も、きっと津金の空の下で、
今日も日々、勉強をし、努力をし、
美味しいワインを作る為に、頑張っていることでしょう。

今年のLA MONTAGNE は、よりフレッシュ感が強い気がします。
若々しい果実味で、すごく飲み心地が良かったです。
それでもやっぱり、熟成も楽しみですね。

岡本さんのメルローは、ホント、素敵すぎます!
[PR]
by gcpt | 2009-08-25 07:56 | ワインのコト
ちょこちょこと飲んでいるせいか、
ブログの更新時には、大量にたまっていたりして(笑)。
------------------------------------------------------------------------
f0054977_15204592.jpg


 アルボレウス 2004 / パオロ・ベア

醸造に関しては、
いろんなことが色んな所で説明されていると思うので、
ここでは省略しますが。

とにかくスゴかったです!
昔、お風呂屋さんで飲んでいたリンゴジュースのような、
麦のようなニュアンスがあったり、
旨味があってミネラリィで、だけど濃すぎず、いい感じでした。

こういったタイプのワインは、
最初からワインの調子が良いことがあんまりなかったりもするのですが、
このアルボレウスは最初から状態が良く、
飲んでいて閉じた感覚もなく、状態がよかったこともあり、
本当に美味しかったです。

また、飲みたい!!(でも売ってないぃぃぃ〜.....泣)

------------------------------------------------------------------------
f0054977_1521457.jpg


 左:スメリーリョ・サンジョベーゼ 2006 / バラッキ 
 右:ピガート 2008 / ドゥリン

どちらもいいワインでした。
ドゥリンは、今度、おすすめで使いますので、コメントは、その時に...。
ガブガブ飲み進む白ワインでした!

スメリーニョを飲んで、なんとなく思い出したのが、トリンケーロのワイン。
素直な果実味が、そう思うわせるのかもしれませんね。

酸もしっかりとして、味わいも豊か。
香りも言うこと無くいい香りで、飲み進んじゃいます(笑)。
サンジョヴェーゼとしては、アッシジ・ロッソ(ウンブリア)に近い印象を受けました。
でも雑さはなく、本当に美味しかったです〜。

------------------------------------------------------------------------
f0054977_152125100.jpg


 ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2005 / イル・コッレ

今回のロッソ、若干の発泡が感じられ、
最初の還元香もちょっと強めでした。
とはいえ、飲み進むにつれ取れて行く程度のものです。
そのうちに、本来の果実味が顔を出します。
フレッシュに感じる果実味と、
2005ヴィンテージのワインに良く感じる骨格があります。
まだ、青い若い香りを感じました。

美味しいとは思いますが、
もう少し果実味が欲しかったかなぁ。

------------------------------------------------------------------------
f0054977_15221355.jpg


 モンテファルコ・ロッソ 2004 / アンターノ

1本目がブショネで、再度チャレンジ!
2本目は状態が良く、一安心でした。

モンテファルコらしい、しっかりした骨格の中に、
何日もかけて飲んで行くにつれ、解れいてく果実味がありました。
3、4日目から、本領発揮!と言わんばかりに美味しくなり、
結局は1週間以上、楽しんだことになります(笑)。
いいワインだなぁと、最後の1滴まで頂きました!

ベアのモンテファルコも美味しいですが、
アンターノのいいですね〜。
サグランティーノ・ディ・モンテファルコも飲んでみたいと思いました。

インポーターさんに、
畑とその他の場所でのギャップがすごい!と聞きましたが、
風貌からは想像がつかないぐらい、畑では真面目なんだそうです。

最近は、若い作り手さんが活躍しているのをよく見ます。
日本でも、イタリアでも、頑張っている方たちには力強さを感じ、
また、その力を分けてもらえるような気さえします。


...................そんなこと、思うようになったのは、年のせいかしら(笑)。
[PR]
by gcpt | 2009-08-14 15:49 | ワインのコト

前菜のお料理 更新

軽く薫製をかけた秋刀魚(サンマ)のカルパッチョ
           ラビゴットソースでさっぱりと 
------------------------------------------------------------------------

新サンマが入ってきたので、前菜のメニューに載せることにしました。
サンマ、美味しいですよね〜。
今年は雨が多く、あんまり猛暑を感じていないとはいえ、
一足先に秋を感じつつ、これから来るであろう残暑を乗り切りたいものです。

ラビゴットソースとは、
香味野菜や酢漬け野菜をベースにしたさっぱりとしたソースです。
サンマに感じる軽い薫製の香りとさっぱりとしたソースが、食欲をそそります!

ちなみに、「ravigote(ラビゴット)」 は、
フランス語の動詞「ravigoter (元気を出させる)」に由来しているんだそうですよ。
[PR]
by gcpt | 2009-08-13 23:53 | 日々の出来事

東京へ(2)

最近、よく使っているワインのインポーターさんを訪問しました。
このインポータさんの使うワインは、本当に美味しいですし、
芯のしっかりした印象を受けます。
自然な作りのワインを飲むと、
その味わいは優しいのですが、芯の力強さにびっくりします。

ウチのリストでいうならば、
オッキピンティにラ・ストッパ、サンタ・マリアにカーゼ・コリーニ...。
過去には、アルフィエロ・ボッファもお出ししました。
グラーチは記憶に新しいトコロですね。

どれも素晴らしい作り手さんです。


事務所で

セバスチャン リフォー
 /オクシニス サンセール ブラン 2007

を、頂きました。
このフランスワイン、すごかったです。
すごく奇麗に広がる味わいがあり、素直に「おいしい!」と感じるのです。
いろんな論争はあるにしろ、
このワインには、ちゃんと「おいしい!」と感じる味わいがあります。
それが答えだと、私も思います。

「ワインを飲むと、その人を感じる」

と、しきりにおっしゃってました。そうですね。
私もそんな気がします。
Beau Paysageのワインは岡本さんを感じますし、
オッキピンティやラ・ストッパのワインと同じ印象を、
年末にお会いしたアリアンナさんやエレナさんから受けました。

作り手の方は「そうではない」とおっしゃるみたいですけど、
飲んでみると、そう感じるのですよね。

それって、なんでしょうね?
本当に不思議です。

ちなみに、ウチのシェフの料理は、
シェフの性格を表したような味わいがします(笑)。

こんなに熱い方達が頑張っていらっしゃるのですから、
私もなんとか、頑張らなくては!
美味しいワインを飲むと、そんなことをいつも思います。

また新しいイタリアワインが入荷するそうです。

ゴッチャポントでも、紹介できるといいな〜。
入荷の本数が少ない様ですので、どうかしら?

Hさん、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします!
[PR]
by gcpt | 2009-08-05 16:45 | 日々の出来事

東京へ(1)

昨日、今日と東京へ行ってきました。
4カ所行くことになり、ちょっとハードでしたが、

ものすごく充実した、
ものすごくパワーをもらった、
ものすごく温かかった、1日となりました。

何でしょう?
人って。
不思議です。

行かないと後悔する!と思う所へは行こうと思ってはいますが、
私、結構な人見知りなんですよ(ホントですよ!笑)。
だから、それって、すごく勇気のいることだったりするのです。

今回も、ドッキドキでした。
でもワインや食事が結ぶ縁って、本当にすごいです。
だから、もっともっと頑張らなくては!
ゴッチャポントでもそんな縁を広げて行けるように...。

そんなことを思った東京での1日でした。

今回、どうしてもお伺いしておきたかったgar.netのタケダさん。

たまたま見つけたブログを拝見するうちに、
毎日、楽しみになってしまって(笑)。
見るようになってから、もう1年以上になります。
1文1文に、なんとも言えない「人」としての魅力を感じるのです。
飾っている訳でもない、派手な感じでもなく、
「人」と「ワイン」いう存在だけを感じるブログ。

会いできたこと、本当によかったです。

すごく力強い、優しい方でした。
プラスのパワーがあります。
仕事のことでも、いろんな迷いを感じていたのですが、
なんだか吹っ切れた気がします。

もう少し早く行けたら良かった...と、やっぱり、ちょっぴり後悔。
あんなに面白いお店はないです。
でも、またgar.netのようなお店をされるということなので、
それを期待しつつ、応援しなくては!

一番「ゆるい」伝説のワインバーgar.net
素敵なお客さんの集うお店で、楽しく過ごすことができました。

タケダさん、ありがとうございました。
[PR]
by gcpt | 2009-08-04 20:21 | 日々の出来事