<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0054977_6562841.jpg


こちらは、おまかせセットのお魚料理。
イサキにくるくる〜っと自家製パンチェッタを巻いて、一緒にソテー。
ナスと枝豆のスープと一緒に召し上がって頂きます。

お料理を運んでいると、本当に美味しそうな香りがしてきますよ〜。

f0054977_702964.jpg


ある日のペーパークロス。
ウチへ来てくださるお客様、こうやってお手紙を残してくださいます。
私たちの似顔絵だったりすることも!

ふふふ、これが嬉しいんですよ〜。
シェフやみんなでニンマリ見てます。

本当にありがとうございました!
[PR]
by gcpt | 2009-06-30 07:04 | メニューあれこれ

たんげくんが...

興味深いリンクを貼っていました。

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ntok0083/index.html


何でもですが、モノを作るということは、本当に素晴らしい事です。
しかも、農業は作ったモノが「人の口の中に入り、体を作る」のですから、
それは、ものすごく壮大な職業だと感じます。

そんな農業に関わる農協さん。
誰の為に、何の為にあるのか、
その存在する意味が、すごく微妙になってますね。

潤うことばかりが優先になって、
本業の、日本で暮らす人たちに知ってもらわなくてはいけないと思われる現状が
置き去りになっている感が拭えません。

今の飲食店は、
生産者さんと直接、取引する傾向が強くなってます。
それはなぜか。
一部の方をのぞき、「値段」じゃないんです。

「新鮮」そして「おいしい」からなんです。

農家さんが市場へ食材を持って行き、
市場が一度引き受け、そこから仲介業者をはさんで届けられ、
スーパーに並び、お客さんが買う。
そして冷蔵庫の中で出番をまち、食卓に上る。

生産者さんが直接、私たちへ運んでくださる方が、
それはもう、比べ物にならないぐらい早いのです。

新鮮なお野菜・お肉・お魚は、本当に美味しいですから、
その味をみんなに体感してもらいたい...。

ただ、不便なこともあるのは事実。
お店を運営して行くにあたって、それだけではどうしようもないことも事実。
だからこそ、農協さんには頑張ってもらわなくてはいけないのですよ。

いろんなことを「ひとつ」「ひとつ」解決して行けたら、いいのに...。

がんばりましょう!丹下くん!!
[PR]
by gcpt | 2009-06-30 06:36 | メニューあれこれ

ヤングコーン!

f0054977_15244669.jpg


とりこころのしんごさんに、ヤングコーンを頂きました〜。

なんと!しんごさんってば、
去年、シェフが言っていた事を覚えていてくれたらしく、
祖父江の農家さんから、分けて頂いたようなんです。

や、や、やさしすぎマス!(ヨメより優しい!!)

本当にありがとうございます。

これ、おいしいし、かわいいし、
皿に載ると何ともイイのです。

缶詰や水煮のイメージがあるせいか、
ちょっと苦手な方も多いヤングコーンですが、
なかなか、嬉しい効果もあるんですよね。

・便秘予防
・動脈硬化予防
・むくみの解消
・急性腎炎予防

どうですか?
この時期、水分のとり過ぎでむくんじゃったりして、
そんなときにいいですよね〜。

そんなこんなで、たっくさん皮を剥きました。
皮を剥くと、さらに愛着は増します!
かわいいヤングコーンが顔を出した時の嬉しい事ったら!!


あ、興奮し過ぎですね(笑)。

そんなこんなのヤングコーン。
ゴッチャポントで活躍中デス。

しんごさん、ありがとうございました!
[PR]
by gcpt | 2009-06-24 15:38 | メニューあれこれ
f0054977_8434990.jpg


ソーニョ・ディ・パッコ 2004/トリンケーロ

あらあら、また、画像が暗い...。

ゴッチャポントでも、度々、登場するトリンケーロ。
イタリアのピエモンテにあるワイナリーですが、
本当に素晴らしい、真面目な作り手さんなのです。
(顔はすごく男前なんです!)
今回は、「バッカスの夢」と名付けられたこのワイン。

マルヴァジアというブドウから出来ていて、
このブドウは、芳香性がよいけど、いまいちアフターが弱い印象なんですよね。

でも、この「バッカスの夢」は違います。
果皮と種を途中までしっかり利用する事により、
香りはもちろん、アフターまでしっかり感じられます。
醸造方法がロゼに近いので、
後味にビターさと噛み締めるような味わいを感じられるようになっています。

実は、ホワイトロリータ(byブルボン)が大好きな私。
(ちなみにルマンドも大好きです!)
このワインを飲みつつ、チョコが合うんじゃないか?と、
試しに食べてみたら、

めちゃめちゃウマイーーーーーーーーっ!

と、ビックリしました(笑)。

それもそのはず。
香りがバラのようなんですよね。
その香りを一緒にチョコ(ホワイトが良いと思います)を食べる感覚ですから、
イイに決まってます。

ワイン自体がビターさを持ち合わせているので、
甘いお菓子もクドくなく感じます。

ゴッチャポントのホワイトチョコのジェラートをつまみながら、
このワインで食事を締めくくれたら、どんなに幸せでしょう!

そんなことを考えながら飲んでいると、
ニヤニヤ、むふふフフフフフフ.....と笑いが止まりません。


............................
............................
............................、

あ!!気持ち悪いと嫌わないでね、近藤さん!
[PR]
by gcpt | 2009-06-23 08:56 | イタリアワイン

パスタ 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2009年6月23日現在)

磯の香りと旨味たっぷり!サザエとホタテ貝柱のソースを
    本日の手打ちパスタ のタリオリーニで

f0054977_75230.jpg


---------------------------------------------------------------------
サザエです!
毎年、密かに楽しみなのが、サザエとホタテのパスタ。
わたし、サザエもホタテも大好きなのですよ〜。
サザエは、刺身もいいし、つぼ焼きも魅力的。
キモも本当に美味しいですよね。
ホタテも網焼きとか、何でも、うンまいですよね!

母がやっていた居酒屋では、
入荷があると、早い時間にすぐ売り切れちゃってました(笑)。
遅い時間に来る人たちが、すごく残念がって、ブーブーブー........。
大の大人が拗ねまくってました(笑)。
そんなことを思い出す食材でもあります。

ゴッチャポントのパスタのソースには、
贅沢にゴロゴロ入れちゃいます(笑)。

おいおい〜、こんなんでいいの?
サザエって1個分のお刺身、いくらか知ってるの?
ホタテだって、今、高いのよ!

と、いうぐらい、入ってます(笑)。
商売っ気、ゼロです...........................。

とはいえ、本当に美味しい食材ですので、
しっかり堪能して頂きたいですね!

ご注文、お待ちしておりますっ。
[PR]
by gcpt | 2009-06-23 07:13 | メニューあれこれ
f0054977_9553416.jpg


ワインって、本当に面白いんです。

酒屋さんから届いてすぐに美味しく飲める訳じゃない。
栓を抜いたその瞬間が美味しいとは限らない。

厄介と言えば、そうかもしれないですけど、
面白いと言えば、マニア心をくすぐる訳です。

このワインもそんなワイン。

ロッソ・ピチェーノ「ピクス」2006
 /サン・サヴィーノ

酒屋さんから届いて、今、2ヶ月ほどが経ったでしょうか。
今、めちゃめちゃウマいんです!
このワインの良さが、ちゃんと認識できるような美味しさがあるんです。

正直、届いたばかりで飲むと、
俗に言うトコロの「ワインが暴れている」状態です。
まとまり感が無いというか、バラバラなんですよね。

それが、時間の経過とともにまとまりが出てくる。
恥ずかしがって出せなかった「自分らしさ」を出せるようになる。
ちょっと人見知りタイプなのかもしれません。

きっとセラーの中から私たちの事を疑い深く観察し、
コイツらならいいかも!と思った瞬間、ワインの方から歩み寄って来てくれ、
徐々にともだちになっていく感じ。
気がつくと、毎日、遊んでしまってる...みたいな感じ。

そんなことを想像してしまい、
ワインを「人」にように思ってしまう(笑)。
そして、その先にいる「作り手」の心を
ワインの人格の様に重ねてしまう感じ。

なんだかそんなことを感じさせるワイン「ピクス」。

ワインをただのアルコール飲料だと思うより、楽しいでしょ?

私はワインそんなトコロが好きだったりします。
イタリアの友達が日本へ遊びにきてくれ、
楽しい時間を過ごすことができる...なんて考えると、ステキですよね!
[PR]
by gcpt | 2009-06-21 10:06 | イタリアワイン
f0054977_1539397.jpg


丹下くんのトマトと
 自家製リコッタリーズのクロスティーニ

色がキレイ!
丹下くんは今、いろんな色のトマトを作ってくれるので、
こんなクロスティーニだって出来ちゃいマス。

ちゃんと甘酸っぱいトマトとクリーミィなリコッタが、
すっごく合いますよ〜。
[PR]
by gcpt | 2009-06-18 15:42 | メニューあれこれ

10年とマリポーザ

サッカーは負けちゃったけど、
昨日の夜にとってもいいお知らせを受け、
なんだか自分の事のように嬉しく思います。

こういったお知らせは、本当に心が躍りますね〜。

古くからのお客様にも、先日、嬉しいお知らせを頂き、
シェフの古くからのお友達にも...。
なんだか「嬉しいお知らせ続き」なゴッチャポント。
懐かしい面々にも、ご来店いただいたりして...。

長くお店を続けるという事は、すごい事だなぁと思いマス。

この10年、私たちにもいろんなことがありました。

1歳半の息子と、お腹の中にいた娘が、
小学校6年生と4年生なんですもの。
「そりゃ、イロイロあるわ!」と母にも言われました(笑)。

でも「お客様にもいろんな人生があるんだ」と、
感じることの多い事ったら!

オープンしたばかりの時は小学生だった女の子も、
今じゃ、お父さんを車に乗せ、一緒に食事に来たりします。

デートの時にウチを使っていた2人が、久々にご来店.....
久しぶりですね〜なんて言っていると、
「ン?2人じゃない!増えてる〜!!」なんてコトも。

お誕生日だったり、クリスマスディナーだったり、
結婚のご報告を両親にしているカップルがいたり。
人生の中の一瞬をウチで過ごしているんですよね。

それとは逆に、
お友達と近況報告して、楽しく話したり、
時には愚痴を聞いてもらったりするような食事や、
仕事帰り、ちょっと食事を作るの面倒だから...という、
すごく日常な食事なこともあるのです。

どちらにしても、それは本当にすごいことだと感じます。

一宮の片隅にひっそりある食堂ですが、
いろんな気持ちが詰まっている、
そんな場所でありたいと思います。

10年ですが、まだまだ勉強不足な私たち。
課題も多いです。
でもスタッフに恵まれ、今まだやってきて、

「あ〜、まだまだ頑張らなくちゃなぁ〜〜〜」

そんなことを思ったのでした。

f0054977_8473691.jpg


マリポーザ  2006
   /パーネヴィーノ

毎年、違う名前でリリースされるこのワイン。
ワインのイメージによって名前が付けられるそうです。
(ちなみに、今年リリースのワインは『オグ 2007』です)
1年だって、同じようにブドウが育つ事は無いし、
同じようにワインが作られる事はないですもの。

サルディーニャ島で作られているカンノナウ種。
グルナッシュ種と同種と言われてますが、
このマリポーザはエレガントなイメージでした。

とある、レストランで飲んだ1本。
この日は、このワインとおいしい食事のおかげで、
素敵な時間をすごせました。


この10年、1度だって同じ年を過ごした事はありません。
このワインのように、その年その年を大事にしたいですね。

こんなこと、思うなんて............
やっぱり、年のせいかしら(笑)。
[PR]
by gcpt | 2009-06-18 09:00 | ひとりゴト

ウニとマンゴー

贅沢素材2種!

f0054977_12283867.jpg


「手打ちパスタのタリオリーニ たっぷりウニのソース」

クリームを使ってるウニのソースはよくありますが、
コレ、ウニだけで作ってます。
ウニ由来のクリーミィさを感じてほしいから、クリームは入ってません。

正直、贅沢です(笑)。

残念ながら、まだスポットでしか扱えません。
近いうちにオススメメニーで紹介したいとは思ってマスが、
う〜ん...未定デスっ。


それから、最近、毎年恒例になりましたが、コチラ。

f0054977_12343763.jpg


「宮崎県産 完熟マンゴー」

今年も届きました。生ハムと一緒にサラダ仕立てにします。
明日からメニューに載る予定ですので、
よろしくお願いします〜。
[PR]
by gcpt | 2009-06-15 12:39 | メニューあれこれ

前菜の盛り合わせ

f0054977_7421356.jpg


ゴッチャポントで人気なのが、前菜の盛り合わせ。

画像は1名様分ですが(この盛り合わせはコース用のものなので...)
ご注文は「2名様分」からでお願いしてます。

あら、画像が暗いですね...。

アラカルトでご注文いただく方の半分以上が、
前菜は、この盛り合わせをご注文いただきます(笑)。
いろいろ食べれるからでしょうか。

私もお客さんで来るなら、
盛り合わせにしてもらうと思います(笑)。


話は変わって、

レディー・ガガ、めっちゃカワイイですねっ!
さっき、テレビで初めて見ました(笑)。

ラジオで聞いた事があるのですが、
今でこそ...ですが、結構な苦労人みたいです。
彼女の独特の才能は、なかなか回りに受け入れられずにいたようです。

シンディやマドンナも注目しているという事ですが、
そりゃそーだ!あれは注目するはずです。
ホント、カワイイです。

子供の頃、初めてシンディ・ローパーを見た時を思い出しました(笑)。

それまで、聖子ちゃんや明菜ちゃんだったのに、
突然、現れたのがシンディーやマドンナなんですから、
それはそれは、びっくりでした。

かなり衝撃的でしたが、
こんなにカワイイ人がいるんだと思ったものです。

ガガ。
ちょっと懐かしい気持ちになりました。
[PR]
by gcpt | 2009-06-09 07:59 | メニューあれこれ

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt