楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

メインのお料理 更新

※食材の都合により、予期なく変更することがあります。ご了承ください。

(2009年2月28日現在)

・フランス (ドンブ)産 うずらの炭火焼き 季節の野菜を添えて

・茨城県産 仔鳩(エトフェ)のロースト トライイチジクのソース( ※ 1/2羽 )


以上、2種類のメインが追加になっています。

茨城の仔鳩は本当においしいですよ。
身がしっかりついているのも、嬉しい!
去年の夏に行った家族旅行で泊ったホテルのレストランで食べたとき、
本当に美味しいと思った仔鳩。
ボー・ペイサージュのワインも美味しかった...。

あれぐらいから、やっぱり国産である事のすばらしさを感じ、
ゴッチャポントも国産に目を向けようと言う事になった気がします。

食材(ワインや他の全てを含む)のすばらしさを知ると、
この土地、気候、空気...すべてが大切に思えてきます。
[PR]
by gcpt | 2009-02-28 09:26 | 日々の出来事
f0054977_011665.jpg


モチモチっとした食感がたまらないオレッキエッテ。
ショートパスタということで、あんまり人気がないですが(笑)、
美味しいんですよ〜。

タコとイカの煮込みソースでお出しするパスタなのですが、
エビとブロッコリーのオイルベースのソースでも美味しいです。

これをつまみながら、グビグビ、軽めの赤ワインなんて、素敵!
[PR]
by gcpt | 2009-02-28 00:05 | 日々の出来事

ある日曜日の出来事

いろいろお話しさせて頂いているMさん。
いつもご家族、ご夫婦でご来店いただいてます。

そんなMさんに、少し分けて頂き、
貴重なワインを飲むことができました!
(Mさん、本当にありがとうございます)
いつも適切なご意見を頂くのですが、
今回も、美味しいか不味いか、それだけでない感想を頂けるのは、
本当に勉強になります。

この雑味が旨味に変わる頃、また一緒に飲めたらいいですね!

f0054977_22265440.jpg



食事以外の事も、いろいろお話しくださるので、
母親としてもひとりの人間としても、すごく勉強になるのですが、
こうやって、自分の身内でない方からお話を聞かせて頂けるのって、
すごく私自身の身になる気がしますし、
こういう仕事をしている特権と言うか、
何事にも代え難い事だと、いつも感じます。
励ましてくださったり、アドバイスくださったり、
大人になると、なかなかしてもらえないことですよね。

「人は人である」

単純な事の要で、一番難しい事。
これを感じる事のできる仕事をしていて、
よかったなぁって、いつも思います。

この場を借りて、

Mさん(奥様もダンナさまも!)、いつもありがとうございます!



................また、美味しい食材、美味しいワインを探さなくては!!(笑)
[PR]
by gcpt | 2009-02-24 22:43 | ひとりゴト

明日から変わるメニュー

実は、「シェフにおすすめセット」で
いい食材を召し上がって頂くことができるようになりました。

今までは、メインが本日のお魚・お肉のお料理からの2択でしたが、
これからは、それに加え、プラス料金となるのですが、
和牛や仔鳩、仔羊なども選択して頂けるようになりました。

明日から、ご紹介させて頂きますので、
よろしくお願いします!
[PR]
by gcpt | 2009-02-24 09:20 | 日々の出来事
f0054977_953223.jpg


ウチでもオンリストしているサンタ・マリアのサンジョベーゼと、
トリンケーロの白ワインを飲みました。

ヤバイ!おいしい!!(←って、コレばっか!)

左がサンタ・マリアのオルチャ・ロッソ 2007。
なんというか、もう異次元です(笑)。
赤ワインとか、白ワインとか、イタリアだとか、他の国だとか、
そんなの関係なくなっちゃう!
素直に美味しくて、ナチュラルに受け入れる事のできる味わいが、
体にじんわ〜り染み入ってくる。
欠点を言えば、飲み進んでしまう事(笑)。
本当に美味しいです。

右がトリンケーロのア・ユート!2005。
白ワインですが、このワインについてのモロモロは、
色んなところで紹介されているので、ま、いいとして。

こういうワインのカテゴリーを新たに築いた方がいいのでは?
と最近思います(笑)。

全然、白ワインじゃないもの〜っ。

味わいだって複雑だし、
色は麦茶のようだし、
香りだって、どんどん湧いてくるし!

白ワインだと思って買ったら、全くの別物じゃないですか〜!!

と言う訳で、結論は...


大好きです!

この2本、大好きですー!!





          ....................スイマセン。文才がなくて。
          もっと言葉巧みに表現できたらいいのにっ。
[PR]
by gcpt | 2009-02-22 10:08 | ワイン(お酒)のコト

野菜が届きました!

愛媛の矢野さんから、今日もお野菜が届きました。
オレンジブロッコリーや紅芯大根、
ラデッシュやトレビスが届きました。
矢野さんのお野菜はやっぱりイキイキしてます。

f0054977_1741044.jpg


私の矢野さんの野菜のサラダ、食べたいっ。

あと、ワインもたくさん届きました。
マッサ・ベッキアのカベルネとか、
ジョヴァンニ・カノニカのベルベーラとか、すごく楽しみなワインたち。
昨日は、ロアーニャのバルバレスコ・パイエも届き、楽しみ!!
もう少し落ち着いてから順番にテイスティングする予定ですが、
も〜、待ちきれないっ。早く飲みたいー!!!(笑)
[PR]
by gcpt | 2009-02-19 17:11 | 日々の出来事
f0054977_1648496.jpg


ドモーリのサンビラーノを使った生チョコプリン!

コレ、ヤバイです!クセになります〜。
試作した日は、スプマンテや白ワインと頂いたのですが、
めちゃめちゃ合います!素敵です!!
後味の酸味は、まるでワインやバルサミコのようで、
お酒のおつまみに最高のチョコプリン。
これをチビチビ食べながら、
お気に入りのワインを飲めたら、幸せです〜。

f0054977_16494021.jpg


イタリアのドモーリ社といえば、
100%カカオのチョコレートを
世界で初めて実現させたコトで有名ですね。

そんなドモーリ社が提案するカカオ産地限定、
最高級クーベルチュールのサンビラーノを使いました(カカオ分75%)。
ベリー系の風味・酸味を持つ、マダガスカル・サンビラーノ産クリオロ種カカオ。

とにかく口溶けがよく、フルーティ。
後味にかけてのベリーのような酸味が、クセになっちゃいます。
香りもよくて、生チョコプリンでも、それは健在。
独特の味わいと力強い香りを楽しむ、
大人のお菓子ができあがりました!

もう1種類、クーベルチュールを買ってあるので、
そっちの生チョコプリンも楽しみ!
[PR]
by gcpt | 2009-02-19 16:53 | 日々の出来事
f0054977_15494878.jpg


去年の年末からMARUYAMAYAさんのHPで見て、
気になっていたシチリアのグラーチ
エトナ・ロッソの2006ヴィンテージです。
今年に入って、やっと飲むことができました〜。

酸は低めで、なめらか。やわらか〜い印象です。
果実味と旨味とジューシーさを感じつつ、
バランスがよいからか、素直においしい!と思う味わい。

この味わいが好きなお客さんの顔が浮かぶワインです。
酸味が苦手な方には、特におすすめできます。

もう少ししたら、おススメワインとして紹介する予定です。

私の好きなラ・カラブレッタのエトナ・ロッソは、
酸が高くツンとくる赤系果実。
お店にあるのが1999年ヴィンテージなので、
体に染み入るアルコール感と熟成した感じがあり、
もうきれいにまとまってます。

それに対して、グラーチはまだヴィンテージは若いですが、
でも、よくある若めのワインの気になる酸がないせいか、
おとなしく落ち着いた印象で、違った美味しさがありますね。
同じブドウなのに、作り手や畑が違うと違うワインになるから
不思議ですね〜。

若干の還元香がみられますが、
小さめのグラスを使えば、全然気にならないです。

これまた、美味しいワインです!
もうすぐ、この上のラインの「クオータ600」も入荷するので、
たのしみデスっ。
[PR]
by gcpt | 2009-02-17 15:53 | ワイン(お酒)のコト

桑名のハマグリ

f0054977_176982.jpg


スポットの入荷ですが、桑名のハマグリです。
とにかくデカイ!びっくりサイズです(笑)。

これは、パスタも美味しいですし(ソラマメと一緒にソースにします)
今日は、メインのお魚の添え物で登場予定。
この大きさは、食べごたえがありそうですね!

「トリ貝」も入荷してます。
「ホワイトアスパラ」も入荷してます。
春を感じる食材が続々と入荷してます。

f0054977_17111897.jpg



※ 気になる食材のある方は声をかけてくださいね!
[PR]
by gcpt | 2009-02-14 17:11 | 日々の出来事
f0054977_8361263.jpg



オキピンティ
 /シッカーノ・ネロ・ダーヴォラ 2006

コレです。11月の終わりにお会いしたアリアンナさんのワイン。
これはネロダヴォラ種なのですが、
イル・フラッパートという、フラッパート種のワインもあります。
(今、家で飲んでます)

COS(コス)のオーナーを叔父に持ち、
小さい頃からワイン造りに慣れ 親しんできたとはいえ、
努力なしではこんなに素敵なワインを作れるはずはありません!

お会いした時は、すごくチャーミングな方だと思いましたが、
佐野さんのハナシやブログの記事を読むと、
やっぱり、底知れぬパワーのある方だと感じます。

いつか、イタリアの彼女の畑に行ってみたい!

ワインはそんな彼女と裏腹なのか、同じなのか、
すごく優しく、体の一部として流れ込んでくるかのよう。
彼女のワインに対する愛情すら、感じるのではないでしょうか?

シチリアの濃いワインとは真逆にいるネロダヴォラです。

ちなみにフラッパートの方が、少し軽く酸が強く感じます。
ロゼに近いような、濃い目の白ワインより軽い感じすらするのですが、
私は体に負担なく飲めるフラッパートの飲み心地が好きなので、
ゴッチャポントでは、「イル・フラッパート 2005」をご用意しています。
(ヴィンテージ違いの2006もあります)

今、おすすめのメニューが魚介の多いので、
料理と合わせるには、すごくいいワインです。
気になる方は、お声をかけてくださいね!
[PR]
by gcpt | 2009-02-11 08:56 | ワイン(お酒)のコト