楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

カテゴリ:日々の出来事( 468 )

f0054977_08440310.jpg

あけましておめでとうございます。2016年も張り切っていきたいと思いマス。今年もどうぞ、よろしくお願いします!

2016年もいつのまにか6日目となりましたが、みなさんはどんなお正月でしたか?私は、寝て、起きて、寝て、起きて、時々、食べて、飲んで....を繰り返す、毎年恒例のんびりなお正月を過ごしました。去年はお休みの日も忙しくさせて頂く事が多かったのもあってか、すごーく久しぶりにこんなにゆっくりした気がします。おかげさまで頭はボケボケになってますが...(笑)。

溜め込んでいた本を読んだり、子供たちと駅伝を見たりしてるうちに、あっという間に終わっちゃったお正月ですが、一昨日、シェフとこんどーさんは仕込みを、私は掃除をして、昨日から営業をスタートさせました。ゆっくりな雰囲気のスタートになり、ゆっくりと仕事モードに切り替えていけそうです。

来てくださった方にたくさん喜んでもらえる様に、さらにはまた1年、少しでも成長できる様に、今年も3人で頑張っていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします!




[PR]
by gcpt | 2016-01-06 09:00 | 日々の出来事
f0054977_16245570.jpg

今年も1年、本当にありがとうございました!昨日で営業を終え、今日は少し掃除をして、夜は忘年会の予定です(笑)。楽しい夜になるといいなぁ〜〜〜。

いろんなことを考えた1年でした。良くも悪くも、自分たちの道を振り返ったり、未来を想像したりして、どうなりたいとか、どうしてきたとか。ただ、考えても考えても、やっぱり辿り着く所は同じ様な気がしていて、それを確かめる為に考えていたというか。....って、なんのことだか、よく分かりませんね!(笑)

楽しい事も悲しい事も辛い事も苦しい事も、浮いたり沈んだり、いっぱいあった1年でした。来年もまた良い時間を重ねられたと思ってます。こんな私たちですが、2016年も、どうぞ、よろしくお願いします!!

さぁ、今宵は何を飲みましょうね〜〜〜?忘年会をご一緒してくださる方々は何を飲みたいのかなぁ〜〜〜?ワクワクしまね!年末年始を満喫したいと思いますっ。

ありがとうございました!!!




[PR]
by gcpt | 2015-12-30 16:35 | 日々の出来事
f0054977_17002106.jpg

すこーし前からですが、イタリアのアルバ産「白トリュフ」が入荷してます!

今年はリゾットでメニューに載せてますが、手打ちパスタ(タリオリーニ)でもご用意ができます。スライスしてリゾットの上に乗ると、ものすごーく香りが立ちますから、満足度も高いと思いマスっ。

毎年、楽しみにしてくださる方がいるメニューでもあります。(白トリュフ、ありますか〜?なんてお問い合わせいただくと、やっぱり嬉しいですね〜!)この時期をぜひお楽しみ頂きたいです。

ワインはやっぱりネッビオーロがいいですよね〜。この間、白トリュフにカノニカのバローロをお召し上がりだったお客様が「おいし〜〜〜!」と仰っていたので「そりゃそーだ!」と心の中で思いつつニヤニヤしてしまいました(笑)。

f0054977_17144758.jpg
この2005年。いちばーーーん最初に出会った頃のイメージが保ってますが、あの時には感じなかった味わいがいっぱい出て来てて、本当においしくなってます。ワインがゆっくり全身に巡るように、じんわりとじんわりと体に染み込む様に美味しいネッビオーロです。

[PR]
by gcpt | 2015-12-12 17:19 | 日々の出来事
f0054977_16470466.jpg

勝山 晋作 さんの「ヴァンナチュール 自然ワインが飲める店51」に掲載して頂きました。
(勝山さん、素敵にご紹介頂きありがとうございました!)

詳しくはこちら!
http://www.littlemore.co.jp/store/products/detail.php?product_id=928

この本の中に勝山さんの言葉として

「自然だからいいわけじゃない。 おいしいからいい。 おいしくするには自然にするのがいい。」

とあるのですが、本当にその通りだと、常々私たちも思ってます。自然派ワイン、ビオワインだから好きなんじゃなく、美味しいから好きでいるだけなんです。食材も然りで。飼育だからとか、猟のものだからとか、管理されているからとか、自然だからとか、そんなんじゃなく、美味しいと感じるからその食材を好きになる。

時にとても難しく考える事もあるし、矛盾してくる事だってあるから悩んだりもするのだけど。本当はものすごく単純なんですよね。

そんな勝山さんの選んだお店たちが51軒も載ってます。ここで紹介されている文章を読んでいると、そのお店に行ってみたくなります。私たちの大好きなお店もたくさん載っていることもあり、ゴッチャポントでもこの「ヴァンナチュール 自然ワインが飲める店51」を販売させて頂くことにしました。

ちなみに、お隣のページが「のんびり酒場ニコル」さんでものすごーく嬉しい。仙台へ行くなら必ずお伺いしたいお店ですからね。

詳しくは、お気軽にお問い合わせくださいね。どうぞ、よろしくお願い致します!



[PR]
by gcpt | 2015-12-05 16:50 | 日々の出来事

雉のリゾット。

f0054977_11243268.jpg

千葉から今季初の雉(キジ)が届きました。今は猪やら鴨やら鹿やらと、メインのお料理としてお出ししているものが多いので雉はリゾットでのご紹介です。

雉のお肉の味わいは基本的にとてもさっぱりしてクセのないお肉です。なのにガラでお出汁を取ると、とても奥深く美味しィィィ〜〜〜のです。お肉に付いている筋もいいお出汁が出るので、しっかりと取り外して使ってます。本当に無駄の無い食材です。(^^)このお出汁を使ってリゾットを作ると何とも優しい味わいなのに、底から沸き上がる様な力強さがあり、美味しいです!雉の腿は荒めのミンチにして、今年の初秋にたくさん頂くことのできた香茸(コウタケ)を乾燥にしておいたので、それも一緒に炊いてます。

雉の胸肉はしっとりと炭火焼きにして最後に添えて、出来上がり〜。1羽を丸っと頂くイメージです。この胸肉もリゾットと一緒に口に入れると、何とも複合的になるんですよ。

ワインと一緒に頂くとなんとも幸せな気持ちになります。心も体もポカポカする1品ですね〜。これを召し上がってるお客さんを見ると、正直、羨ましくて仕方ないです!(笑)



[PR]
by gcpt | 2015-11-24 11:51 | 日々の出来事
f0054977_08525376.jpg

今年もカラスミの仕込みが始まりました。念願の、大阪湾内から届いたボラの卵巣!小振りながらピカピカでした。上手にできるといいなぁ〜。

マセレーションした白ワインや赤ワインが恋しくなりますね。あぁ、想像がぁぁぁ、止まらないぃぃぃ〜〜〜!!



[PR]
by gcpt | 2015-11-03 08:58 | 日々の出来事

足助町の仔イノシシ!

f0054977_19454894.jpg

豊田の足助町から仔イノシシが届いてます!この小さめのイノシシ、さっぱりとしながらも存在感もあって美味しく、味わいがとってもピュアです。そして、小振りで柔らかい身質なのでラックはガシガシ!っとお召し上がり頂けます。1頭で届いてますので、細かく、いろいろな部位を楽しんでくださいね〜。

11月に入りました。中旬には本土の猟期も本格的に始まります。今年は全体的に季節が早く巡ってくる感じもあって、いつもより冬は少し早そうですね。なんとなーくイレギュラーな事も起こったりする事も予測されるのですが、それでも2015年という年ということでしっかり受け止めたいなって思ったりしてます。

今年もまた、どんなコたちに会えるのか楽しみですね〜。





[PR]
by gcpt | 2015-11-01 20:00 | 日々の出来事
とりあえずのお知らせです。

昨日、第1弾の鴨が北海道から届きました。カルガモ、小鴨、真鴨と種類はイロイロです。詳しくはスタッフまでお尋ねくださいね!

[PR]
by gcpt | 2015-10-22 00:00 | 日々の出来事
秋晴れの気持ちのいい1日ですね〜。今週は近くの公園から遠足にしていた園児の声が聞こえて来たりして、ウチの子供たちもあんな頃があったなぁ〜〜〜〜...なんて、ちょっぴり遠い目をしてました。(笑)

さてさて。
長らく入荷の無かった三河の手長エビが入荷しました!
f0054977_15011656.jpg



小振りの手長エビなので、お出汁をしっかり出す様なイメージでフレッシュトマトと一緒にパスタにしてお出ししてます。小さいながらも食べ応え十分、しっかり濃厚なソースになりますよ!(海老ちゃんたちって背後が黒いと映えますよね〜〜〜)

f0054977_15032029.jpg



海老ちゃんに合わせたいなぁ〜ってワインは、リグーリア州のステーファノ・レニャーニのポンテ・ディ・トイ 2012 。ヴェルメンティーノを使ったワインです。しっかり色がついてますが(リリースの時ってこんなに色が濃かったかしら....?)、味わいは優しくピュアさが増して(←このピュアさがカワイイ〜んです!)、すこーしだけ微発泡してて。果実のフレッシュな感じががとっても心地よく、じんわり体に染み込みます。

ステーファノは、もともと違う仕事をしていました。飲む事、食べる事が大好きで、なんだかんだと成り行きがあり、ワインを作りに至ってしまったという、ある意味、遍歴の様に感じてしまいますが(詳しくはこちら!)、ステーファノのワインの味わいからは、成るべくして今がある!と感じられるのがステキですね。ヴィナイオッティマーナでは、とてもキュートなオジサマ!という印象でした。この他にも、ロンバルディアで作るタフォン、ルー・ガルーというポンテ・ディ・トイよりもボトリングを送らせたワインがあります。それについては、また今度....。どれも素敵なワインです!

そして。
北海道からは、天然ブリ。ブリがお皿に乗ると「あぁ、このまま年末に向かうんだなぁ...」と、毎年恒例のこの感じ。(笑)お家でも天気の良い日にコートやセーターに風を通すべく天日干ししたりして衣替えを徐々にしてます。そんな時期になっちゃいましたね。

ブリは炭火でかる〜く炙って、北海道の佐々木ファームさんから届いた力強いあやめ雪と一緒に。ほんのり温かいブリが何とも味わい深く、マリネしただけのあやめ雪の寄り添いっぷりったらね。じんわりじんわり、美味しいです。
f0054977_15113361.jpg


今、入荷しているお肉としては、足助町の仔猪がとっても美味しそうなのと、本土鹿,蝦夷鹿、共にいい感じです。11月の猟期を迎えると、またガラっと変わって来ると思います。徐々にお知らせしていきますね〜。

今年の冬は寒くなるのかなぁ?寒い時期にホクホクとした食事と飲むお酒もおいしいですものね。あー、それはそれで待ち遠しい〜〜〜。




[PR]
by gcpt | 2015-10-17 15:54 | 日々の出来事
7月にブログでもご紹介した「ひつじや」さん。
http://gcpt.exblog.jp/24286064/

そのひつじやさんから、羊が届きました。到着時の状態がとてもよく、すごーく美味しくなりそう...と期待大(!)。少し寝かせて、その期待を裏切らない味わいです。そして、いろんな部位を1皿にしてます。(この画像のお皿には「うちもも」「トンビ」「ラック」「サルシッチャ」)羊と言えども、部位でその味わいは全然違いますから、そんなところも楽しんで頂けると思います!(^^)

f0054977_19213651.jpg






今回は少し大人の羊ちゃん。大人になるにつれクサみが出るとか言われますが、そんなことは全然無く、とっても美味しくてサクサク食べれマス。ギュっと噛んだ時にグっと感じる味わいはすごーく満足度が高く、おいしい〜!と脳内がとても喜びます。(笑)西塚さんの仔羊は「お肉の美味しい味わい」が詰まっていて、おいしいお肉に共通する旨味もしっかり感じて頂けると思います。

......ということは!お肉が美味しいから、ワインも進んじゃいますねー!!(って、全然、理由になってないですけどねw)

f0054977_19333223.jpg


ワインはバッケレートのカルミニャーノ。しっかりした味わいながら、お食事に寄り添ってくれる優しさを持ち合わせているので、飲んで食べて「あー、いい感じ〜〜〜♡」となります。( ̄▽ ̄)

そんなカルミニャーノ。キアンティ地区のちょっと北に位置します。歴史的にとても古い場所で、その歴史はとても面白かったりします。山に囲まれる形で存在するカルミニャーノは農作物が良く育つ場所のようで、それもあって歴史が古いのでしょうね。それなのに生産者さんの数は10ぐらいしかないためなのか、なんなのか、トスカーナの赤ワインのDOCGの中でもとても存在感の薄ーいカルミニャーノなんですよね〜。

ロセッラさんのバッケレートとは、何年前に出会ったんだったけなぁ?と思い返すと、たぶん5、6年前じゃないかなぁ?と。(ブログの記事が2009年でした!)カッシーナ・ロエラ、モンテセコンド、イル・パラディーソ・ディ・マンフレディ、バッケレート....、んー、あと1つの生産者さんが思い出せないけど、5つの生産者さんと一緒に来日していたんですよね〜。その来日時に、数々の逸話を残したというロセッラさん。とてもマイペースで、とても可愛らしい女性でした。懐かしいなぁ〜....。

あの頃からずっと飲み続けているバッケレートのカルミニャーノ。今は2010年(ボトルのみでご利用頂けます)と2011年(グラスワインでもお出ししてます)を平行して使ってます。とてもパワフルなのに、すごく優しくって。この強く優しいって、母性の様な、まるで「お母さん」の様です。ワインを頂く度に、なぜか、ひゃ〜、おいしい〜〜〜、降参!って思っちゃう。(笑)

少し前に2006年を使い終わったのですが、その最後の勇姿もすごかったー!この2010年と2011年も、あんな風に大人になるのかなぁ〜?と楽しみではありますが、今も十分に美味しいため、残しておけるか、若干自信が無いです....。(弱っ)

秋の夜、羊とバッケレートだなんて、贅沢だなーーーーーーっ!と思いつつ、妄想が過ぎるのか、お腹がグーグー。ホント、困った季節ですね〜。





[PR]
by gcpt | 2015-10-09 20:59 | 日々の出来事