カテゴリ:ワインあれこれ( 2 )

料理男子

f0054977_854069.jpg


「料理男子」なんて本があるんですね〜。
最近は、料理が上手な男性も増えてますものね。

お店でも、どうやって作るんですか?って、
男性から質問される事が、結構、頻繁にあります。


そんな「料理男子」の中に、ちょっと面白いワインの話が載ってます。

f0054977_8105279.jpg


beautempsの石井さんの記事。
数ページに渡っての石井さんワールド。

普段、よく思う事が書いてありました。
伝えたいなぁって思う事とかも、分かりやすく。

例えば、ヴィンテージなんて関係ない、とか。

よく、これはどういうヴィンテージ?
なんて話になりますが、
正直なことを言ってしまうと、本当に関係ない。

良い作り手さんは、しっかりとブドウと向き合っているから、
恵まれたヴィンテージはもちろんですけど、
恵まれなかったヴィンテージでも、ちゃんとワインを美味しく仕上げてくれます。

イタリアで言うと、2001年は素晴らしい年。
だけど、2011年という現在でも、
ワインが堅くて本領発揮できてないものも多々、見られます。
高価なワインに成ればなるほど、その傾向が強く、
長期熟成に向くようになっていることもあって開けるのがコワい。

一方、2002年はあんまり恵まれなかった年。
作り手さんはみんな、すごくすごーく苦労していたみたいだけど、
同じように1年、しっかり向き合ったブドウを無駄にしないように、
一生懸命、頑張ってくれるから、
早くから美味しく飲めるワインがたくさんありました。

よい作り手さんは、
ちゃんとその年をワインで表現することができるのですよね。

ってことは、毎年毎年、全く同じ味わいではないってこと。

ってことはですよ。
1回飲んだからって、その作り手さんを制覇した事には、
ならないってことです!

いやー、楽しすぎます(笑)。

しかも。
毎年毎年、作り手さんも成長します。
毎年楽しむ事によって、その成長も、ジワジワ伝わってくるんです。

大好きな作り手さんがいたら、その人がワインを作ってくれる限り、
毎年の楽しみができるってもんじゃないですかー。

丹下くんの茄子が、待ち遠しいのと同じ、
渡辺くん家の銀杏が、待ち遠しいのと同じ、
毎年仕込むカラスミが、待ち遠しいのと同じなんですよね。

そんな感じの事が、私の文章の様に暑苦しくなく、
さら〜っとサワヤカに読みやすく書いてあるのが、この記事です(笑)。


興味のある方は、ぜひ!
石井さんの情熱とともに、ワインを好きになってもらえると思います♪
[PR]
by gcpt | 2011-10-29 08:44 | ワインあれこれ
今、ワインの不快臭の講座へ行ってます。
6回ある中の4回目が終わりました。

(長いので続きはMoreで)

More
[PR]
by gcpt | 2010-02-16 08:17 | ワインあれこれ

楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt