楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

大人の山菜採りに連れてってもらいました〜。

ゴールデンウィークの中休み、師匠に山菜採りへ連れて行ってもらいました。

むかーしむかし、おばあちゃんと一緒に行っていたのは、たぶんワラビ採り。おばあちゃん家の裏の山にズンズン入っていって簡単に採れる物だけ採っていた感じなので、ほぼ散歩です。

今回の山菜採りは様子が違いました...。

f0054977_20130470.jpg

まずは可愛くワラビを採取。太いワラビたちがいっぱいでうれしー♪まだ早くてカギワラビがいっぱい。このカギを好む方が多いようで、確かに食べても美味しかったです!師匠に連れられて行ったこの場所は、生食できるアクのないワラビがいっぱい採れました。生ワラビ、美味しいんです。

ちなみに少し前まではここのワラビもアクがあったそうです。山が変化して来ていて、何かの条件が揃って味が変化しているんだとか。それを毎年毎年体感しながら山に入っているんだなぁ...と、じみじみ。


f0054977_20130545.jpg

そして、お次は根曲がり竹。姫竹って言ったりもしますね。

そのむかし、母の実家から送ってもらった物を母が炊いてくれるのをすごく楽しみにしてました。私がおばあちゃん家へ行っていたのは春休み。この根曲がり竹は春休みが終わってからしか採れないので、採りに行くことはありませんでした。

f0054977_15413349.jpg

そんな根曲がり竹を自分で採れて、とーっても嬉しかったです!...が、クマザサがモッサモサの中を採取するのは本当に骨が折れます!おばあちゃん、いつもこんな風に採ってくれていたんだ...と。

この画像だと緑色の根曲がり竹ですが、もう1つ上の画像の白い根曲がり竹が美味しいです。上手に採るのにコツもいるし、しかもね、クマの好物なんですよ。だから、なんかね、カサっと言う度、ン!?ってなって、怖い....。


f0054977_20130555.jpg

そしてモミジガサ。この時、時期としてはまだ早かったですが、所々、少ーしだけ出てました。独特の香りが春を感じさせてくれるので、ニンニクを効かせたパスタにワサっと入れるだけでも美味しいです!

f0054977_15570391.jpg

ピントが地面に合っちゃってますが(笑)、モミジガサ。かわいく生えてました〜♪


f0054977_20124214.jpg

あ、ちなみにこの日は、パラっと小雨が降り出しそうな曇り空。絶好の山菜日和〜♪晴天だとかなり体がしんどかったと思われるので、初心者の私たちにはとてもいい条件でした。

そして、場所を移動。さっきまでの場所がウォーミングアップに過ぎなかったことを知るのでした....(汗)。



f0054977_20130519.jpg

さあ行くぞ〜♪と車を降りると、そこは急斜面!ここを降りるぞーって簡単に言いますが、この写真のモサモサした下の部分に降りていく事になるのですが、すごい角度なんですけど....(滝汗)。

f0054977_20130589.jpg

半分「落ちる」に近い状態で下まで降りまして、なんとは平面で歩けるようになりホっとしたのも束の間。なんとなーく、この写真の下、中央に人影があるの、分かります?男子2人でタラの芽、採ってます(汗)。こんな調子で、まあまあ迷子です。

ズンズン進んでいくと、沢があり、すごく気持ちよくって、さらに進むと.....。


f0054977_15444142.jpg

そこは、こごみ畑でしたー!写真じゃ分かりにくいですが、ものすごーくいっぱい生えていて、夢中で採っていたので、写真はこの1枚(笑)。だって、採ってるうちに師匠はどんどん進んじゃうし、迷子になりたくないですもんっ!!(←着いていくだけで、必死!!)

f0054977_20130634.jpg

さあ、問題はここからです。適度に山菜に触れてご満悦ではありますが、急斜面を降りたという事は、登らないと行けないという事でして.......(滝汗)。

この林の向こう側に斜面があり、そこを必死で登り、今回のミッションは終了しました。土が柔らかい上に、体力がどんどんすり減り、足が思うように上がらないったら(笑)。ここでズリ落ちたら、もう1度登れる気がしない....と思うと、絶対に落ちたくないっ!と思ったりで、精神的にもものすごい疲労感!(ヘタレっぷり全開!w)

f0054977_20124662.jpg

そんなこんなで、無事、斜面を登りきり、車のある場所まで移動中、足がガクガク笑ってしまって、上手に歩けないっていう....(笑)。正直、こんなに運動できてないんですね、普段の私って。(ちなみにウチのシェフは楽しそうに歩いておりました。やっぱり男の子ですね〜〜〜)

f0054977_20111905.jpg

そんなこんなで、大人の山菜採り、終了です。体は疲れたけど、気持ちは晴れ晴れ♪さっきまでヒーコラいっていたのに、あぁ、また来たいなぁ♡...などと思ってしまうので、山はやっぱり不思議ですね〜〜〜。

師匠の話では、山菜採りが1番大変なんだとか。確かにタラの芽や、それよりもっと険しい場所で採取するハリギリなんかは、足場は砂地で、しかも急斜面。大変だよなぁ...と、山菜を採って送ってくださる方のご苦労を垣間みて、より愛着が湧きます。春の味覚を楽しむことができるのも、こうやって山に入ってくださる方がいらっしゃるからで、仕事をしつつ、これもやろうなんて、到底できることじゃないなぁ...と思うのでした。

でも連れて行ってもらって、自分の目で自生している姿に触れられて、本当に良かったです!師匠、いつもありがとうございます!!(来年も張り切って行こう〜〜〜!)




[PR]
by gcpt | 2017-05-01 15:02 | お料理(食材)のコト