楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

知床のメヌキと、ラディコン。

先週、知床から届いた4.3キロのメヌキです!

f0054977_16593490.jpg


身が強く、かなりの脂をまとい、到着したては身もブリッブリでした。試しに日曜日の夜、お客様にお出しできない部分のカマを4人で頂ましたが(↑の画像)、まだまだまだまだ〜...な感じでものすごーーーくパワフルでした。日曜日でアレでしたので、今週あたりは筋肉が少し解れてくると思います。きっと美味しく召し上がっていただけると思いますよ〜。これを食べれる方は本当にラッキーだと思います!(いいな、いいなー!!!)

そんなメヌキですが、漢字では「目抜き」と書きます。深海で釣れるので、船に揚がる時に水圧で目が飛び出るのが名前の由来だそうで、そうなんです!かわいい出目金さんなんですよ〜。

そんな見た目の可愛さもありながら、北海道の深海で4.3キロになるまで生き抜くのにこの身の強さが必要で、さらには寒さから身を守るための脂が必要だったんだなぁ....と、決してラクに生きてきた訳じゃないとメヌキの体が教えてくれます。以前なら、お魚を見てもそこまで想像できなかったけど、今はそんなことを考えながら、知床の海に思いを馳せたりして...。お魚は本当に面白いですね!

f0054977_16595851.jpg


そして、このメヌキに合わせたのが、ラディコンのリボッラジャッラ 2004です。メヌキの力強さに全然負けない、とてもカッコいい味わい。メヌキの身と脂にこのリボッラジャッラの味が根っこを張るようにグイグイ進んでいくような、本当に心が満たされる組み合わせで、さらにはメヌキもラディコンも「生き抜くということを忘れちゃだめだよ...」と言っているようで...。きっとこの先も思い出す事になるであろう夜になりました。(http://vinaiota.com/news/1438

(このリボッラジャッラはグラスでお出しできますので、ぜひぜひ、お尋ねくださいね!)

f0054977_172639.jpg


さ、今週も始まったばかりです。今日は秋田の甘鯛、長崎のメイチに師崎のスズキ、三重のチビクロ(=おチビさんなのノドグロ、ワラワラと口を開けて、見た目もかわいいですよねー!)が入荷してきました。もちろーん、お肉もたくさんありますよー!

今週もよろしくお願いしまーす!!
[PR]
by gcpt | 2016-09-13 17:05 | 日々の出来事