楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

三河の手長エビとポンテ・ディ・トイ。

秋晴れの気持ちのいい1日ですね〜。今週は近くの公園から遠足にしていた園児の声が聞こえて来たりして、ウチの子供たちもあんな頃があったなぁ〜〜〜〜...なんて、ちょっぴり遠い目をしてました。(笑)

さてさて。
長らく入荷の無かった三河の手長エビが入荷しました!
f0054977_15011656.jpg



小振りの手長エビなので、お出汁をしっかり出す様なイメージでフレッシュトマトと一緒にパスタにしてお出ししてます。小さいながらも食べ応え十分、しっかり濃厚なソースになりますよ!(海老ちゃんたちって背後が黒いと映えますよね〜〜〜)

f0054977_15032029.jpg



海老ちゃんに合わせたいなぁ〜ってワインは、リグーリア州のステーファノ・レニャーニのポンテ・ディ・トイ 2012 。ヴェルメンティーノを使ったワインです。しっかり色がついてますが(リリースの時ってこんなに色が濃かったかしら....?)、味わいは優しくピュアさが増して(←このピュアさがカワイイ〜んです!)、すこーしだけ微発泡してて。果実のフレッシュな感じががとっても心地よく、じんわり体に染み込みます。

ステーファノは、もともと違う仕事をしていました。飲む事、食べる事が大好きで、なんだかんだと成り行きがあり、ワインを作りに至ってしまったという、ある意味、遍歴の様に感じてしまいますが(詳しくはこちら!)、ステーファノのワインの味わいからは、成るべくして今がある!と感じられるのがステキですね。ヴィナイオッティマーナでは、とてもキュートなオジサマ!という印象でした。この他にも、ロンバルディアで作るタフォン、ルー・ガルーというポンテ・ディ・トイよりもボトリングを送らせたワインがあります。それについては、また今度....。どれも素敵なワインです!

そして。
北海道からは、天然ブリ。ブリがお皿に乗ると「あぁ、このまま年末に向かうんだなぁ...」と、毎年恒例のこの感じ。(笑)お家でも天気の良い日にコートやセーターに風を通すべく天日干ししたりして衣替えを徐々にしてます。そんな時期になっちゃいましたね。

ブリは炭火でかる〜く炙って、北海道の佐々木ファームさんから届いた力強いあやめ雪と一緒に。ほんのり温かいブリが何とも味わい深く、マリネしただけのあやめ雪の寄り添いっぷりったらね。じんわりじんわり、美味しいです。
f0054977_15113361.jpg


今、入荷しているお肉としては、足助町の仔猪がとっても美味しそうなのと、本土鹿,蝦夷鹿、共にいい感じです。11月の猟期を迎えると、またガラっと変わって来ると思います。徐々にお知らせしていきますね〜。

今年の冬は寒くなるのかなぁ?寒い時期にホクホクとした食事と飲むお酒もおいしいですものね。あー、それはそれで待ち遠しい〜〜〜。




[PR]
by gcpt | 2015-10-17 15:54 | 日々の出来事