楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

少し前に頂いた天然うなぎが、美味しかったのなんのって!

f0054977_15474934.jpg

今朝、ラジオを聞いていると、
今の時期のうなぎのことを季節外れのうなぎと紹介されていて、
3人でおいおい〜っ!と。(笑)

うなぎやハモは水が冷たくなって、
体に脂を抱く寒くなって来た頃が美味しいですね。
この時期のうなぎやハモを見ると、夏のうなぎやハモは、
やっぱり身が痩せているんだなぁ〜って改めて思います。

12月の初めの頃だったかな。
いつものお魚屋さんから三河の天然うなぎを分けて頂きました。
もの凄く身が厚く脂もきれいで、
どこまでいっても養殖とは違って、本当に美味しかった。
こういう食材を、本当に美味しい時に少しだけ頂けたら、
心からしあわせな気持ちになるね〜なんて、お客さんとも話してました。

ちなみに、このうなぎにものすっごく合うワインは、
ラディコンのピノグリージョと、(←最近はもう定番ですねw)
カステッラーダのロッソでした。

f0054977_162972.jpg
ピノグリージョ(2011)がちょっぴり大人な雰囲気になったせいか、
内側からうなぎに合う感じ、じわじわ同化していくようなイメージでした。

f0054977_1623586.jpg
カステッラーダのロッソとは、
うなぎがワインで包まれる様に合う感じでした。

どちらにしても、フリウリやヴェネトのワインと三河の食材は、
とても相性がいいですね。(^^)

ちなみに、私たちが食べたのはしっぽの方なので、
いい場所を召し上がったお客様達はどんな風に感じていたのかなぁ?
ものすっごく気になるーっ!!(よ、よだれ)

というわけで、
年末ということもあり、あぁ、来年も食べれるといいな!と、
目を細めながら、心ではアツーーーく思ったのでした〜。(笑)
[PR]
by gcpt | 2014-12-17 16:20 | 日々の出来事