楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

吉田牧場さんからチーズが届きましたー!

f0054977_23275871.jpg


岡山の吉田牧場さんから、
今回もカチョカヴァロとカマンベールチーズを中心に、
いろいろ届きました〜。

カマンベールは2つ入っていてました。
熟しているタイプと出来立てなタイプの2種類です。
熟しているカマンベールは、もうすでに美味しく食べることができます。
うれしー、わーい!(^^)
出来立てのカマンベールちゃんは、ゆっくりしていてもらおうと思います。

f0054977_23354334.jpg


カチョカヴァロは、ストウブのミニミニフライパンで焼いてお出ししてマス。
フライパンで焼くので、チーズの香ばしいのとミルキィな感じで、
必然的に「おいしー!」ってなります。(笑)
チーズを熱している時に出る透明の液体もパンにつけると美味しく食べられます。
バターのようなんですよねー。

今回の入荷分は、熟成が少し進んだカチョカヴァッロ。
ワインのお供にはたまらなーい感じになってます。

ラクレットはどうやってお出ししようかなぁ?と思案中。
やっぱりジャガイモと?なんて話してます。
今、中西さんのジャガイモがねっとりとして美味しいから、いいかも!

という感じでお出ししておりますので、
ぜひぜひ、お声をかけてくださいね〜!!


チーズもお野菜やお肉、お魚やワインたちと一緒で、
本当の意味での自然の力を使ってしっかり作ってあるチーズは、
長期保存に耐えうることができ、
ちゃんと最後まで熟成し続け、
ちゃんと最後まで食べることができます。
それは、賞味期限が迫って「あ、食べなくちゃ!」ってことではなく、
自分の欲するペースで、最後まで食べきれる、と言う事です。
(上手く伝わっているだろうか?この文章だとちょっと不安です...)
それってすごいことなんですよね。
全く無駄が出ない訳ですし、捨てるなんて事にならない。

本当はもう少しだけ先に進んで、昔の様に私たちの体を通って、
またもどっていけるぐらいまでになればいいのだけどな、と、
思ったりするのですが、(思い出しているのは、昔あった肥だめのコトです)
それまた、次の機会で話せたらいいなー。

吉田牧場さんのチーズは、生きてる!って思わせてくれ、
接するのがとても楽しいチーズです。
こんな小さなカマンベールの箱の中で、
一生懸命生きているチーズちゃん。
それを思うだけで、よーしよし!がんばってるね!って思っちゃって。(笑)
だからこそ、ちゃんと食べきってあげたいですね。

食べきる事に協力してくれる方、大募集中です!(^^)

昨日はこのカチョカヴァッロと一緒に、
Beau Paysageのロゼ(ピノノワール)を試してみましたが、
すごーく美味しかったです。
というか、進んじゃって止まらない、止められない...、
あ、止めたくない!ですねー。(笑)

優しい感じ、だけどブドウの力強さを感じる様なイメージの赤ワイン、
いっぱい準備しておきますっ。

ではでは、お気軽にお声をかけてくださいね〜。
よろしくおねがいしまーす!!
[PR]
by gcpt | 2014-02-28 08:26 | 日々の出来事