楽しい料理と自由なワインのある草食系食堂ゴッチャポントです。ブログではディナーでお出ししている食材やお料理を中心にご紹介してます。


by gcpt

ワインっておもしろ〜っい!

今日はランチがお休みなのです。
実は、ランチの予約が全く入らなくって(笑)。
普段、何があっても月曜日をお休みにしているので、
仕方ないと言えば、そうなのですが。

という訳で、厨房の面々は、
今頃、仕込み&掃除していると思います。

今日は、ディナーのみの営業です。
ちなみにディナーは少しだけ、予約が入ってます。
ご都合の良い方は、ぜひ(^^)!


昨日、ワインでいつもお世話になっている犬塚さんがご来店。
いろいろ勉強させて頂きました(^^)。





ブラインド。
ワインの銘柄を隠して飲むって、本当に面白い。
いろんな意味で、自分の感覚を研ぎすますことができ、
自分の好みの再発見にもなります。
東京では、こんなことが繰り広げられているのか!?と、
羨ましくも思いつつ(笑)。

ゴッチャポント的には、これからブラインド強化に勤めよう!
って、ことになりました。
品種を当てる知識を深めるというよりは、そのワインの良さを知ろうと。

昨日のとっても面白かったコトは、
大好きなブドウだと感じた2種類のブドウが、
その作り方や土地によって、
とっても近いイメージのことがあるってことでした。

f0054977_12365173.jpg


そのブドウはサンジョヴェーゼ種(パラディーソ・ディ・マンフレディ)と
バルベーラ種(カッペラーノ)。
頭では、地域や造りが違えば表情がガラっと変わるって、
思っているのですが、体感すると「うわ〜、そっかぁ!」ってなります。

昨日は、まったく逆を言ってました(笑)。
それで、犬塚さんが帰った後、おさらいを。

f0054977_12381629.jpg


パラディーソ・ディ・マンフレディと間違えたカッシーナ・ロエラのバルベーラ。
カッペッラーノをサンジョヴェーゼと思ったので、
マッサヴェッキアのクエルチョーラで(笑)。

いや〜、似てます!ほんと、似てます!!
ロエラとパラディーソ・ディ・マンフレディ 。
中間からの伸びや、余韻はやっぱりマンフレディの方が勝っているのですが、
いえいえ、飲み口はロエラも負けてなくって。

でも、やっぱり根本が違いました。
ブドウの品種的違いと、
パラディーソ・ディ・マンフレディの中間から後半はのジワ〜っと来る感じ。
飲み比べて初めて分かるこの感じ。

んーっ、すごく勉強になりますっ!!

マッサヴェッキアというセレクトがどうだったか、分かりませんが(笑)、
いつもアスティ地区のバルベーラばかり飲んでいるので、
こう感じたのだなぁ...と、アルバ地区のバルベーラらしさを再確認。
直感的にサンジョヴェーゼだと思ったのですが、
でもちょっと違和感はあったのです。どこか、中心部分が違うなぁと。
それを言葉にしたり、表現したりできなかったのが残念!


本当に面白かったです。
どんどんやりたいです、この企画。
犬塚さんの解説付きでも、ぜひ〜(^^)。


という訳で、犬塚さん、お世話になりました。
本当はもっとお話ししていたかったんですけど、時間が足りないですね〜。

次は「第2回ゆるゆるワイン会 in 一宮」ですか。(←あるのかっ!?)
今のうちから、参加者を募っておかなければっ(笑)。



ありがとうござました!
また、お待ちしておりますねーっ、犬塚さん!!
[PR]
by gcpt | 2010-12-27 12:41 | 日々の出来事